草加市議会議員<40歳 くじ引き当選のその後>斉藤ゆうじ

2006年11月に初当選をさせて頂きました。掲げた公約実現へ向け、斉藤雄二は頑張ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

議会報告会 終了

2011年07月02日 | 議員活動
原発ゼロをめざす7.2緊急行動に参加した後、急いで草加に戻り、
午後6時~谷塚文化センターで議会報告会。


6月定例会の内容や日本共産党草加市議団の取り組みと草加市の対応などをお話ししました。

参加者からは、原発や放射能の問題について、質問が相次ぎました。

放射能の問題は、地方議会で解決できるものではありません。
ひとりひとりが、正しい知識を身につけ、どうしたらいいかを判断することが必要です。


このブログをお読みの市民の方で、議会報告をしてほしいという方がいらっしゃいましたら、
yjcp@mac.comまでご連絡ください。

日程の調整がつくようでしたら、出向いてお話しいたします。
またみなさんから、「こうしてほしい」という事柄などございましたら、
遠慮なくご連絡ください。
コメント

「自由社」の公民・歴史教科書を採択しないよう求める要望書を教育委員会に提出

2011年07月02日 | 議員活動
 来年度から中学校で使用する教科書の展示会が7月2日まで、草加中央図書館で行われています。埼玉県教育委員会が選んだ数社の教科書の中から、採択地区ごとに教科書を選びます。
(草加市は蕨・戸田・鳩ケ谷市とともに第3採択地区)
 この中に、「自由社」の公民・歴史教科書が入っています。
 公民教科書における日本国憲法の解説では「国民主権の解説」よりも「天皇について」をより大きく扱い、時の政権の「正統性をあたえる」「元首としての待遇を受けることがある」などと表記。現在問題になっている原子力発電については、「安全性の高い技術を確立し…」と断言しています。


 歴史教科書は、「古事記・日本書紀に国の成り立ちが書かれてある」とし、4ページにわたって「神話」が掲載されています。また、アジア太平洋戦争は「大東亜戦争」と表記。「ABCD包囲網によって」日本はいたしかたなく真珠湾攻撃を行い、「軍事的に成功した」と靖国史観そのままの歴史を中学生に教えようとしています。危険な教科書を草加の中学生に手渡すことが無いよう意見を述べましょう。展示会が終わっても県教委・市教委に意見を述べることは自由です。
 8月末には第3採択地区協議会でどの教科書を採択するか意見を取りまとめる予定です。
 なお6月29日、日本共産党草加市議団は「自由社」の教科書を採択しないよう求める要望書を草加市教育委員会に提出しました。
コメント

原発推進へ国民分断、メディア懐柔 これが世論対策マニュアル

2011年07月02日 | 議員活動
ツイッターなどで話題になっているようなので、再掲します。

日本共産党は、財界や東京電力から献金や広告料を一円たりとも受け取っていません。
だからこそ「本当のことを、遠慮なく書ける。」のです。

日刊紙 月2900円
日曜版 月 800円
です。

お読みになりたい方は、日本共産党中央委員会 〒151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7
 TEL 03-3403-6111  FAX 03-5474-8358 Mail info@jcp.or.jp
にご連絡ください。



2011年7月2日付 しんぶん赤旗日刊紙の記事です。


原子力発電を推進するために学校教育や報道機関に情報提供を行っている日本原子力文化振興財団がまとめた「世論対策マニュアル」があります。原子力発電所の相次ぐ重大事故、度重なる事故隠しやデータ改ざんによる国民の不安感や不信感の広がりに対処するため国民を分断し、メディアを懐柔する指南書の全容とは―。(清水渡)


--------------------------------------------------------------------------------


(写真)日本原子力文化振興財団が1975年に朝日新聞に掲載した10段広告

 「停電は困るが、原子力はいやだ、という虫のいいことをいっているのが大衆である」

 日本原子力文化振興財団が作成したマニュアルは国民をさげすみ、愚弄(ぐろう)する姿勢をあけすけに示しています。この文書は1991年に科学技術庁(当時)の委託を受けてまとめられた「原子力PA方策の考え方」(91年報告)です。電力業界や政府機関への提言となっています。

 91年報告は、さらに「繰り返し繰り返し広報が必要である。新聞記事も、読者は三日すれば忘れる。繰り返し書くことによって、刷り込み効果が出る」と、原発容認意識を国民に刷り込む施策を求めています。

 また、「原子力に好意的な文化人を常に抱えていて、何かの時にコメンテーターとしてマスコミに推薦出来るようにしておく」などと文化人、マスメディア取り込み作戦も具体的に提起しています。

