草加市議会議員<40歳 くじ引き当選のその後>斉藤ゆうじ

2006年11月に初当選をさせて頂きました。掲げた公約実現へ向け、斉藤雄二は頑張ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年一年間ありがとうございました。

2006年12月31日 | 感想
今年一年間、ありがとうございました。

昨年の今頃は、自分がこのような職にいるとは考えていなかったもので、とても不思議な気持ちです。

来年は、今年以上に、頑張っていきたいと思います!!
よろしくお願い致します。

みなさん、良いお年を・・・。
コメント (1)

政治家は、セコイ!?

2006年12月26日 | 感想
12月議会で、感じた事です。

というのも、12月議会には、「草加駅西口の安心安全を求める請願」が提出されていました。
これは、草加駅西口の客引きをどうにかして欲しいと住民の要望です。

私、斉藤雄二が、夏に目の当たりにし、あまりの酷さに、請願署名の原本を作りました。それを、町会の役員さんに渡し、協議してもらいました。

要望項目は
・西口に交番設置
・条例制定
の二項目です。

原本は、町会・商店会で会議され、多少の文言変更はありましたが、署名が集められました。私も署名集めに協力を致しました。


この署名が、12月議会に提出され、各会派団長が紹介議員となり、採択されるのが決まっておりました。


私がセコイと感じたのはここからです・・・・。
この請願が提出されてから、同様の署名を大々的に集め始めた、政党・政治家・その支持者がいたのです。


署名をお願いされた一般市民は、議会に提出されている事など知りません。


この請願は、全会一致で可決されました。
署名を書いた市民や通った市民は、この政党・政治家が行動したから、通ったと思うのでしょう。それが目的だと思います。


その党・政治家の12月議会報告がある意味、楽しみです。。。


署名を集めてから、数週間で請願が通る事などありません。しかも議会中に集めても提出も出来ないのです・・・。実績の横取り。。。。


こういう政治家には、なりたくないものです。
コメント (2)

今様草加宿 議員説明会 

2006年12月26日 | その他
本日25日月曜日、今様草加宿事業の議員説明会が行われました。
今回の説明会では、「全体像を明らかにして欲しい」との各会派の申入れにより行われたものでした。

しかし、前回同様、全体像は示されませんでした。

何を作るかわからないのに、議会の議決を得ようとする。
おかしいと思いませんか?

しかもそれが今分かってるだけで、146億円。
実際には、300億から500億円かかるとも言われています。


市長や執行部は、財源的な心配は要らないといっております。
理由は、「国の補助金を使うから…」

よく考えてください。
国からの補助金も元は、国民からの税金です。
市民は国民でもあるのです。

国民負担だから、無駄遣いしてもいいと聞こえてなりません。
各自治体がこんな考え方しているから、税金がいくらあっても足らないのです。


財源的な心配は要らないと言っておきながら、影響はすでに出ています。
福祉予算や教育予算を始め、各予算が削られています。


先日お話を伺った、学童保育のベテランの先生は、
「今まで年収220万円でなんとかやってこれた。しかし、来年度予算が市長から出されたけど、年収220万円どころか学童保育の存在すら危うい。パートナーシップと市長は言うが、手も足も縛って、この予算内でやれと言われても出来ない」
とおっしゃっていました。

子どもにかける予算は、将来への投資です。
それを削って、大型公共開発事業は大間違いです。

大切なのは、箱よりも人でしょう。


私、斉藤ゆうじは、今様草加宿事業には、反対です。
コメント

草加市を夕張にするな!!

2006年12月21日 | 提案・提言
今様草加宿・・・。

いったいどれだけの人がこの事業を知っているのでしょうか?

簡単に言えば、旧町商店街の活性化を口実に、綾瀬川左岸広場周辺の再開発・大型公共工事です。しかも、情報が小出しにされ、何を作るのか?未だに決まっていません。

それにもかかわらず、12月議会前の説明会では、民有地10戸を都市計画決定し、強制収容も辞さないやり方で、土地を買い、道路を作る説明がなされました。


これだけで、ざっと150億円!!!


土地を買って、道路を整備して、公園を作ると150億円です!

しかも、文化・産業の拠点となる施設の建設費は除いてです。
本格的に始めるとなると、300億から500億円はかかるのではないかといわれています。


草加市には、1400億円を超える借金が今現在あります。
毎年、40億~50億円借金は増えています。

今でも教育予算、福祉予算は始め、様々な予算は削られ、側溝ひとつ修理を依頼するのに、その工事に10年待ちです。




こんな大型公共工事は、本当に必要でしょうか?????




この事業のために、市民のために必要な予算でさえ削られています。
しかも、12月議会では、長濱総合政策部長の答弁では、

「今様草加宿事業の財源は、税収も微増傾向で心配ない・・・」

旨の答弁がされているが、コミュニティバスや子ども医療費無料化など市民要望が高い事業で予算もそれほどかからない事業には、

「厳しい財政状況のもと慎重に判断しなければならない」

旨の答弁もなされています。

この二枚舌的な草加市としての対応。みなさんはどう感じるでしょうか?


今様草加宿を進めてしまえば、夕張市のように財政破綻してしまう懸念もあります。実際、草加市役所職員の間では、夕張市のような事も他人事ではない危機感を持っています。


しかし、この今様草加宿事業を止めるには、議会と市民の大きな力が必要です。
これを読まれた方はぜひ、周りの人達に広げてください。

そして、お知り合いの議員なり、草加市にメールや意見を伝えてください。



草加市を財政破綻させてはなりません!!!!!

