差塩と趣味の世界

故郷 福島差塩の想い出と徒然なる盆栽奮闘記

可愛がれば、、

2012年01月31日 | 日記・エッセイ・コラム

1 ランの仲間は、綺麗な花をつけたものを買っても次の年にも咲かせることはなかなか難しい。

 しかし、日々愛情を持って目をかければ報えることを知る。こんな小さなコチョウランでもしっかり花茎を伸ばし始めた。楊枝に比してご覧下さい。その伸びは遅々としているが、開花が楽しみである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

室町文化?

2012年01月30日 | 日記・エッセイ・コラム

1昨日は、兄に進められて、能狂言鑑賞のため「ルネこだいら」に出かける。初めての観劇、予備知識もないままの鑑賞は相当の忍耐力が要求された。第一室町時代の言葉を独特の表現(謡曲)でされるので通じない。また、仕舞も仕草も、何故そうなるのか、その文化的知識がないものにとっては理解しがたい。これらは自分の素養のなさによるものだが、、、。

しかし、伝統文化を支えておられる、それを生業としておられる方々に感謝し劇場を後にする。外は寒風、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

氷筍

2012年01月29日 | 日記・エッセイ・コラム

1_3Dsc01826 昨日、手作りの水禽窟にかわいい氷筍が出来ていたが今朝は完全なツララになっていた寒いわけだ。

 ツララと言えば吹雪の翌日、屋根から丸太のようなツララ(田舎ではシガンボウといっていた)が出来ていたのを思い出す。暫くは辛抱、辛抱、鉢植えのフリージア葉は伸びているが花芽は見えず、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒々と

2012年01月28日 | インポート

1

1_2

このところの寒気団なかなか去ろうとしない。今朝も池一面凍結している。寒いわけだ。咲きかけた梅も一輪のみであとが咲く気配ない。やはりこの寒々とした中では無理かな。

田舎の知らせ帰郷できないのでKのお悔やみは甥に頼む。申し訳ない。幼き日々を語り合う者がまた一人、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甥からの知らせ

2012年01月27日 | 日記・エッセイ・コラム

 田舎の実家から電話があり「Kさんが旅たった」とのこと。親戚のKは弟のような存在で、一昨年帰省した時の会話が今生の別れになるとは可哀想でならない。合掌。近くの家屋敷の先輩たちの別れとは、また別の想いがある。

 帰省しても想いを共有できる方々がいなくなり今浦島のような心境である。生々流転、これもまた人生。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ本届く

2012年01月26日 | 日記・エッセイ・コラム

Dsc00748_2 昨年一年分、第三巻になるが息子から送られてきた。表紙には孫たちの活躍の一面を載せた。捲って改めて読み直してみると他愛のないこともあるが、これもまた自分史の一部である。今年も休まず記していこう。呆け防止をかねて、、。アクセス者からの指摘をきたいして、、甘いかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い朝

2012年01月25日 | 日記・エッセイ・コラム

1 大きな池も一面の氷、寒波はまだ去りそうにもない。しかし、この寒さにめげずパンジーなどは元気に咲いている。一夜にしてこの寒さなら彼らも枯れてしまうだろが、秋から寒さに耐えるような植生になっているからだろうな。本当に感心する。庭木の樹木もそろそろ水を吸い上げ目には見えないけれど芽吹きの準備していると思うと嬉しくなる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一夜にして

2012年01月24日 | 日記・エッセイ・コラム

1  昨夜来の雨が今朝雨戸を開けると雪景色、予報通りであるが一夜にして庭の景色が、、。道行く車は凍結した雪道を聞きなれない音を立てて走っている。今日の出勤は車にすべきか、チョコバスすべきか、それとも徒歩にするかハムレットの心境である。

それにしてもNHKのメインニュース、東京の降雪をかなりの時間を割いて大きく報道している。雪国の方々はどう聞いているのだろうかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わが街でも

2012年01月23日 | 日記・エッセイ・コラム

1 近所の空き地が72坪と60坪に二分化され、工事が始まったと見ていたら工期が早く、昨日から発売されていた。どちらも30坪近くの建物面積で値段を見て驚く。いずれも3千万円半ばの売値なのである。バブル期の土地の値段にも達しない。

 バブル期に設けた我が家などの資産価値は相当の目減りしているのだろうな。バブル期に踊らされたわが街、一時は1億円などと噂が立ったこともあるが、、、。

  緑の槇も松も葉を色は冬用に?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

押しが弱い

2012年01月22日 | 日記・エッセイ・コラム

Dsc00728aaaa ブログを見た娘から「欠陥品の血圧計返したら」との電話、考えても見なかったが助言を得てK店に出かけ返品を申し出る。店員はのらりくらり、もともと押しの弱い正確で問答が苦手、、、そうこうしていると「別の製品と替えるならば」とのこと、止むを得ず他社のもので計測してみて納得し交換して帰る。時には頑張って見るものである。

 その血圧計で測った今朝の数値は134-81

寒さの中でようやく咲いた椿、花びらが寒さで痛んでいる。かわいそうに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加