差塩と趣味の世界

故郷 福島差塩の想い出と徒然なる盆栽奮闘記

老いては子に習え

2014年11月30日 | 日記

 帰省時のドライブレコーダーの編集をこれまでのソフトで試みたが上手くいかない。性能をアップした製品をIさんから紹介され、パワーディレクター4を早速息子に購入を依頼し昨日パソコンに取り込んでもらった。あの町、あの村が流れるように記録されているのを、遠い想い出を辿りながら編集に挑戦しよう。子に教わりながら、、。

 昨日はまた、母の呆け防止用とパソコンに続いてipadをプレゼントしてくれ、いろいろ教えていたようだ。夫婦ともども当に老いては子に習えである。頼むよ!

 

コメント

ネットがつながらない!!

2014年11月29日 | 日記

 ブログを書こうとパソコンを立ち上げたが、ネットが繋がらない。やむを得ずwimaxを兄から借りて書くことにする。

 落ち葉も桜、ドウダンツツジ、梅と少しずつ散る時期がずれて今は藤の古木が散り始めた。柏のようにゆずり葉ごとく春まで散らないものもあるが、山と散る落ち葉掃きも間もなく終わる。ひと月弱のお勤めからも解放される。煩わしさはなくなるが、季節の移ろいに一抹の淋しさが、、、。

コメント

編集会議

2014年11月28日 | 日記

 語る会も四回を重ねそろそろ執筆内容の検討にかかることにし、昨日第二回編集会議を開いた。さまざまなジャンルの中から昨日は、戦争と教育について執筆事項を検討する。

 考えてみるとあれもこれもと載せたいが、限りあるページ数などで吟味しなければならない。何しろこうしたことには素人集団故回り道も多い。一老人会の事業としては荷が重いなどと思いながらも、先輩諸氏の貴重な体験をなんとしても諸兄の知恵を拝借しながら纏めていかなければならないと、、、。

 

コメント

一葉のはがき

2014年11月27日 | 日記

 昨日一通の葉書が届く、それが50年も前の世界に舞い戻らせる。

 長男が誕生したころ借家住まいであった。何かと面倒を見てくれたKさん宅に、よく赤子を連れてもらい風呂にいったり、ひと月も入院した時などは子供を預かって頂いたりして、大変お世話になった方である。その後転勤で離れてしまい、いつしか時の流れとともに賀状のやりとりだげになってしまったが、、、。

 そのkさんの娘さんから父が夏に旅立たれたとの賀状欠礼の知らせである。昨今、家族葬なるものが行われるようになったが、礼を込めてお見送りできなかったのが残念である。

 折を見て訪ね、仏前に欠礼のお詫びと子供の近況など報告しよう。若気の至りで甘えだけであったことを詫びながら、、、。

コメント

晩秋の雨

2014年11月26日 | 日記

 昨日に続いて今朝から冷たい雨、庭の紅葉もこの雨でかなり散ってしまうだろう。健康のためのウォーキング今日も中止か。身体を動かさないと体調も、、室内での運動でも考えるか。

 ところで昨夜、防犯防災委員会があり、空き家・空地の問題や防犯に関する情報交換が行われた。こうした地道な活動が地域の安全・安心のために役立つことを願う。

 今日もまた、駐在さんとの懇談会に出席するよう案内が来たので出かけるが実のある会にしたいものである。

コメント

高幡不動の紅葉

2014年11月25日 | 日記

 昨日は5人組で多摩丘陵へトレッキングに出かける。多摩丘陵も宅地化の波が押し寄せスプロール化で豊かな自然が多く失われ、嘗ての緑豊かな丘ではなかった。

 そんな中、回廊のごとく残された自然路を紅葉を愉しみながら高幡不動金剛寺へと歩く。とりわけ金剛寺の裏山は山もみじの色がさまざまな紅葉で彩られ見事であった。語らいとともに自然が織りなす美を堪能することができた。

 散会はいつものように酒席へ、健やかに次回の集いを約束し帰路につく。

 

コメント

人間万事塞翁が馬

2014年11月24日 | 日記

 昨日の「語る会」では、人間万事塞翁が馬のような体験をされた方の話があった。戦争末期の疎開先での話である。

 広島近郊に疎開していたとき学校で怪我をし、あの8月6日登校しようとしたが傷の痛みに耐えかね途中で自宅に帰っていたその時あのビカドン、登校していた同級生が全員即死、、、一人生き残ったという。その後の悲惨な光景を目にした体験も話された。

 会を重ねるたびに貴重な話が、しかも身近な方々から聞けるのは有難い。

コメント

みかん狩り

2014年11月22日 | 日記

 間もなく卒寿を迎える兄の家へ、みかん狩りにチビ孫を連れて行く。たった2本の木だが例年たわわに実らせている。

趣味の園芸も兄に学んだようなものだが、見習うことの多い兄である。

 さて、今日は第4回目の「語る会」である

 昨日、戦災を体験した方から老人会に入会していないが「参加してもいいか」との問い合わせあり大歓迎、語る会の輪を大いに広げたいものである。今日は、主に戦中・戦後の教育について語り合おうと思っている。

 

コメント

木枯らしはまだだが、、

2014年11月22日 | 日記

 朝のお勤め、道路掃除もだいぶ楽になってきた。散る落ち葉も少なくなってきたからである。しかし、一たび木枯らしが吹けば狭山丘陵の林から一山の様に舞ってくれる。そんな時は大変だが、それだけ自然豊かな地であるということだ。

 そんな環境に気に入って移り住むこと40年、落ち葉掃きは我が家の歳時記の一つである。才があれば一句詠むことが出来るのだが、、、。

コメント

松を彩る

2014年11月21日 | 日記

 久しぶりの大雨、乾燥しきった庭はしっとりとしていて気持ちがいい。松の木に這わせた蔦は、朝日に映えて歌ではないが黒松を彩るかのようだ。今年は虫に痛めつけられることもなく綺麗に紅葉した。

 ところで昨夜は、旅の睡眠不足を一気に解決したかのようにぐっすりと眠ったせいか今朝は頗る快調、睡眠の大切さを改めて知る。旅の会計報告や写真をプリントしたので早速送ろう。

コメント