ちょき

心象風景を綴ります。 日々の出来事、仕事のこと、技術的なこと 改めて紹介していきます。

心洗われるような月でした

2020年12月01日 09時29分57秒 | 浄玻璃の鏡
昨夜の月は神聖な光を放つように思えた

美しかった

不浄なもの邪なものを寄せつけぬよつな力強さと清々しさが光になったようで


さて

政府のキャンペーンがコロナ拡散の要因になったかどうか議論されています?

科学的に証明されないと断定できないのでしょう

その期間

キャンペーンで動いた人がコロナになれば断定できるのか?

そもそも自粛気味に行動を控えていた保菌している人が出歩いたと証明できれば断定できるのか?

自覚症状の少ない人が
いつも通りの数だけ外出したとして

人と出会う数が多いか少ないか


思うに

キャンペーンで外出する人数が増えたことが原因だということは明らかでしょう?

根拠がどうとか

警察の取り調べじゃあるまいし

これは状況証拠だけで事足りる


何故

コロナ患者さんが増えたから営業時間短縮とか休業要請とかする?

人が接する機会が増えることが

コロナ拡散の原因となるからですよね

ならば

人の接する機会が増えるキャンペーンは

コロナが拡散する原因になるということでしょう

税金を使って

政治家が

くだらないことを言い合う

うんざりします

世の為

人の為に尽くすということは

どんなことなのでしょう

幕末に働いた人たちや

戦争に行かされて亡くなった人たちは

いまを

どう思うのでしょう

あの坂本龍馬の言葉を思い出す

日本を洗濯し候


月が

洗ってはくれないものかと。




コメント   この記事についてブログを書く
« またやってもた | トップ | 大阪は山の向こう »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。