サイババが帰って来るよ

Count down to the Golden age

今日の一曲シリーズ【19】地球の仲間を殺めるな

2018-04-14 04:00:36 | 日記

ポニョ:今日の曲はタイトルから想像すると、菜食になりなさいというテーマの曲やね。

ヨシオ:というか俺たちのブログで何度も言って来ているけれど、この世界がメチャクチャなのは、人が牛や豚が
などを食する為に殺めているからなんや。
それはポニョが何度も説明して来たやろ。

ポニョ:もう口を酸っぱくするぐらい言って来たぜよ。牛や豚がその生の途中で殺されて、牛や豚としての徳を積めずに未熟な魂のまま人として生まれ変わって来るから、この世界に生まれ変わって来る人たちは、姿は人でも中身を伴っていないんや。
だからこの世界がモラルのないダルマからかけ離れた世界になってしまっているんやぜよ。

ヨシオ:という事を曲にしましたので、聴いてくださいね。
https://m.youtube.com/watch?v=Bd0qwuaQK2A

【地球の仲間を殺めるな】

オ〜〜オ〜〜
どうして人は 同じ地球の仲間を 殺めて食する のか?
同じ赤い血が流れてるのに
体だけではなく心の 痛みも感じてる

人として 生まれる前の記憶を忘れてしまったのか
忘却の淵に置き忘れ 去られたのか
人の前は動物だった事を
蹄(ひづめ)を持ち四つ足で歩いていただろ

飼い主に
可愛がられて
愛情豊かに
育てられただろう

家族の一員として
幸せだった
生を思い出せよ

(間奏)

いつからこんな
世界になったのか

家畜達が
肉の重さで
売られているよ

生命が
商品のように
扱われているんだ

生き物たちの
生命を
誰も尊重しない

まるで物を扱うように
殺めて売り飛ばされてる

彼らにも家族はいるんだ
心の痛みを感じてるのに
人に食される為に

この世に生を受けたんじゃないんだよ
生まれて来たわけがあるんだよ

(間奏)

思い出してご覧
お前が動物だった頃を
今でもその傾向を持っているだろう

牛だった者はプライドが高く
豚だった者は傲慢だ
羊だった者は何にでも盲従するだろ

思い出してご覧
蹄を持っていた頃を
お前も四つ足で
闊歩していたんだ

飼い犬だった者は攻撃的で
盗み癖がある者は
飼い猫だったんだ

全ての者は何らかの
動物だったのだ
食されるのに生を受けたんじゃないんだよ
生き物を殺めて食するから
未熟な魂が
人の体を取って
生まれ変わって来てるんだ


https://m.youtube.com/watch?v=Bd0qwuaQK2A