草加市議会議員<40歳 くじ引き当選のその後>斉藤ゆうじ

2006年11月に初当選をさせて頂きました。掲げた公約実現へ向け、斉藤雄二は頑張ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あけましておめでとうございます。

2008年01月02日 | その他
旧年中は、たくさんの方にお世話になりました。

元旦は、宣伝カーで谷塚地域を周りました。
2008年も、全力で頑張りたいと思います!!
どうぞよろしくお願いいたします。

尚、たくさんの方に年賀状を頂いておりますが、公職選挙法の関係上、返礼も自粛させていただきます。ご了承ください。
コメント (3)

コメントいただいているみなさま・・・

2007年12月02日 | その他
なかなかお返事を返せずにすみません・・・。
他市の選挙応援等で時間が取られています。
必ずコメント返ししますので、気長にお待ちください。。。
コメント (2)

参議院選挙直前!

2007年07月01日 | その他
本日午後5時30分から草加駅東口で、参議院予定候補のあやべ澄子さんが演説を行いました。

この演説の直前に明らかになった「久間章生防衛相が広島、長崎への原爆投下は「しょうがない」などと発言したこと」について触れ、あやべさんが大学時代をすごした広島での原爆の経験を交えながらお話されました。

私は、駅ロータリーにパンフレットを配っていたのですが、若い女性がゆっくり歩きながら話を聞いていたことが印象的でした。
パンフレットを渡すとニコッと受け取ってくれました。

若い人たちにとって、働き方の問題や子育ての問題は、身近で深刻な問題です。
この女性も、なにか感じることがあったんでしょうね。


国民のレベル以上の政治家は現れません。
なぜならば、選ぶのは国民だからです。

政治は、生活に密着しています。
たくさんの人に、よく考えて検討したうえで、参議院選挙に投票してもらいたいですね。
コメント   トラックバック (1)

発言通告締切り日

2007年06月04日 | その他
 本日は、6月議会の発言通告締切日でした。
私、斉藤ゆうじは、議案3件。一般質問3件の発言通告をしてまいりました。

議案
●平成19年度草加市介護保険特別会計補正予算(第1号)
●草加市自転車の放置防止に関する条例の一部を改正する条例の制定について。

報告
●平成18年度草加市一般会計事故繰越し繰越計算書の報告について。

一般質問
●病児保育・病後児保育について。
●路上アーティストへの支援について。
●(仮称)公募第4公園について。

以上です。
6月議会は、6月7日木曜日開会されます。
発言日時は、草加市議会でご確認下さい。
コメント   トラックバック (2)

東京ガス視察

2007年05月28日 | その他
いつ関東大震災級の地震がおこるか分からないといわれている昨今では、「備えあれば憂いなし」と各自治体で様々な施策がなされております。

市民が生活するのに必要なライフラインは、主に水道・ガス・電気の三つです。

本日は重要なライフラインの一つである、東京ガスを視察に行ってまいりました。


説明を受けて感じたことは、「とにかくスゴイ」です。

ほぼ関東一円、ガス管が整備され、その状況を刻々と一括管理、ガス圧などが一定程度変化すれば、アラームが成り注意を促すなど、そのシステムはすごいものです。

遠隔操作も可能とのことで、ガス管の閉鎖も簡単に出来るとのことです。
また、家庭のガスメーターは、震度5くらいで、ガスが止まるよう設計がされているとのことでした。これは都市ガス・プロパンガスとも同じ仕様だそうです。

写真は、ガスメーターが止まった際、復旧作業を体験する平野議員と今村議員です。

見えない仕事ですので、ありがたみを感じる事が少ないですね。
しかし、何も無い生活が出来る裏には、こういった見えない努力をしている人、企業があることを改めて感じました。

これは行政・政治にも通じる事です。
見えない、安全・安心を作る施策を引き続き取り上げていきたいと思います。
コメント

朝の駅頭宣伝

2007年05月22日 | その他
日本共産党草加市議団は、選挙がある無いに関わらず、各駅で毎週駅頭宣伝を行っております。

私、斉藤ゆうじは、

火曜日・・・谷塚駅東口
金曜日・・・草加駅西口

いずれも7:00~8:00です。

他の議員は選挙の時しか駅立ちしませんが、私たちは市政報告が義務との考え方から、毎週行っております。
市政だけでなく、国政や社会問題もお話します。

コメント

議員報酬と政務調査費

2007年05月05日 | その他

新しく開設したホームページに公開しております。興味のある方はどうぞご覧下さい。
コメント

統一地方選挙・前半戦終了

2007年04月09日 | その他
19172 山川 百合子 民主 現
17978 蒲生 徳明 公明 現
16229 谷古宇 勘司 自民 現

10399 田中 与志子 共産 元
9815 斎藤  幸子 無所属 新

4月8日行われた、埼玉県議会議員選挙は、上記の通り、現職3名の当選でした。


私、斉藤ゆうじの所属する日本共産党は、田中よし子が立候補し、奮闘しましたが、及びませんでした。

選挙期間中、私も候補者カーや後続車に乗り、一緒に選挙活動を行ってまいりました。感触としては、とても良いものを感じておりました。

自分自身の選挙と比べると、比較にならないほど、手ごたえのあるものでした。
それにも関わらずなぜ、前回よりも得票を減らしてしまったのか・・・。
全く分かりません。田中よし子自身も手ごたえを感じておりました。

