教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

剪定と庭の小さな住人たち

2019年07月11日 | 生き物

空を見上げると久しぶりの青空!


雲の割れ間からのぞく程度だけれど嬉しくなってパチリ。

剪定をしなければと気になっていたところがあったので庭を見てまわると

梅の葉にアマガエル


同じ梅の木でも枝によってはアブラムシがびっちり。
それを狙ってテントウムシたちが集まりさらにこんなものがついていました。

初めて見た時は何かの寄生虫かと思ったけれど、これは優曇華の花
(うどんげのはな)とも呼ばれるクサカゲロウの卵。
幼虫はアブラムシを食べる肉食性だそうで、この枝一本にも
何か戦いの痕跡が見られるような。。


こちらはクサカゲロウの一種。幼虫はどんな姿なのだろう?

今はまったく薬剤を散布しないのでいろいろな生き物がいて


巨大なキンカンの木にはアゲハの幼虫。クロアゲハかな?
周りには小さな蜘蛛やカマキリの幼虫も。


トウキョウヒメハンミョウも。


家にある紫陽花は「墨田の花火」。20年以上前植木鉢でいただいた株が
地植えにしたら見上げるばかりに成長してしまいました。


花後すぐに剪定しなければなりません。
真夏に花芽がつくそうなのでバッサリ切るなら今のうち。
夕暮れになってきて蚊が!ここから急いだので
剪定後の写真を撮るのを忘れてしまいました。

切りやすい紫陽花はすぐに終わり、そのままツツジやウキツリボクなども。
アケビの下に大きなフンがありました。
幼虫嫌いな方は要注意。。




アケビコノハの終齢幼虫でしょうか、大きい!

母を呼ぶと「綺麗だね~・・」としみじみ。このセンスと生き物好きの心☆
自分の自然好きはやはり母からの影響が大きいと思った午後でした。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« Yさんの新作水彩画 | トップ | Iさんの新作日本画 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (KONASUKE)
2019-07-12 18:02:23
アケビコノハの幼虫、出会ってみたい虫の一つです。
結構身近にアケビがあるんですけど、気を付けてみているつもりでも、未だに幼虫も成虫も目撃出来ません。
クサカゲロウの幼虫は、本体はアリジゴク似です。
種類によっては、植物片や捕食した昆虫の死骸を背負って正体を隠します。
案外、「戦いの痕跡」の中に潜んでいるかも知れませんよ。
ぷりぷりでした☆ (おいちゃみ)
2019-07-13 01:46:15
KONASUKEさま、こんにちは☆
アケビコノハは庭で毎年発生するのですが今年も俵型の大きなフンが落ちていてようやく終齢幼虫に気づきました。
卵や小さい幼虫を見つけたことがないですし成虫も昔いちど見たきりです。
夜中に産卵しているのでしょうか?そのシーンを見てみたいものです!

クサカゲロウの幼虫はアリジゴク似とは☆覚えやすいです。
カモフラージュをするものもいるなんて面白いな~。
頑張って探してみます!拡大鏡が欲しくなりますね♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事