教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

1月四回目の教室 枯葉舞い上がる強風のなか

2017年01月28日 | 教室風景

朝から南風が吹くというのでいつもより薄着で行ったら大間違いでした。
午前中は雲が多く気温も低くコートのフードをかぶる始末。。

朝の森で会えたのはアオジたちと


可愛いウソ。この日近くで見れたのはメスでした。
フィッ フィッ フィッ・・
哀調の優しいさえずりを聴くと心が穏やかになります☆


いつもの道にはいつものシロハラ。
先導するように前をぴょんぴょん歩いてくれました。 

お教室は今年に入って早くも四回目となりました。

気温も上がってきて午前中は皿の上の膠があまり固まりませんでした。
デッサン、下地づくり、描きこみ、仕上げ作業とそれぞれの段階を
じっくり進める皆さん。あたたかく乾燥していると仕事もはかどります。

 
午後は先日ご連絡くださったKさんが見学にいらっしゃいました。
昨年11月の作品展を見てグループ彩雲に興味を持ってくださったようです。
会の真面目で明るい雰囲気を感じていただけたかな~?


強風はあいかわらずですがお昼には青空が広がりました。
どこかでコジュケイやガビチョウが鳴いているけれど姿は見えず


遠くの幹にあるオレンジ色の正円、何だろう?
拡大してみると直径3-4cmの綺麗な穴。この森で時々見られるアオゲラか
めったに見られないアカゲラか・・彼らキツツキの仲間のしわざでしょうか。


姿をよく見たのはやはりタイワンリス。

日当たりのよい場所で目覚めたキタテハでもいないかと見回しましたが
虫はまったくおらず。この冬はフユシャクとの出会いも少なくさみしいです。 

コメント   この記事についてブログを書く
« 寒さがゆるんで小鳥ものびのび | トップ | 夕暮れ、眠りにつく水鳥たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事