教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

珍道中・秋編2

2012年10月19日 | その他

旅二日目の朝は息が白くなるほど冷えこんだものの
河口湖近くの宿から見える富士山はくっきり!



紅葉は始まったばかり♪



はじめに忍野八海に行くことにしました。
前回訪れたときは夕暮れ時であまり景色が見えず
それにしては混んでいて、ゆっくりできなかったのです。
今回も村営の無料駐車場に車をとめようと思ったら
廃止されていたので、上の画像のますの家前へ(300円)。



予報どおり雲が厚くなり残念ながら肝心の富士が
隠れてしまったのですが、ちょうどよい暖かさでのんびり
川沿いを巡ることができました。

もうちょっとトンボや蝶を追いかけたかったのですが
天気がますます怪しくなってきたので今回の旅のメイン、
西湖コウモリ穴へ。



持参した長靴を履き、借りたヘルメットは入口からかぶり
意気揚々と向かいましたが、私が訪れたのはかなり前。
実際どれだけ穴が狭いのか忘れていました・・。
何度も天井に頭をぶつけ、ひーひー言いながら結局コウモリは
見れず、汗をかき文句をいいつつも母は楽しんでくれたようです。



コウモリ穴の森にはキノコがたくさん出ていました。
駐車場でみたこの栗のようなキノコ。触ると粘着質で



裏側は目の細かいスポンジ状。
キノコ好きさんに教わった食べられるイグチの仲間のようです♪



軸の太かったこのキノコ。伸びたらどんな姿なのでしょうか。

午後3時過ぎ、雨が降ってきたので帰宅することに。
「とうとう生き物に会えなかったわねぇ・・・」
母は大きなため息とともにつぶやきました。

そうはいっても小さな生き物はたくさんいたのです。



忍野八海近辺で見た綺麗な翅をもつトンボ。
調べてみると、ミヤマアカネのオス!嬉し~い♪

帰り道。裾野から東名自動車道にのり家まであと1時間半くらい
かな~?などと気楽に考えていたら・・・集中工事で大渋滞。
母は気分が悪くなり、それを見ていた自分までウッとなり
予定より1時間半遅く家に着いた頃には2人してヨレヨレに
なっていました。


コメント