彩都の丘から(ブログ)

箕面市彩都粟生北2-1-5
電話番号:072-726-9901
ファックス番号:072-726-9900

1年生 昔遊び

2012年01月23日 | 子どもたちの活動

1月20日(金)の1・2限目、1年生の生活科の授業で昔遊びの勉強をしました。彩都の昔遊び名人の先生たちが講師となって、それぞれの遊びを学びました。

【けんだま】

大皿に玉を乗せる練習をしました。何回玉が乗ったかを数えながら、頑張って取り組んでいました。

 

【コマ回し】

コマに糸を巻くのが難しく、最初は先生に巻いてもらっている子が多かったですが、最後の方には自分で糸を巻きつけることができていました。

 

【お手玉】

まずはお手玉1つを真上に投げる練習をしました。先生のように3つのお手玉を使うところまではいかなかったですが、2つのお手玉を使いこなせるようになりました。

 

【はごいた】

二人一組になって、はごいたをしました。できるだけたくさん続けて打つことを目標に頑張っていました!

 

【あやとり】

ぱんぱんほうきを作りました。作ったほうきを自慢げに見せてくれました。

 


科学体験教室「とうふの科学」

2012年01月20日 | 子どもたちの活動

1月19日(木)、千里金蘭大学の中本先生と7名の学生の皆さんにお越しいただき、3~7年生を対象に科学体験教室「とうふの科学」を実施していただきました。とうふを作りながら、とうふが固まる仕組みについて学習しました。残念ながら5年生は学級閉鎖のため欠席でしたが、他学年が5年生の分まで一生懸命頑張ってくれました。

 

豆乳を75℃になるまであたため、にがりを入れて少し混ぜます。少し固まったところで木箱に移し、15分間待ちます。

待っている間に豆腐がなぜ固まるのかをレクチャーしていただきました。豆乳に含まれるたんぱく質がにがりに含まれるマグネシウムと反応することにより、豆腐は固まるそうです。そのため、マグネシウムを含む他の物質でも、豆腐が作れるそうです。実際にポカリスエットの粉末で豆乳が固まるところを見せていただきました。(ポカリスエットにはマグネシウムが含まれています。)

15分後、かたまった豆腐を慎重に取り出しました。

少し崩れてしまいましたが、ちゃんと豆腐ができあがっています。人数分に切り分けました。

 

最後は皆で試食です!豆腐を作りながら、楽しく学ぶことができました。


科学体験教室「カマキリの捕食行動」

2012年01月19日 | 子どもたちの活動

8・9年生を対象に、科学体験教室として「カマキリの捕食行動」について学習しました。今日の講師としておいでいただいた近畿大学の渡部先生は、3才の頃からカマキリが大好きで、小学生のとき、通っていた小学校にカマキリを持って行き、「カマキリブーム」を引き起こしたそうです。どの教室でもカマキリが飼育されていたとか。

日本に生息しているカマキリの種類やそれぞれの生息場所、性質などいろいろなことを教えていただきました。難しい内容もありましたが、クイズや冗談等を交えながら説明してくださり、楽しんで学習することができました。


学級休業のお知らせ

2012年01月17日 | お知らせ

5年1組においてインフルエンザや発熱等の欠席者が増えてきたことから、本日、学校医と相談の結果、下記のとおり学級休業の措置をとることになりましたのでお知らせいたします。

 なお、下記の事項についても十分にご注意いただきますようお願いいたします。

 

 

 

 

1 対象学年・組    5年1組

 

2 閉鎖期間    1月18日(水)~19日(木)の2日間

 

3 登校日    1月20日(金) 

 

4 注意事項   

  外出はできるだけ避けてください。

  うがい・手洗いを励行させてください。

  睡眠・栄養・休養を十分に摂らせてください。

  風邪気味の児童は、早めに受診してください。

  お子さまの熱が高い場合は、必ず専門医に相談してください。


防災訓練

2012年01月16日 | 子どもたちの活動

NPO法人・プラスアーツさんにお越しいただき、防災訓練を行いました。6つのゲームを通して、防災の知識を学びます。今回は事前にレクチャーを受けた6~9年生が中心となり運営しました。

 

【なまずの学校】

カードゲーム形式のゲームです。ある状況の中(例:ケガで出血をしてしまった)で、自分が持っている道具(カード)の中で一番役立ちそうなものを出します。災害時でも身近で手に入りやすい道具であるほど得点が高いです。1年生には少し難しかったかもしれませんが、一生懸命考えてくれました。

 

【水消火器で的あてゲーム】

消火器の使い方の訓練です。普段あらゆる場所で目にするものの、実際に使うことは少ないですよね。すべての火を消す(火のボールを落とす)のはとても大変そうでした。

 

 

【毛布で担架タイムトライアル】

大震災が起きたとき、ケガ人が多ければ多いほど、担架は足りなくなってしまいます。そんな時は、毛布が担架の代わりとなります。人の重さほどあるカエル人形を毛布を使って運ぶゲームです。小学生の児童・生徒であっても、たくさん集まれば自分より重い人でも運べます。

 

【持ち出し品なぁに?クイズ】

災害時に持ち出すと便利な道具や、その活用方法をクイズ形式で学びました。ガムテープに自分の居場所を書いて自宅玄関等に貼っておくと、家族に居場所を知らせることができます。

 

【紙食器づくり】

大震災で食器が割れてしまったとき、紙で食器を作ることができます。できた食器にビニールやラップをかぶせると、食器が完成です!今回はコップを作る練習をしました。

 

最後に表彰式が行われ、全校児童・生徒に表彰状が贈られました。楽しみながら、防災の知識が身につきました。ご家庭の方でも、今一度、防災について子どもたちとお話をしてみてください。


クラブ活動

2012年01月13日 | 子どもたちの活動

今日はクラブ活動の様子をお伝えします。

 

サッカー部

寒い中、元気に走り回っています!

