草加市議会議員<40歳 くじ引き当選のその後>斉藤ゆうじ

2006年11月に初当選をさせて頂きました。掲げた公約実現へ向け、斉藤雄二は頑張ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホームページ作成しました。

2007年04月26日 | 提案・提言

まだまだ未完成ですが、仮オープン中です!
ぜひご覧下さい。
コメント (1)

越谷市議会議員選挙

2007年04月25日 | 感想
草加市での県議選挙終了後、すぐに越谷に入りました。
無事に4名全員当選することが出来ました。

越谷市で日本共産党は27歳の後藤なみ(越谷市議会議員最年少)と32歳の宮川まさゆき、二人の若い議員が誕生しました。

どんな時代も若い人たちが時代を作ってきました。
日本共産党も若い世代がどんどん出てきています。


この間も私のもとに、3件の取材依頼が来ました。
どの取材も主たる内容は「若い世代が格差社会・ニート・フリータから脱却する為のメッセージ」です。


今に不満があるならば、日本共産党とともに行動しましょう☆
コメント (2)   トラックバック (1)

統一地方選挙・前半戦終了

2007年04月09日 | その他
19172 山川 百合子 民主 現
17978 蒲生 徳明 公明 現
16229 谷古宇 勘司 自民 現

10399 田中 与志子 共産 元
9815 斎藤  幸子 無所属 新

4月8日行われた、埼玉県議会議員選挙は、上記の通り、現職3名の当選でした。


私、斉藤ゆうじの所属する日本共産党は、田中よし子が立候補し、奮闘しましたが、及びませんでした。

選挙期間中、私も候補者カーや後続車に乗り、一緒に選挙活動を行ってまいりました。感触としては、とても良いものを感じておりました。

自分自身の選挙と比べると、比較にならないほど、手ごたえのあるものでした。
それにも関わらずなぜ、前回よりも得票を減らしてしまったのか・・・。
全く分かりません。田中よし子自身も手ごたえを感じておりました。

要因はいくつか考えられますが、結果は結果として受け止め、次回に生かさなければなりません。



初めて、開票立会人を経験しました。一番最初に当落を知ったわけですが、あまりの投票率の低さに愕然としました。

6割の人が選挙に行かない実態・・・。

棄権をされたのは、埼玉都民と言われる人だと思います。
確かに、私自身もサラリーマン時代は、市議・県議の選挙がいつあるのかまったく情報が入りませんでした。掲示板をみて初めて知る訳ですが、どうやって選んでいいのか、朝から晩まで働く昨今では、候補者が伝えるのも難しくなってきました。

情報も入らなければ、選挙で選ぶ基準ももてない・・・。

年齢の近い、民主党の須藤議員ともお話しましたが、6割の人が選挙に行かないこと。。。

大きな問題と思っております。
●インターネットによる選挙活動の自由化や投票。
●駅での投票。
●選挙投票者への税制優遇制度確立・・・。

など、自治体としても出来そうな事はあります。
今後の課題としていきたいと思います。
コメント (13)   トラックバック (1)