要因はいくつか考えられますが、結果は結果として受け止め、次回に生かさなければなりません。



初めて、開票立会人を経験しました。一番最初に当落を知ったわけですが、あまりの投票率の低さに愕然としました。

6割の人が選挙に行かない実態・・・。

棄権をされたのは、埼玉都民と言われる人だと思います。
確かに、私自身もサラリーマン時代は、市議・県議の選挙がいつあるのかまったく情報が入りませんでした。掲示板をみて初めて知る訳ですが、どうやって選んでいいのか、朝から晩まで働く昨今では、候補者が伝えるのも難しくなってきました。

情報も入らなければ、選挙で選ぶ基準ももてない・・・。

年齢の近い、民主党の須藤議員ともお話しましたが、6割の人が選挙に行かないこと。。。

大きな問題と思っております。
●インターネットによる選挙活動の自由化や投票。
●駅での投票。
●選挙投票者への税制優遇制度確立・・・。

など、自治体としても出来そうな事はあります。
今後の課題としていきたいと思います。
コメント (13)   トラックバック (1)

県議選挙が始まります。

2007年03月30日 | その他
3月30日より、埼玉県議会議員選挙が行われます。
草加市の定数は3議席です。
有力候補5人の争いと予想されて、誰一人抜け出しておらず、混戦と言われております。

日本共産党は、前県議会議員の田中よし子さんを予定候補としております。

争点はいろいろ挙げられます。

保育園や特別養護老人ホームなど国の補助がなくなる中で、埼玉県でも同様に補助を無くす、もしくは減らすなどし、市町村はまったく施設が作れなくなってしまいました。県としての補助を復活し、施設が作れるようにするべきです。

また、草加市立病院は産科の閉鎖や眼科の手術中止など医師不足が深刻です。
こういった自治体病院も増えている中で、医師確保する体制が全く出来ておりません。

埼玉県は、日本全国で一番医師の少ない県です。
その中でも草加市の医師数は、下位です。
県としての補助が求められております。

また、子ども医療費無料化も草加市では、四月から入院において中学校卒業までに拡大となりました。これは県の1/2補助が、小学校入学前までに制度改正されたからです。県がやる気になれば通院も可能です。

これらの政策は、予算的に見ても決して出来ない事ではありません。
埼玉県の予算は1兆7000億円もあります。
それに加え、大企業誘致には、一社10億円も出しており、自民・公明・民主は、「他県ではもっと額が大きいと理由を付け、増額を求めております。」


3月28日の衆議院経済産業委員会で、塩川鉄也議員が「自治体での補助金ばらまきによる企業誘致合戦」を取り上げ、甘利経産相は、

「正しい地域間競争のやり方ではない」

と答弁されております。
このお金を保育園や特別養護老人ホームの建設、また医師の確保や救急医療体制の充実の為のバックアップ。などに使うべきです。


大事な予算を決める議会に、日本共産党の議席が増えることは

「無駄遣いから福祉に」

と予算の使い道を変えることが出来ます。
ぜひ、日本共産党の候補者へ【皆様の想い】を託していただきたいと思います。
コメント

国による詐欺

2007年02月05日 | その他
過激なタイトルですが、紛れもなく真実です。

小泉内閣時代に行われた、「三位一体の改革」

実際は、【国の借金の一部を、地方に押し付けるだけの代物】です。
その結果、地方の借金は脹らむ一方で、国の借金は横ばい。

行き着く先は道州制の導入。

東京や関東、など税収の見込める地域は良くなるでしょう。
しかし、沖縄や北海道など、地域経済の弱いところは見捨てられるのです。

憲法で保障されている、日本国一律の福祉サービスは消滅する方向に進んでいます。
その代わり、豊かな自治体に住んでいれば、サービスが受けられる弱肉強食の時代へ突入を始めています。


一度、負組になれば、転がり落ちるしかない現状が正しいのか?
政治をあきらめたら、今を認めることと同じ事です。

あきらめず、政治を監視し、行動しましょう。
選挙だけが唯一、権力をかえる力を持つのです。
コメント (3)