臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

「知る権利」と憲法21条の「表現の自由」

2018-10-18 13:21:55 | 日記
ありがとうございます。


残念ながら
民間臍帯血バンクが破綻すれば
どうなるかを知りつつも、
本社もなく、保管所も賃料滞納、
破綻状態のシービーシーと共謀し
同社の実態を故意に、キチガイらが
隠し、健全に存在するかのように
見せかけていたため
未公開株詐欺被害者は増えたかも
しれませんが、
投稿により、
臍帯血保管の被害者拡大は
防げたと思っています。

私は沢山の証拠があります、
誰もが被害者となり得る
企業の不正、
発信しなければ
なお罪ではないかと
思います。







憲法入門】テーマ「知る権利」と憲法21条の「表現の自由」

公務員試験頻出科目「憲法」と関わりのある「知る権利」についてです。
「知る権利」とは国民が情報収集を国や公共団体の権力に妨げられるこ
となく自由に行える権利であり
、国家に対して情報の公開を請求する
ことができる権利でもあります。
これらの権利は憲法21条の
「表現の自由」として保障されています。





アクセス権 (知る権利)

アクセス権(-けん)とは、マスメディアに対して個人が意見発表の
場を提供することを求める権利。
反論記事の掲載要求(反論権)や紙面・番組への参加などがこれにあたる。

表現の自由の延長線上としてとらえられる比較的新しい概念である。

アクセス権、すなわち本来の意味は「入手・
利用する権利」であり、これは非常に広汎に用いられる言葉である。
そのため多義に解される用語であるが、
日本において多く語られるのはマスメディアへの
アクセス権である。本項ではこれについて扱う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 甲17 FGKさい帯血バン... | トップ | 臍帯血保管者は知る権利があ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事