臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

(平成26年4月21日)ではCBCに関する詐欺事件とかいてあります。

2018-07-04 06:35:08 | 日記
ありがとうございます。
知っていたようです。



株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
ホームページより。



株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ(略称 FGK)
に対する訴訟の提起及び同訴訟の結果について


平成26年4月21日、「株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
(略称 FGK)及び代表窪田好宏に対するインターネット上の名誉毀損について」
においてお知らせ致しましたとおり、平成24年ころ以降、
インターネット上において、株式会社CBCに関する詐欺事件に弊社
若しくは株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
(略称 FGK)代表窪田好宏 が関与をしている旨の記述がされるようになり、
かかる事実に反する名誉毀損行為により
株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
(FGK)及び代表者窪田好宏はその名誉を著しく
毀損される被害に遭っております。



株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ(FGK)は、
平成25年3月、かかる虚偽の事実の記載を見て
株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ(FGK)が
株式会社CBCに関する詐欺事件に関与をしたものと誤信した者から、
横浜地方裁判所に対する訴訟を提起されました。
当該訴訟において、株式会社CBCに関する詐欺事件の被害者と
されている原告は、株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
(FGK)が当該詐欺事件に関与をしており、
株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ(FGK)も
当該詐欺事件の責任を負うべきとの主張をしておりました。



しかしながら、株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
(FGK)としては、株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
(FGK)及び代表窪田好宏が株式会社CBCに関する詐欺事件に関与を
した事実は一切なく、
原告の主張は事実に反し全く理由がないものである旨の反論を行いました。



その結果、原告は、平成26年1月、弊社に対する本件請求を放棄しました。
なお、請求の放棄とは、原告の被告(弊社)に対する請求権が存在しないこと
を原告自身が訴訟上認めるという手続であり、被告(弊社)の
完全勝訴判決が確定するのと同一の効力を有するものです。



株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ(FGK)としては、
株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ(FGK)及び
代表窪田好宏が詐欺事件に関与した事実は一切なく、
上記結果は当然のものと認識しております。

(平成26年4月21日)







さい帯血BANKの
株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
準備書面1
27年1月31日

ー7-ページ

株式会社CBCが未公開株詐欺を行っていたことは不知。






株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
代表窪田好宏本人尋問
27年9月2日


M
あなたはCBCが未公開株詐欺をしていたどうかは、今でも分からない
ということですか。
K
分かりません






株式会社フューチャーイング・ゲート・クボタ
甲第20号証
陳述書
平成27年4月23日
全11ページ


東京地方裁判所民事部44部いB係
住所 東京都世田谷区成城4-33-6-213
氏名 窪田好宏 印



第6 最後に
委譲に述べたとおり、ファックスや電話による業務妨害及び
インターネットでの書き込みに起因して、当社及び私には多大な
損害が発生するに至っており、それは現在進行形でさらにその被害が
ひろがろうとしています。
ネットの世界は恐ろしいものであり、多くの利用者が検索サービスを
使って検索することによって、事実無根の書き込みを容易に読むことが
でき、そのため、当社や私が詐欺集団の一員であるかのような言説が
溢れているために、当社の信用は完全に失墜させられるに至っております。
そもそも(株)CBCの未公開株問題については、それがあるかどうかも
当社は全くわかりませんが、あったとしても当社が
(株)CBCとかかわるようになる以前のことでありますし、

(株)CBCと(株)CBCサポートは全く別会社ですので、
本件の書き込みが事実無根であることは明らかです。
どうか、裁判所におかれましては、当社及び私の
切実な現状を理解して頂き、





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 認識しているときわメディッ... | トップ | ときわメディックスの保管臍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事