臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

ときわメディックス臍帯血の保管状況が確認できていない

2018-04-19 16:39:43 | 日記
ありがとうございます。

シービーシーの宍戸が
「2年前にグリーンシートにのっかってという
段階なんですね、ウチの会社は。」

と言っており、具体的な上場予定を
告げている事からも、当初より、
エコプランニングと共謀した
詐欺目的だと思います
勿論グリーンシートになどのっていませんでした。





同社の臍帯血事業はずさんなものであった
ことからもよくある詐欺手口です。


だんかい

【段階】
物事の状態が進む過程のひとくぎり



グリーンシート銘柄とは、
店頭取扱有価証券、優先出資証券又は投資証券のうち、
証券会社が日本証券業協会に対して届出を行った上で、
その証券会社が継続的に売り気配・買い気配を提示して
いる銘柄のことをいいます。
グリーンシート銘柄は、その銘柄の発行会社の特徴により、
次の3つに区分しています。






民間の臍帯血バンク
株式会社ときわメディックスが以下の状態であることからも
わかります。



さい帯血保管

1320人分廃棄へ 厚労省が確認

.
毎日新聞2018年4月11日 21時51分(最終更新 4月11日 21時51分)


 希望者からさい帯血を有料で預かる民間バンク各社で
契約終了後の約2100人分が保管されていた問題で、
厚生労働省は11日、1320人分のさい帯血が廃棄
もしくは廃棄予定であると発表した。
「アイル」が保管している40人分については契約者との
連絡が取れていないという。


 同省は、事業継続の届け出があった「アイル」と
「ステムセル研究所」を訪問し、さい帯血の保管状況を確認した。
昨年9月の調査で契約終了後も保管していたさい帯血のうち、
廃棄もしくは廃棄予定が1320人分
▽研究利用のための保管が629人分
▽再契約による保管が27人分--などとなっていた。
また、契約中のさい帯血についても適切な管理を確認した。
この2社については1年ごとに保管状況を確認し、
同省ウェブサイトで公表するという。


 また、廃業を決めた民間バンク「臍帯血保管センター」が
保管していた76人分は廃棄が確認できたという。
一方で、4人分を保管する「ときわメディックス」は
現時点で調査に協力せず、保管状況が確認できていない。

同社については昨年9月時点で1085人分の契約が確認されているが、
事業の届け出は行われていない
同省は引き続き、届け出るよう求めている。
【荒木涼子】







http://www.pref.ishikawa.lg.jp/iryou/tsuchi/documents/hp_bessi_saitaiketubank.pdf


10、 留意事項
本実施要領 は、当該届出 及び報告 の内容について
厚生労働省が 個別に審査 す る ために依頼する もの
ではなく、厚生労働省が臍帯血プライベートバンクの
事業内容等について把握すること
及び契約者(依頼者)の利益の保護を図る
ことを目的として以来するものである






https://www.city.minato.tokyo.jp/imuyakuji/documents/saitaiketsutuuchi171101.pdf


医政研発1101 第1号
平成29 年11 月1日


都道府県
保健所設置市 衛生主管部(局)長
特別区
地方厚生局健康福祉部医事課長
厚生労働省医政局研究開発振興課長
( 公印省略)


臍帯血プライベートバンクを利用する再生医療等提供計画の添付書類に関して
平素より、厚生労働行政に格別の御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
今般、経営破綻したいわゆる臍帯血プライベートバンクが保管していたとされる臍帯血が、
契約者(依頼者)の適切な同意取得がないまま第三者に提供され、複数の医療機関において、
「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」(平成25 年法律第85 号。以下「法」という。)
に基づく再生医療等提供計画の届出を行わずに、当該臍帯血を用いた再生医療等を提供して
いた事例が確認されました。
このような事例を踏まえ、厚生労働省においては、臍帯血プライベートバンクの業務実態
調査を行った結果、契約終了後や廃業時における臍帯血の所有権等の取扱いが不明確な契約
等の存在が判明したため、公衆衛生上の観点及び契約者(依頼者)の保護の観点から、臍帯
血プライベートバンクに対して、業務内容等や保管臍帯血の管理体制等について届出及び報
告を求めることとし、別紙の「臍帯血プライベートバンクの業務内容等に関する届出及び報
告に係る実施要領」をまとめました。
今般の臍帯血プライベートバンクの業務実態調査の結果等を踏まえると、再生医療等の提
供の更なる安全性を確保するためには、法第4条の規程による再生医療等提供計画の提出を
行う際においても、「臍帯血プライベートバンクの業務内容等に関する届出及び報告に係る
実施要領」を活用していく必要があると考えています。
つきましては、臍帯血プライベートバンクを利用する再生医療等提供計画を提出する際は、
利用予定の臍帯血プライベートバンクが厚生労働省に届出を行った書類の添付を求めるこ
とといたしましたので、貴管下医療機関及び関係機関等に対し、周知をお願いします。

なお、臍帯血プライベートバンクが厚生労働省に届出を行った書類は、臍帯血プライベー
トバンクのホームページ等で公表することを求めており、当該書類は厚生労働省のホームペ
ージにおいても公表することを申し添えます。


各殿





公衆衛生(こうしゅうえいせい、英: public health)は、
集団の健康の分析に基づく地域全体の健康への脅威を扱う。
健康は多くの機関により、さまざまに定義されている。
疾病の実態調査の標準を設定・提供する国際連合の機関である
世界保健機関は、健康を「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、
たんに病気あるいは虚弱でないことではない」と定義している。






港区

医療機関向け「臍帯血プライベートバンクを利用する再生医療等提供計画の添付書類に関して」

医療機関が、臍帯血プライベートバンクを利用する再生医療等提供計画を提出する場合、
利用予定の臍帯血プライベートバンクが厚生労働省に届出を行った書類の添付が必要と
なりましたのでお知らせします。



臍帯血プライベートバンクが保管していたとされる臍帯血が、
契約者の同意がないまま第三者に提供され、複数の医療機関において、
「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づく再生医療等提供計画の
届出が行われずに臍帯血が提供されていた不適切な事例がありました。
この事例を受け、厚生労働省は臍帯血プライベートバンクに対して業務内容、
保管臍帯血の管理等について、届出及び報告を求めることとし、
「臍帯血プライベートバンクの業務内容等に関する届出及び報告に係る実施要領」をまとめました。


なお、平成29年10月31日現在、厚生労働省に届出を行った事業者は、
株式会社ステムセル研究所、株式会社アイルの2社です。


詳細については、以下の通知及び厚生労働省のホームページをご覧ください。

臍帯血プライベートバンクを利用する再生医療等提供計画の添付書類に関して(PDF:79KB)

臍帯血プライベートバンクの業務内容等に関する届出及び報告に係る実施要領(PDF:331KB)

厚生労働省ホームページ臍帯血関連情報(外部サイトへリンク)

この件に関する問合せ先

厚生労働省医政局研究開発振興課

電話03-5253-1111(内線2587)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 消費者を蔑ろにする臍帯血バ... | トップ | 再生医療等提供計画さえだせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事