臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

池袋がんクリニック 『さい帯血幹細胞移植療法』<

2017-08-31 09:57:17 | 日記


「池袋がんクリニックの『さい帯血幹細胞移植療法』

池袋がんクリニックの資料には

当院は、一般社団法人さい帯血協会に所属しております
保管状態は万全の体制をとっており、現在まで800件の実績
ある中で、有害事象など何らかの不都合な事象が起こったことは
1件もありません。


医療法人輝鳳会 池袋クリニック

所在地: 〒171-0022
東京都豊島区 南池袋1丁目25-11 第15野萩ビル7F
0120-582-820‎








さい帯血幹細胞移植療法|がんの治療症例が多数ございます。
•池袋がんクリニック
•無料相談・お問い合わせは0120-582-820 
【受付時間】月曜~土曜/9:00~18:00
•無料相談のお申込みはこちら
•資料のご請求


•「あきらめないガン専門クリニック」として、進行ガンを積極的に治療します。

•無料相談について
•お問い合わせ
•サイトマップ
•ホーム
•免疫細胞療法とは
•治療効果
•治療費用
•著効例
•有効症例
•クリニック紹介
•よくあるご質問




さい帯血幹細胞移植療法

白血病、骨髄異形成症候群の患者様に朗報!! さい帯血幹細胞移植療法

当院は「あきらめないがん治療」のもと、がんの部位・進行度に関係なく、
副作用がほとんど無い、身体に負担の少ないがん治療を提供しております。

「高活性化NK細胞療法」は、ご自身の免疫細胞、特にNK細胞を活性化・
増殖させ、ご自身に点滴で戻す治療法ですので、ご自身の血液ががんに
侵されている白血病や、ある種の悪性リンパ腫などは、血液中のリンパ球を
増やすことによって返って悪化させるリスクがあり適応外ということがありました。
そこで、白血病でも効果が期待できる「さい帯血幹細胞移植療法」をご提案いたします。

さい帯とは、赤ちゃんと胎盤を結んでいるへその緒のことで、
このさい帯には血液が満ちており、その血液中には、
造血幹細胞がたくさん存在します。

さい帯血には、骨髄と同じように、健康な赤血球や白血球、
血小板などの血液を作り出す細胞(造血幹細胞)も豊富に蓄えられているために、
白血病や、再生不良性貧血、免疫不全症、遺伝病などの血液の難病に苦しむ人たち
に移植することにより、その治療に役立てることができ、
1993年以降は白血病などの血液疾患患者への移植医療に広く
用いられるようになりました。



saitaiketsu_
01 白血病は、「血液のがん」ともいわれ、遺伝子変異を起こした造血細胞
(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖して正常な造血を阻害し、
多くは骨髄のみにとどまらず血液中にも白血病細胞があふれ出てくる血液の疾患です。
治療は抗がん剤を中心とした化学療法と輸血や感染症対策などですが、
難治例では骨髄移植や、さい帯血移植などの造血幹細胞移植治療も行われます。

骨髄移植は、白血球の血液型であるHLA型が、
ドナーと移植対象患者との間で完全に適合しないと拒絶反応、GVHD(移植片対宿主病)
が起きるため、骨髄移植はできません。完全一致のドナーを見つけるのは困難で、
見つかるまでの長期間、治療ができません。
骨髄移植ではHLA型が適合して移植が可能になる確率は、
同父母の兄弟姉妹間で25%、非血縁者間では数百?数万分の1といわれています。

それに比べ、さい帯血からの造血幹細胞移植はHLA型が6座のうち4座以上が
適応すれば治療可能となり、ほとんどの患者様にお待たせすることなく移植が可能です。
骨髄や動員末梢血幹細胞に比べると造血幹細胞の数が少なく、
生着率が悪かったり造血の回復が遅いデメリットはありますが、
適切に保存された臍帯血は、短期間で移植が可能で、造血幹細胞が一旦生着し
安定した造血が始まると、骨髄や動員末梢血幹細胞による造血よりも、
移植片対宿主病(GVHD)が少ないメリットがあります。
移植片対宿主病(GVHD)が少ない為にHLAが完全一致でなくても移植が可能なのです。

胎児や、子供の身体には、この幹細胞がたくさん存在するのですが、
老化と共に減少し、臓器や組織が傷ついたり突然変異を起こしたりしても、
その修復や入れ替えが追いつかなくなり病気が発症する可能性が高まります。

しかし幹細胞を移植することにより、修復が可能になり、白血病、
再生不良性貧血、骨髄異形成症候群にも効果が期待できます。

IMG_0359
2006年には秋篠宮妃紀子様が悠仁親王を出産された際に悠仁親王の臍帯血を
公的バンクの一つである東京都赤十字血液センターさい帯血バンク
(2012年現在の日本赤十字社関東甲信越さい帯血バンクの前身)に提供されています。

当クリニックでは、さい帯血移植療法で造血幹細胞移植を行うことで、
身体にやさしい治療、あきらめない治療を積極的に行っています。

<あきらめない治療>
当院では個別無料相談を行っています。
ご本人様、またはご家族だけでも大丈夫です。是非ご相談にお越しください。

※この治療法は、1980年代前半に臍帯血には造血幹細胞が含まれることがわかり、
1988年、臍帯血を使った最初の移植医療
(Gluckman博士らによるFnconi貧血児への移植)が行われ、
その後各地で臍帯血バンクが設立され1993年以降白血病などの疾患への
移植医療が各国広く用いられるようになっています。

