テーブル塗り替え 家具修理 補修 リフォームの彩生工房 ちょき

心象風景を綴ります。 日々の出来事、仕事のこと、技術的なことも 改めて紹介していきます。

吹田市は何もしてくれないことになった

2020年05月22日 14時40分32秒 | 道標
火事のこともあるしな

もし貰える手当てがあるなら欲しいし

吹田市に問い合わせてみた

幾つかの補助金と支援金みたいなのがあったけど

木製品の補修業というくくりでは

何も支援してもらえないらし

がっかりした


飲食店とか?サービス業とか

なんか対象は色々あるらしけど

対象外やて

あんな

サービス業て調べてみ

特定の技術を使ってサービスする職業みたいに書いてある

ほんなら

ほんまはサービス業て

めちゃめちゃ多いん違うん?かな?

間違えてんのかな?‥


文章とか法律とか

解釈の仕方で変わるよね



やっぱ何もないよねって再確認しただけ


個人的な意見ですが

特定の業種だけを救済しようとする

その決定は

どうやって行われたんやろか

休業要請したから

それはわかるけど

休業要請して休業するとこあって

得意先が休みやから仕事が無くなったてとこは多いやろし

外出自粛やとか

職場や近隣で感染者が出てとか

コロナで影響を受けている人は

他にもおるやろしな

うちだけやないし

たぶん

他の業種でも困ってる人おるやろに

なんか

よぉわからん


なんで

これとそれとあれとって

限定的に助けようとするんやろ


わからん


今度、大阪府が

休業要請外の業者にも支援策を出すらしい

要件を満たせるかは

わからないけど

有難い話です

資本主義社会やし

ほんまは自己責任でもあると思う

蓄えて危機管理せなアカンのやろし

今回のことに限らず

災害やったり

いろんなアクシデントが社会には起きるわけです

ほんまは自分で何とかせなアカンのやろなて思うけど‥


とにかく

まあまあ暗がりを歩いてるんやろけど

自分の中の灯火は

足下は照らしてるわけで

その灯火がある限り

なんとかなるかな

そんな感じです。







コメント   この記事についてブログを書く
« 他人の心配をしている場合じゃない... | トップ | 帯に短しタスキに長し »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。