草加市議会議員<40歳 くじ引き当選のその後>斉藤ゆうじ

2006年11月に初当選をさせて頂きました。掲げた公約実現へ向け、斉藤雄二は頑張ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2回目のなんでも相談会終了。

2009年11月29日 | 議員活動
28(土)、勤労福祉会館で行われたなんでも相談会は、60人弱の相談者が訪れました。

そのうち、生活保護などの生活困窮の相談は15件で、そのほか多重債務や年金、介護・医療の相談など多岐にわたりました。

また税理士さんのところへの相談も9件ほどあったそうです。

年末を控え、自営業者や中小零細企業のみなさんは、戦々恐々としています。
近頃の円高の影響も今後どのようにでてくるのか、注視しなくてはなりません。

みなさんの周りにお困りな方がいらっしゃいましたら、ぜひ日本共産党までご連絡ください。

日本共産党 東部南地区委員会 048-988-7001
コメント (2)

草加市職員の給与・ボーナス2億円削減!地域経済に打撃

2009年11月27日 | 議員活動
11月26日に行われた臨時議会で、公務員給与とボーナスを削減する議案が提出され、可決ました。同時に、市長や議員のボーナスもカットされました。

日本共産党は、市長や議員のボーナスカットに賛成し、市職員の給与とボーナスカットには反対をしました。

「市職員は、給料が高すぎる」
と批判をする市民も多いのも事実です。

しかし、公表されている年収は、退職金も含まれて発表されています。
民間企業は、年収は年収で、退職金は退職金。となっているところが多く単純に比較できるものではありません。

それでもなお、中小零細企業に勤めている方と比較すれば、高いかもしれませんが、「必要なのはなぜ中小零細企業の賃金水準が低いのか?」です。
大企業による「単価切り下げ要求」やグローバル化による賃下げ圧力など自由主義経済の問題点です。

職人の国「ドイツ」などでは、大企業が中小零細企業に仕事を発注するときには、大企業が行う単価よりも、発注単価が高くなるのが常識です。日本もこうした政策が必要ではないでしょうか。

今の社会は、一部の人だけがお金を持っているところに問題があります。
一部の人だけではなく、国民全体が可処分所得を増やせば、経済はもっと豊かになると思います。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
以下、私が行った反対討論です。

 自公政権下で出された8月の人事院勧告に基づき、公務員の給与とボーナスを大幅に引き下げるものです。一人あたり14万2千円。一般会計の総額だけで、1億9507万9千円、特別会計564万3千円で合計約2億円の削減となるものです。
 市内で最大の雇用主である草加市が、約2億円もの給与を引き下げれば、市内商店や企業に大きな影響をもたらします。
 職員のお昼休みを見てみれば、手作りのお弁当が増えています。そのほかカップラーメンや激安の市販弁当ばかりです。市役所に出前をしているおそば屋さんに話を伺えば、「良いときに比べて出前は、1/3になった」と嘆いておられました。

 先日、政府はデフレ宣言をしました。
 今回の給与削減は市内消費を冷え込ませ、民間企業の給与も引き下げとなってしまいます。デフレスパイラルの一因ともなります。

 「民間で働く人たちが苦しいから公務員も同じように(給与を)減らすべきだという単純な議論は危険」と原口総務大臣が20日の衆議院総務委員会で述べているように、民間が低くなっているから公務員も引き下げるという議論ではなく、民間給与を引き上げるにはどうすればいいのか?を真剣に考えなくてはなりません。

 それにはGDPの6割をしめる個人消費を増やすことです。それには国民の収入を増やし、減税を行うことで国民全体の可処分所得を増やすことです。
 加えて社会保障を拡充し、病気や失業しても暮らしていける社会であることも必要です。今回の給与引き下げは、このような内需拡大に逆行するものです。よって

この議案には反対とします。
コメント (8)

学校選択制。人気校に希望者集中!

2009年11月26日 | 議員活動
草加市では、中学校の選択制を導入しています。
ここ数年間をみてみると、人気校に生徒が集中してしまう問題が指摘されています。
そのため、不人気校周辺の地域社会が崩壊してしまうということも心配されます。


このような理由から、日本共産党は学校選択制に反対しています。





中学校名
選択申請者数/ 受け入れ可能定員数

草加
60人/45人


59人/35人

谷塚
55人/55人

川柳
47人/50人

新栄
2人/30人

瀬崎
8人/40人

花栗
14人/40人

両新田
1人/30人

新田
17人/40人

青柳
1人/30人

松江
20人/40人

http://www.city.soka.saitama.jp/hp/page000016700/hpg000016635.htm
コメント

保育園待機児は434人に増加!