コメント (4)

一般質問終了しました。

2006年12月18日 | 感想
12月15日金曜日、12月議会においての斉藤ゆうじの一般質問が終了しました。
13日予定だった一般質問でしたが、議事調整などあり予定より2日遅れての質問となりました。会期も22日までだったのが26日までと延期になりました。

一般質問はインターネットの録画中継でご覧になれます。
月曜か火曜までにはご覧いただけると思います。

http://gikai02.kaigiroku.jp/dvl-soka/2.html

取り上げた項目
1.コミュニティバスの導入について。
2.谷塚文化センター跡地について。
3.谷塚小学校のグランド整備について。
4.谷塚消防分署の建設について。

1.コミュニティバス
 現在、谷塚西部(遊馬町など)にはバスが通っておらず、交通不便地域が存在します。しかし、来年度完成予定の日暮里・舎人線、見沼代親水公園駅へのアクセスとして、草加駅から遊馬町を通り、見沼代親水公園駅へのバス路線が計画され、これが開通されれば、一応の交通不便地域が解消されます。

 しかし、高齢社会化が進み、来年度以降は段階の世代の大量退職が見込まれています。日中に市内で過ごす方が増える事が予想されております。
しかし、市役所や病院、買い物など市内中心部に行く機会もありますが、現在のバス路線では一度、竹ノ塚にバスで行ってから電車で草加駅に行かなくては行けません。

帰りも同様に、草加駅から竹ノ塚駅に行き、竹ノ塚駅で買い物をしてから買える人が多くおります。

草加市に住んでいながら、草加市で買い物が出来ない現状です。
巨額な費用をかけ、商店街活性化の名目で草加駅東口にある旧町商店街を道路拡張と考える前に、草加市に住んでいる人が草加市で買い物を出来る環境を作る方が費用的にも安上がり。人が集まる所に、お金が集まり、物が集まり、情報が集まるんです。商店街活性化を言うなら、竹ノ塚に行ってしまっている人を草加市に集めるのが筋です。商店街活性化すれば求人も増え雇用も創出されます。

また、地球温暖化が叫ばれている今、自動車の使用を控えバス・電車などの公共交通機関を利用してもらえるようにする、自治体としての取組みも必要です。

草加市は、道が狭く車どおりも激しいため、自転車での移動は危険を伴います。
安心して病院にいけるようにする福祉面もこれから重要になります。

様々な面から、草加市にコミュニティバスの導入を迫りましたが、今後も検討をするとの回答でした。



2.谷塚文化センター跡地。
谷塚文化センターが、新しく建替えられている谷塚小学校へ複合施設化されることによって、現在の谷塚文化センターが空いている施設になります。地域の方々からは、青年の居場所として使わせて欲しいとの要望が寄せられていたので、取り上げました。

草加市の回答は、「谷塚文化センター跡地を一部、青年の居場所作りとして利用したい。」
と前向きな回答がでました。
今後もどういう施設になっていくのか、注視していきたいと思います。


3.谷塚小学校のグランドの整備
約4年間使えない谷塚小学校のグランド。早期整備してもらえないか?と質問をしました。10月教育長、11月市長に要望へした件です。
工期的に厳しいが、前向きに取り組みたいとの回答でした。


4.谷塚消防分署
長年、日本共産党議員団が取り上げ続けている問題です。
草加市には消防署が一箇所足りません。それが谷塚地域です。要望としてはちいさいことですが、いつ大地震がくるか分からない昨今、消防署の役割は重要です。
一分一秒を争う、命に関わる事ですから早期建設を取り上げました。
草加市は、消防ステーションの建設で対応したいとの回答です。
消防ステーションは、消防車1台、救急車1台の小さなものです。これで大地震が起きた際に対応が出来るのか?不安が残ります。

今後も消防分署の建設を・・・と取り上げていきたいと思います。



なお、この一般質問に取り上げる予定だった、草加駅西口の客引き問題。
この12月議会に請願署名が提出されました関係で、一般質問から取り下げました。
コメント (2)

12月議会中です!

2006年12月12日 | その他
しばらく更新をしなくて、すみません・・・。
12月議会が始まり、なれない事がたくさんあり、個人的にも余裕が無い状況でした。

一番驚いたのが、ヒアリング!
なかなか一般の方に理解をしてもらうのが難しいことですが、
一般質問にて「何を質問する」のか、事前に聞きに来るのです。

これがすごくて、各部署の課長、課長補佐がズラーーーーーーーと待ってるんです!

圧倒されてしまいました!

もちろん、ちゃんとした答弁をしてもらうには、事前の意見交換は必要かもしれません。秘密な情報も内緒で教えてもらえる事もあります。


議会での答弁は、基本的にここのヒアリングを受けて答えられるのですが、答弁者によっては、内容を差し替えられることもあります。


議会で答弁した事は、草加市としての方向を決定するため大切な事です。
出来るだけ、良い答弁が出るように、今後も頑張って行きたいと思います。



斉藤ゆうじ一般質問は、
12月13日 水曜日の午後ぐらいです。

議会インターネット中継は、
http://gikai02.kaigiroku.jp/dvl-soka/2.html

質問項目は、
1コミュニティバスについて
2谷塚小学校建替えについて
3谷塚文化センター跡地について
4(仮)谷塚消防分署けんせつについて

ぜひ、ご覧下さい!!
コメント (4)