事故は広報の好機
 91年報告は事故をも「広報のチャンス」とします。「事故時を広報の好機ととらえ、利用すべきだ」「事故時の広報は、当該事故についてだけでなく、その周辺に関する情報も流す。この時とばかり、必要性や安全性の情報を流す」「夏でも冬でも電力消費量のピーク時は話題になる。必要性広報の絶好機である」と指摘しています。

 原発反対派とのつながりも強調し、反原発の国民意識を分断させるシナリオも指南しています。マスメディア関係者との関係は、「会って一緒に食事をすることばかりではない」などと述べています。

 原子力の必要性については「電力会社や関連機関の広告に、必ず“1/3は原子力”を入れる。小さくてもどこかに入れる。いやでも頭に残っていく」「放射能があることは誰も知っている。原子力がなければどんなことになるのか、例をあげて必要性を強調するのはよい」など、脅しめいた手法も紹介しています。

 91年報告で指摘されている各種の手法は、東京電力福島原子力発電所の過酷事故を受けて原発反対の世論が広がるなか、原発推進のために各メディアが行っているやり方に通じています。


--------------------------------------------------------------------------------

 PA 「パブリック・アクセプタンス」の頭文字をとったもので、「社会的受容性」とも訳されます。円滑に企業活動や事業の展開ができるように、社会において企業活動の理解促進を図る活動をさします。


--------------------------------------------------------------------------------

マニュアル作成の原子力文化振興財団
税金で「安全神話」PR
 原発「世論対策マニュアル」をつくった日本原子力文化振興財団の活動費の3~4割は税金で賄われています。

 2009年度決算では、文部科学省の「教育支援用情報提供」や経済産業省の「核燃料サイクル講演会」など10事業、3億2200万円を受託しており、年間収入の34・1%を占めます。

 電源立地推進事業としてとりくまれた講師派遣では、年間136回の講演で、旅費606万円、講師謝礼591万円が税金から支出されています。

 同財団の理事長は三菱マテリアル名誉顧問の秋元勇巳氏です。10年8月27日段階の役員名簿によると、理事には八木誠関西電力社長のほか清水正孝東京電力社長(当時)、玉川寿夫民間放送連盟常勤顧問、加藤進住友商事社長、庄山悦彦日立製作所相談役、佃和夫三菱重工会長、西田厚聡東芝会長、林田英治鉄鋼連盟会長などの名前が並びます。

 1969年に設立された同財団の目的は「原子力平和利用に関する知識の啓発普及を積極的におこな」うというもの。ホームページには小中学生・高校生向けの原子力発電所見学会や高校生対象の放射線実習セミナー、報道関係者のための原子力講座、原子力やエネルギーに関するシンポジウムなどの事業が掲載されています。

 放射線実習セミナーを受講した生徒からは「身体の中にも、食物や大地にも放射線があることを知って、放射線が恐ろしいものという固定観念がなくなった」などの感想が寄せられています。

 税金で原発「安全神話」を国民に刷り込み続けたのです。

 こうした「刷り込み」は、自民党政権下にはじまり、民主党に政権が代わっても続けられました。歴代政権の責任が問われます。


--------------------------------------------------------------------------------

原発推進マニュアル明記の主な「方策」
国民向け
★繰り返せば刷り込み効果
・人気タレントが「原子力は必要だ」、「私は安心しています」といえば、人々が納得すると思うのは甘い。やはり専門家の発言の方が信頼性がある。

・繰り返し繰り返し広報が必要である。新聞記事も、読者は三日すれば忘れる。繰り返し書くことによって、刷り込み効果が出る。いいこと、大事なことほど繰り返す必要がある。

・政府が原子力を支持しているという姿勢を国民に見せることは大事だ。信頼感を国民に植え付けることの支えになる。

・夏でも冬でも電力消費量のピーク時は話題になる。必要性広報の絶好機である。広告のタイミングは事故時だけではない。

・不美人でも長所をほめ続ければ、美人になる。原子力はもともと美人なのだから、その美しさ、よさを嫌味なく引き立てる努力がいる。

★文科系は数字をありがたがる
・泥遊びをすれば手が汚れるが、洗えばきれいになる。危険や安全は程度問題であることをわれわれはもっと常識化する必要がある。

・戦争でも状況判断ができれば、あわてなくてすむと聞く。軽重の判断をするには基礎知識が欠かせない。文科系の人は数字をみるとむやみに有難がる。

・原子力がなければどんなことになるか、例をあげて説明するのがよい。

・停電は困るが、原子力はいやだ、という虫のいいことをいっているのが、大衆であることを忘れないように。

・ドラマの中に、抵抗の少ない形で原子力を織り込んでいく。原子力関連企業で働く人間が登場するといったものでもよい。原子力をハイテクの一つとして、技術問題として取り上げてはどうか。