2009年11月25日 | 議員活動
保育園の待機児が11月1日現在で、434人まで増加しています。
年齢の内訳を見てみると、
0歳児、136人
1歳児、103人
2歳児、115人
3歳児、59人
4歳児、20人
5歳児、1人

となっています。
年齢が低いほど待機児が多くなっています。
市の定員を上回り、最低基準ぎりぎりまで、つめ込んでいますがそれも限界です。

待機児解消には、公立保育園を増やすことが必要ではないでしょうか??
コメント

草加高校の定時制が無くなる…!?

2009年11月21日 | 議員活動
現在、埼玉県では、21世紀いきいきハイスクール推進計画(後期)のパブリックコメント(意見聴取)を行っています。

この計画によると、草加高校定時制が無くなり、吉川高校へ統合されてしまいます。

私たち日本共産党は、この問題は「憲法26条」ひとしく教育を受ける権利に抵触することととらえ、草加高校の定時制を守る運動を始めました。

市内の小・中・高の学校の先生から意見を伺い、「現在の定時制は、昔のような苦学生のための定時制ではなく、全日制の学校からの落ちこぼれてしまった子や全日制に行ったが、校風が合わなくなった子が多く、教育においてのセーフティネット。近くに定時制が無くなれば、受け入れ先がなくなる…」ということがわかりました。

吉川高校は、草加から自動車で移動しても約40分ほどかかります。
とても学校で通う距離ではありません。
草加高校に定時制を残すことが、草加の子どもたちの教育を受ける権利を守ることにもつながる問題だと思います。

このことをまず、市民に伝えようと、11月26日に松原団地駅で駅頭宣伝を行います。署名も行いますのでぜひご協力をお願いいたします。


また、埼玉県で行っているパブリックコメントにも意見をお寄せください。
詳細は下記のリンクで!
http://www.pref.saitama.lg.jp/A20/BU00/ikiiki/kenmincomment.htm
コメント (2)

国で行われている事業仕分け

2009年11月16日 | 議員活動
政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は11日から、都内で2010年度予算概算要求の圧縮を目的とした「事業仕分け」作業を始めました。

草加市でもこの事業仕分けは行われました。
無駄な事業を切れる一面も確かにあります。
しかし、事業の役割や重要性が見えづらくても必要な事業というのもあります。

私が感じたことは、「短時間でバッサリ切るやり方は、いかがなものか?」
というものです。

行政刷新会議の事業仕分けは、1時間の議論で結論を出します。
しかし、1時間の議論でその事業の重要性や必要としている人が見えてきません。

また仕分け人によって、結果が異なることも問題です。
仕分け人の中には、小泉改革を推進した人物や参政権のない外国人まで入っています。削減ありきの議論になる方向に最初から仕向けられてるのではないでしょうか?

そして、事業仕分けにかけられる事業の選択は財務省で行われているとのことです。
アメリカの思いやり予算も今回事業仕分けにかけられたと報道されました。
しかしよく調べてみると、基地従業員(日本人)の給与にあてる労務費のみが対象
だそうです。
本当に必要なのは、思いやり予算そのものが必要なのかどうかです。
国対国の戦争は減りつつある今、アメリカに守られているというのは幻想です。


コメント

二回目のなんでも相談会を開きます。

2009年11月13日 | 議員活動
2009年11月28日(土曜日)午後1~5時
勤労福祉会館で、何でも相談会を開きます。

当日は、日本共産党草加市議団のほか、弁護士や税理士、社会保険労務士、労働組合など各分野の専門家が訪れ、ほとんどすべての相談に乗ることが出来ます。

相談料は無料です。

皆さんの周りでお困りの方がいらっしゃいましたら、遠慮なくご利用ください。

コメント

草加ふささら祭りで、大道芸人を呼びました☆

2009年11月03日 | 議員活動
11月3日、草加ふささら祭りで14~16時の間、大道芸人を集めてパフォーマンスを披露しました。

これは、私が議会で「路上アーティストに活躍の場」をと、取り上げ、昨年度から実現したものです。

昨年は音楽がメインで行いましたが、今年は大道芸人をメインで!!ということで、7組お声がけしました。

ご出演されたみなさんには、出演料も交通費も出ないにもかかわらず、快く出演していただきました。

始まる前にお話をしました。
「活動できる場所がない…」
みなさん、口をそろえておっしゃっていました。



音楽も大道芸もアートも市民の間から湧き出るものであると思います。
しかし、自由に活動できない現状を変えることが必要です。
今後も活動できる場の提供を実現するために頑張りたいと思います。

お祭りに参加された皆さん。
大道芸をご覧になった皆さん。ご協力ありがとうございました。




パフォーマー パーツさん



白鳥兄弟さん



☆ファイター☆ さん


Denis さん


アッキー2号さん
コメント (6)