治療費用
単価(税別)
備考

臍帯血由来幹細胞基本検体
¥1,900,000 有核細胞数 4億個未満

グレードC1
¥2,600,000 有核細胞数 4億~7億個未満

グレードC2
¥3,100,000 有核細胞数 7億~10億個未満

グレードC3
¥4,100,000 有核細胞数 10億個以上

HLA遺伝子型検査
¥50,000 検査期間、約1週間

※HLA遺伝子型検査後、患者様に適応した臍帯血中の有核細胞の数によって、
価格が決まります。
ご相談ください。

ページトップへ

池袋がんクリニックでは無料相談会実施しております
•お電話でのお申込・お問い合わせは…0120-582-820
•ホームページからのお申込は…お申込フォーム
•資料のご請求お問い合わせはこちら

•がん治療でお悩みの患者様・ご家族の方へ 無料相談のお申込み
•資料のご請求はこちら…
•あきらめないがん治療
•第4の治療法 免疫細胞療法とは
•無料相談・お問い合わせは…0120-582-820 

【受付時間】9:00~18:00(日祝を除く)
•免疫細胞療法とは…
•免疫細胞療法の種類と比較
•治療の流れ
•治療メニュー
•高活性化NK細胞免疫療法
•樹状細胞療法
•活性化リンパ球療法
•自家がんワクチン療法
•トモセラピーパッケージ
•自律神経免疫療法
•超高濃度ビタミンC点滴療法
•さい帯血幹細胞移植療法
•サプリメント療法
•がん免疫ドック
•がん遺伝子検査
•当がんクリニック・グループにおける培養施設のご案内
•当クリニック著効例集
•当クリニック有効症例集
•抗がん剤治療との併用をおすすめする理由 詳しくはこちら
•手術の前後にNK細胞療法をおすすめする理由 詳しくはこちら
•トモセラピーと免疫細胞療法との併用の必要性
•横浜クリニック 0120-832-320 JR横浜駅 徒歩7分
•MR21 点滴療法研究会
•あきらめないがん治療 第4のがん治療「免疫細胞療法」とは
•がんと生きる!あきらめないがん治療クリニック



池袋がんクリニック

•免疫細胞療法とは…
•免疫細胞療法の種類と比較
•治療メニュー
•治療効果
•治療費用
•治療の流れ
•クリニック紹介
•よくあるご質問
•高活性化NK細胞免疫療法
•樹状細胞療法
•活性化リンパ球療法
•自家がんワクチン療法
•トモセラピーパッケージ
•自律神経免疫療法
•超高濃度ビタミンC点滴療法
•さい帯血幹細胞移植療法
•サプリメント療法
•がん免疫ドック
•がん遺伝子検査
•著効例
•有効症例集
•抗がん剤治療との併用
•手術の前後にNK細胞療法
•無料相談会について
•お問い合わせ
•サイトマップ
•プライバシーポリシー





臍帯血販売業者と医師ら逮捕 無届け治療に関わった容疑

2017年8月27日11時40分


写真・図版
医師が逮捕された表参道首藤クリニック=27日午前、東京都渋谷区


 全国のクリニックで他人の臍帯血(さいたいけつ)を使った
再生医療が国に無届けで行われていた問題で、愛媛、高知、茨城、
京都の4府県警の合同捜査本部は27日、
臍帯血をクリニックに販売した業者や実際に治療にあたった医師ら
計6人を、再生医療安全性確保法違反容疑で逮捕した。
同法違反容疑での逮捕は全国初という。


臍帯血販売業者を逮捕へ 無届けの治療に関わった疑い


 逮捕されたのは、臍帯血保管販売会社「ビー・ビー」
代表の篠崎庸雄容疑者(52)=茨城県つくば市
▽篠崎容疑者の妻の信子容疑者(50)=同
▽臍帯血卸売会社「レクラン」(閉鎖)
元代表の井上美奈子容疑者(59)=
福岡市西区▽レクラン元社員の小谷治貴容疑者(36)=同
▽「表参道首藤クリニック」院長で医師の首藤紳介容疑者(40)
=東京都品川区
▽一般社団法人「さい帯血協会」
理事の坪秀祐容疑者(60)=大津市=の計6人


 臍帯血は赤ちゃんと産婦をつなぐへその緒や胎盤に含まれる血液で、
血液細胞の元になる幹細胞が含まれている。2014年に施行された同法で、
15年11月以降に他人の細胞を移植する際に国へ治療計画を提出することが
必要になった。違反した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。

 合同捜査本部は、無届けで治療したとして首藤容疑者を逮捕するとともに、
販売業者が全国のクリニックの無届け治療に関わったとして、
同法違反の共犯で立件したという。

 捜査関係者によると、無届けで移植された臍帯血は、
09年に破産した民間臍帯血バンク「つくばブレーンズ」
(茨城県つくば市)が保管していたもの。バンクの株主だった
篠崎容疑者が代表を務める「ビー・ビー」が約800人分の臍帯血を入手し、
坪容疑者側に約200人分、井上容疑者側に約100人分を販売。
坪、井上容疑者はさらに東京や大阪などのクリニックに臍帯血を転売していたという。

 この問題では、厚生労働省が5~6月、東京、大阪、愛媛、福岡の
民間クリニック12施設が15年11月~17年4月、
がん治療やアンチエイジングなどの目的で他人の臍帯血を無届けで移植
していたとして、再生医療を一時停止する緊急命令を出した。
命令前に計画を届け出るよう指導したが無届けのまま治療を続けていた
クリニックもあり、厚労省は今月25日に複数のクリニックを
同法違反容疑で合同捜査本部に刑事告発していた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 臍帯血バンク 再生医療を謳... | トップ | 日本の、民間臍帯血、終わっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事