シュートの練習や自分のボールを守りながら相手のボールを奪う練習をしていました。

 

 

バスケ部

2チームに分かれ、試合をしているところです。

明日は練習試合があり、気合が入っています。

 

創作部

今は、消しゴムハンコ作りに取り組んでいます。

子どもたちの作品です。

初めての作品だそうですが、とっても上手!


科学体験教室「フナクイムシ」

2012年01月12日 | 子どもたちの活動

アンチキャンサー・ジャパンの花吉さんにお越し頂き、科学体験教室を開きました。

フナクイムシという二枚貝の仲間の特性からヒントを得た技術の話をしていただきました。

フナクイムシは、木造船の木を食べ、木の穴を住処にするそうです。普通だと、海中の木に穴を掘っても、掘った穴に海水が滲みるため周りが膨張して穴が狭くなるのですが、フナクイムシはねっとりとした液を穴につけて木の膨張を防ぐので、膨張した木に押しつぶされる心配はありません。

これを応用したのが「シールド法」という地下鉄やトンネルの穴を掘る技術です。

穴をただ掘っていくだけでは、土が崩れてきてしまいます。そこで、フナクイムシの穴の掘り方にヒントを得て、穴を少し掘る度に金属製の金具で穴を固定していくという方法をイギリス人が発明したそうです。

花吉さんは子どもたちに化石や写真などいろいろなものを見せ、「これは何だと思う?」と子どもたちに問い、子どもたちの考える力を引き出してくれました。自然界からの贈り物は考えることのレッスンです。フナクイムシの事例から、考えること・発想力の大切さを教えていただきました。


二測定(1~6年)

2012年01月12日 | 子どもたちの活動

 1月11日(水)に1年生から6年生に二測定を行いました。そのとき学年別に1月の保健目標「換気をしよう」から『かぜやインフルエンザ予防』について15分程度の保健指導を行いました。

1時間目:1年生 「手洗い・うがいはなぜ大切?」

 

2時間目:2年生 「かぜの症状」

 

3時間目:5・6年生 「かぜをひいたときに眠るのが大切な理由」

 

4時間目:3・4年生 「からだを守る、くしゃみ・鼻水・鼻づまり」

 かぜやインフルエンザは予防が大切です。十分な睡眠、バランスのとれた食事、運動で抵抗力をつけ、手洗い・うがい、マスク、換気、加湿などでしっかり予防しましょう。

 またかぜをひいてしまったときやインフルエンザにかかったときは無理をせずしっかり休養をとりましょう。

 


防災訓練のお知らせ

2012年01月11日 | お知らせ

初春の候、皆様方におかれましては益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。

平素は本学園の教育活動に対しまして、ご理解とご協力をいただき深く感謝いたします。

さて、標記の件につきまして、下記のとおり開催いたします。今回の企画は、上級生から下級生へ防災の知恵や技能を伝える中で、地震に対する理解と防災意識の高揚を図ることを目的としております。

また、多くの保護者や地域住民の皆様にご参加いただき、子どもたちへのサポートや一緒に体験いただくことで地域防災力の向上にもつなげたいと考えております。

事前申し込みの必要はございませんので、当日直接学園までお越しください。

 

 

日時   平成24年1月16日(月)

      地震を想定した避難訓練 13時50分~14時20分

      防災体験プログラム    14時20分~15時20分

      表彰・後片付け       15時20分~15時30分

 

場所   彩都の丘学園 体育館

 

防災体験プログラムの内容

(1)水消火器的あてゲーム

(2)ジャッキアップゲーム

(3)持ち出し品なぁに?クイズ

(4)なまずの学校(紙芝居形式のクイズ)

(5)紙食器づくり

(6)毛布で担架タイムトライアル

 

是非ご参加ください!!


3学期 始業式

2012年01月10日 | 子どもたちの活動

ぴりっとした寒さの中、3学期がいよいよ始まりました。

全校児童生徒がひさしぶりにそろい、学校も大喜びです。

始業式の様子をお伝えします。

 

(1)校長先生から、児童生徒のみなさんへの願いとして、2つのお話がありました。

1 今年1年の目標をもって、それに向けて一人ひとりが努力してほしい。

  がんばるということは、自分のもっている力をいっしょうけんめいにだそうとすることである。

2 自分のことだけでなく、他人のために何ができるか、ということも考えられる人になってほしい。

 

(2)学園委員会の役員から、6名の転入生への紹介インタビューがありました。

どの転入生の人も一生懸命に考えて答えてくれました。

全校生から大きな拍手で迎えられました。

 転入生は、初めての学校で、初めてのお友だちに囲まれ、不安もあると思います。

まわりが積極的に声をかけるようにしましょうね。

 

(3)生徒指導の先生からは、2つの約束がありました。

火遊び、不審者、工事現場の近くを通るときの工事車両への注意喚起。

中庭で遊ぶときは、氷が張っている日もあるので、すべらないようによく注意しましょう。

 

(4)保健の先生からは、3つの約束がありました。

さ: 寒くても、朝はしっかり起きましょう。今週で生活のリズムを取り戻しましょう。

い: インフルエンザの季節です。手洗い、うがい、マスクをこころがけましょう。

と: 戸を開けて、休み時間は空気の入れ替えをこころがけましょう。

 

始業式のあと、大掃除をおこない、明日からの授業の準備もばっちりですね。

放課後は、1~5年は登校班のメンバーも増えたので、集合場所の現地確認をおこないました。

6~9年は、来たる1月16日の防災訓練の準備をおこないました。