マスメディア対策
★良識的コメンテーターの養成
・原子力に好意的な文化人を常に抱えていて、何かの時にコメンテーターとしてマスコミに推薦出来るようにしておく(ロビーの設置)。

・数名からなるロビーをつくり、コメンテーターの養成に努める。役所でレクをするときに、意識的に良識的コメンテーターの名前やそのコメントを出す。

・ロビーづくりは無理にしなくとも、記者クラブや論説委員との懇談会を利用したらよい。常設せずとも、必要があれば主婦連の人を集めて意見を聞くなど、臨機応変に対応したらよい。

・いいスポークスマンは役所のプラスイメージになる。新聞記者が積極的に彼の意見を求め、記事の中に引用するようになる。そうすると、スポークスマンの考え方が新聞記者間に浸透するようになる。一種のマスコミ操作法だが、合法的世論操作だ。

★テレビディレクターに知恵を注入
・マスコミ関係者は原子力の情報に疎い。まじめで硬い情報をどんどん送りつけるとよい。接触とは会って一緒に食事をしたりすることばかりではない。

・関係者の原子力施設見学会を行う。見ると親しみがわく。理解も深まる。

・テレビ局と科学技術庁のむすびつきは弱い。テレビディレクターに少し知恵を注入する必要がある。

・人気キャスターをターゲットにした広報を考える。事件のない時でも、時折会合をもち、原子力について話し合い、情報提供をする。

・人気キャスターを集めて理解を求めることが出来るなら、これが最も効果的で、いい方法である。うまくやれば可能だ。それを重視させ得る知恵者を日頃からつかんでおく必要がある。

学校教育
★厳しくチェック
・教科書(例えば中学校の理科)に原子力のことがスペースは小さいが取り上げてある。この記述を注意深く読むと、原子力発電や放射線は危険であり、できることなら存在してもらいたくないといった感じが表れている。書き手が自信がなく腰の引けた状態で書いている。これではだめだ。厳しくチェックし、文部省の検定に反映させるべきである。さらに、その存在意義をもっと高く評価してもらえるように働きかけるべきだ。

・教師が対象の場合、大事なのは教科書に取り上げることだ。文部省に働きかけて原子力を含むエネルギー情報を教科書に入れてもらうことだ。

原発反対派対策
★つながりをもって
・反対派リーダーと何らかの形でつながりをもったらどうか(討論会の開催など)。


コメント

原発ゼロをめざす7.2緊急行動 in 明治公園 に参加!!

2011年07月02日 | 議員活動
明治公園で行われた「原発ゼロをめざす緊急行動」に参加してきました。

賛同者には、安斎育郎さん、飯田哲也さん、女優の吉永さゆりさんや市原悦子さん、沢田亜矢子さん、金八先生の脚本家である小山内美江子さんなども名を連ねておられました。

この集会には、2万人を超える方が参加したとのことです(主催者発表)
これだけ、大きな集会にもかかわらず、本日のテレビ放送では、まったく触れられておりません。


日本のマスコミの「真実を報道しない」典型ですね。

日本共産党を代表して、志位和夫委員長があいさつをしました。

YouTube 動画
原発ゼロをめざす7.2緊急行動 志位委員長のあいさつ
コメント

7月1日(金)のつぶやき

2011年07月02日 | 議員活動
09:24 from ついっぷる for iPhone
RT @SayuriChappy: 須賀川でキャベツ農家を営んでいた樽川さんが、放射能による出荷制限で自殺した報道を見て朝から泣いた。彼のキャベツは評判だった。生前「被爆国がなぜ原発を持つ? 人間が造った物はいつか必ず壊れる」と言っていたそうだ。7代続いた農家だった。原発 ...
12:33 from ついっぷる for iPhone
日本も消費税増税ではなく、富裕層増税を行うべき。 RT @akahata_news: 富裕層増税で赤字削減/米大統領が表明/石油産業の優遇廃止も http://bit.ly/ijUxkb (しんぶん赤旗)
20:16 from Tweet Button
これでいいのだろうか。。。「株をたくさん所有する者の発言力は大きい」2011年6月28日 東京電力株主総会 | 【SAVE CHILD】放射能汚染から子供を守ろう http://t.co/wJQ95W2 via @sace_child
by saitou_yuji on Twitter
コメント