草加市議会議員<40歳 くじ引き当選のその後>斉藤ゆうじ

2006年11月に初当選をさせて頂きました。掲げた公約実現へ向け、斉藤雄二は頑張ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6月議会は、5日からです。

2008年05月31日 | 議員活動
暑かったり、寒かったりと天候が不安定ですが、いかがお過ごしでしょうか?
私は、しばらく風邪をひいていました。。。

6月の定例市議会は、5日開会です。
年間を通して、一番議案数の少ない議会ですが、今回も議案質疑・一般質問を行います。

まだ項目等は決まっておりませんが、どうぞご覧ください。
コメント

17・18日は総会日和でした。

2008年05月20日 | 議員活動
先週の土日は、各団体の総会が市内でたくさん行われました。
たくさんの招待状をいただきましたが、時間帯がいっしょだったり、市内全域を回ることが難しく、日本共産党の4人の議員団が手分けをしました。

私は、午前中は市民から相談を受け、午後から行われた「学童保育の会」と「NPO法人元気っ子クラブ」の総会に出席をし、ご挨拶を行いました。

どちらとも学童保育(児童クラブ)の総会です。


近年抱えている問題、
●学童保育の大規模化
●指定管理者制度(今年、公募が行われ再指定される予定)
●学童保育指導員の待遇(給与が低水準)

の3つについて、お話をさせていただきました。

とくに、指定管理者制度の再指定は公募が行われると、
他業者に指定されてしまった場合、子どもたち慣れ親しんだ指導員との別れを意味します。
学童保育は、人と人とのつながりで運営がされており、子どもたちへの影響が心配されます。

なにも指定管理者制度は、公募を原則とはしていますが、公募をしない「非公募」という選択肢もあり、実際に非公募で行っている自治体も少なくありません。


公募をするかしないかは、指導員の人件費にも影響が出ます。
学童保育指導員は、専門職でありながら公的な資格は無く、給与水準も低くなっています。そのため、慢性的な指導員不足です。
専門職に応じた、給与水準を作っていく必要があります。


介護の現場もそうですが、福祉や教育に携わる人の給与水準は低く抑えられているところに大きな問題があります。
誰もが誇りを持って仕事をし、生活できる環境整備は政治の仕事です。

国政の歪みが現場に出ています。
政治を変えなければいけないときですね。
コメント

パソコンが新しくなりました。

2008年05月16日 | 議員活動
修理に出したパソコンを見積もりしてもらったところ、約6万円かかり、いつまでもつか保証できないと言われたため、新しいパソコンを購入しました。

これでようやくブログも再開できます。
コメント (1)

パソコンが・・・

2008年05月03日 | 感想
壊れてしまいました。全く電源が入らない状態です。
本日修理に出します。初めて携帯からの更新です。
コメント