サイババが帰って来るよ

Count down to the Golden age

今日の一曲シリーズ【21】私は誰?

2018-04-17 04:00:55 | 日記

ポニョ:今日の曲は、僕は何処?ここは誰?というタイトルやったっけ?

ヨシオ:ボケないでくれますか。「私は誰?」というタイトルや。この曲をカラオケモードにしたら、元の歌が全く消えてしまったので、歌詞だけ見ながら歌うのはめちゃ難しかったんや。何度も諦めたけれど、原曲を何度も聞いて元のメロディーを覚えてやっと録音出来たんや。苦労した曲やったな。三日かけて録音出来たんやで。歌詞も長いし。

ポニョ:と言いもって楽しんでいるやおまへんか?
でも自分は一体誰なのか?という永遠の人類に課せられたテーマを歌にするって大胆不敵な奴や。

ヨシオ:なんでやねん。聖者ラマナマハリシさんも、常に自分は誰かを問いなさいと教えて来た人やったよな。

ポニョ:そうそう。ラマナマハリシが亡くなった時に、サイババさんは近くのヴェンタカタギリの宮殿の廊下を歩いておられたけれど、突然意識を失い廊下に倒れたと思ったら、一メートルほど宙に浮かんで体に亀裂が入り、そこから大量のヴィブティが吹き出して来たんや。王子達がそのヴィブティを集めるのが大変だったというエピソードを以前紹介したぜよ。

ヨシオ:あれはオカルトの世界やな。今思い出した。という事で、聴いてください。「私は誰?」です。
https://m.youtube.com/watch?v=cqHYXxW7R6c

【私は誰?】

自分の事を 何も知らずに
あなたは誰か と問う

生命は 産まれた時に
与えられた もの

その前は 何処にいたのか
誰だったのか 分からないんだ

身体ではないよ
心ではないよ
五感でもないよ
自我でもないよ

自分が 身体だと 思い込んでいるから
自分が 誰か分からなく なるんだ
自分を 自我だと思い込んで いるから
ア〜この世に 執着して しまうんだ
そのせいで 生まれ変わる
ア〜何度も何度でも

(間奏)

自分が一体誰なのかも知らない
生まれた時から肉体の中にいた
今までずっとそうだった
お前は肉体ではないと言われても
受け入れられない
そんな事を
肉体が自分だと
思い 込んで 来たから
無理だよ

肉体は滅びる
五感もだ
魂もエゴを持ってる意識体
そのエゴを手離すんだ

外に神を探す代わりに、自分に内在する神を実感認識するよう努めなさい。自分の中で、自分は誰かを探しなさい。
自分を体と同一視してはなりません。この世の事項に囚われて葛藤したり、人に傷つけられて落ち込んだり、「私」と「あなた」という問題が起こるのは、自分を体と同一視しているときだけです。
不幸なことに、現代の人々は利己的な自分を忘れられずにいます。どこを見てもエゴだらけです。
世界には「私」の原理、つまり全ては一つであり真我「私」があるのみであり、それはすべてに存在しています。
ひとたび、同一の真我がすべての人の体に偏在していることを実感認識すれば、「私」と「あなた」の違いは消え去ります。
ところが、皆さんは体と同一視する事を手放すことができずにいます。生まれたときから自分を体と同一視することに慣れてしまっているからなのです。
そこから全ての悲劇が始まるのです。

肉体はやがて滅びる
H:エゴがあれば 生まれ変わる
魂にはエゴがある
ちっぽけなエゴを捨て去るんだ


魂は時を超えて
ア〜何度も生まれ変わる
ア〜お前は魂ではなく
エゴがない純粋な意識体だ
光 そのものなんだよ

いつまで経っても無知なまま
自分が誰かも知らない
生命だと思い込んでる
自我だと思い込んでる
肉体だと思い込んでる
心だと思い込んでる
五感だと思い込んでる
魂だと思い込んでる

ちっぽけなエゴを持っている
そのエゴを 魂から切り離すんだ
神に全てを委ねるんだ
お前が行為をしてるんじゃない
あの方がされている
全てをなされてる

無知な者
ちっぽけな
エゴがある
情欲もある
執着もある
嫉妬もする
羨望もする
おごりもある
怒りもある
憎しみもある

それだけあれば自分が誰だか
分からないのは当たり前だ

ハハハ 無知な者だ 自分を知らない
ハハハ 身体が自分だと思い込んでる

人に誰かと聞く前に
自分が誰かを知るんだ

深く 考えるんだ

エゴを持っている魂じゃない
光で包まれた純粋意識だよ
愛そのものだ
光そのものだ
神だ

https://m.youtube.com/watch?v=cqHYXxW7R6c