差塩と趣味の世界

故郷 福島差塩の想い出と徒然なる盆栽奮闘記

一夜にして

2012年02月29日 | 日記・エッセイ・コラム

1jpgsss 1jpgqqq 一夜にして銀世界よく使われる表現であるが、今朝雨戸を開けると当にその言葉通りである。懸崖に伸ばした梅の枝にも雪が積もり満開の花が咲いたように見える。しかし、ようやく開花した花が痛めつけられないか心配である。

春の淡雪となって早く消えてくれればいいのだが、、。

コメント

ブーゲンビリア咲く

2012年02月28日 | 日記・エッセイ・コラム

1zzzzzz 年数回(管理が行き届いての話だが)咲いてくれるブーゲンビリア新葉を伸ばしながら今春も咲き出した。数ある中で包葉がオードソックスの鮮やかな色の種である。木を縛り付けているのは樹形を整えるためでいじめているわけではない。陽あたりが花芽を沢山つけるのでそうするために初めて試みた。二度目の花付きを楽しみに、、。、

コメント

雪割草

2012年02月27日 | 日記・エッセイ・コラム

Jpgaaaa 昨年は失敗した雪割草、今年は遅蒔きながら一株のみ開花してくれた。別の品種は咲きようにない。雪割草は交配種が沢山作られ花の色も鮮やかなものも多い。園芸展では「これが雪割草?」と言うようなものも売っている。我が家のは原種に近いもので園芸店では人気がない。今年こそ株分けして大きな花を、、と考えている。花の時だけではなく目を注いで。

コメント

意地悪な奴

2012年02月26日 | 日記・エッセイ・コラム

1玄米を擦った糠を庭に撒いたところ毎日のようにスズメやヒヨドリが食べに来る。観察していると先ずはヒヨドリが時間をかけてゆっくり食事をする。周りにはスズメたちが早く、早くとまっているが、悠然と済ませその後近くの枝に留って 見張りし意地悪しているのである。スズメが近づくと「俺の餌場を荒らすな!」と言わんばかりに追い払うのである。そんなことを見ていると彼らもどこかの世界と同じだなと思うのである。ガラス越しの写真不鮮明

コメント

ようやく咲いてくれた

2012年02月25日 | 日記・エッセイ・コラム

1 シンビジューム大きな株で育てていたが、その割りに花芽が付かないので昨秋株分けした。その中の1株が花芽を5つつけて花茎伸ばした。しかし、なかなか開花しないので心配していたところ昨日咲きはじめた。花芽の数も少ないし開花する時期も遅い。勉強することが多いな。

コメント

越冬サルビア

2012年02月24日 | 日記・エッセイ・コラム

1  初秋の頃、こぼれたサルビアの種が発芽し青々とした葉を出した。しかし、やがて霜に痛めつけられ枯れてしまので試みに鉢に植え室内で育てていたところ花をつけてくれた。越冬サルビアである。暖かくなったらまた庭に植えてやろう。大きくなるかな?

コメント

ようやく開花

2012年02月23日 | 日記・エッセイ・コラム

1jpgaaaaa_2   このところの暖かさで我が家の早稲の白梅がようやく開花し始めいい香りを漂うようになった。豊後系や紅梅は、まだ蕾だが間もなく咲き出すだろう。

今年は昨年に比して、花つきが多く豊作になりそうだ。例年、梅酒等をつけて愉しんでいる町内の方から早くも予約が入る。

コメント

思い込み

2012年02月22日 | 日記・エッセイ・コラム

 昨日の珍道中の一こま、M・Y駅に集合のメールがY君は思い込みでH・Y駅と頭の中で解釈しひとりH・Y駅に行く。誰もいないので帰宅したとのメールが自宅パソコンから発信し道中で届く。(彼は携帯を未だ持ってない) 私どもの齢を重ねた者に良くあることなので笑いない。メールの字図らを読んでも頭の中では思い込みで別の場所をインプットされてしまうのである。次回は前日にもう一度確認のメールを送ることにしよう。へこんでいる彼のために次回の集いを早めに計画しよう。

コメント

遠足気分?

2012年02月21日 | 日記・エッセイ・コラム

 仲間たちとの2千メートル級の山登りもあったが、近年は野山のトレッキングが多くなった。膝や腰に疾病を抱えるようになった友も増えたためである。今日は、ウォーキングを愉しもうと計画し連絡したところ、仲間全員の参加、嬉しい限るである。目的地を温泉(かたくりの湯)として遠足気分で歩こうと思っている。どんな珍道中になることやら、、。

コメント

2012-02-20 07:40:55

2012年02月20日 | インポート

1 昨秋、庭の隅で絶えてしまったと思っていたニオイスミレ1株だけ見つけ大事に可愛がっていた頃、1輪だけど咲きいい香りを放っていたので部屋に入れてみた。春になったら、沢山咲かせて芳香漂うよにしたいので根伏せや葉ざしで増やしてやろう。それにしてもいい香りだ。

コメント