教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

Aさんの新作日本画

2012年05月23日 | 教室風景

Aさんは真夏の花を描きました。



「迷路での出会」   日本画  P10

見上げるほど大きく育った向日葵たち。
光り輝く黄金色の空間が猛暑を感じさせ、花々は
目もくらむ強い日差しに照らされてうな垂れています。
特に手前にある花は元気がなく、左側にいる
アマガエルが心配して寄り添っているように見えます。
右奥遠方の若く元気な向日葵がこちらを見つめています。

近づいてみました。



独特の色でおきかえられた夏の日差しは
納得のいく発色を得られるまで岩絵の具を塗り重ねられ
味わい深く美しいハーモニーを奏でています。
右手前の向日葵は昨年夏、体調を崩したAさんご自身
とお聞きして、より作品世界にひき込まれました。

感銘を受けた光景を見たまま描くのではなく
伝えたいものにあわせて大きく構成しなおし
独自の表現方法を考えるAさん。作品はますます
緻密かつ堅牢で、力強いものとなっています。
過去の作品はHP「上郷の森日本画教室」内の
作品集”の中のAさんのページに掲載されています。
ぜひこちらもご覧ください。

コメント   この記事についてブログを書く
« 5月四回目の教室日 | トップ | マルバウツギにジャコウアゲハ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事