サイババが帰って来るよ

Count down to the Golden age

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

犬猫の生活は楽で良いな

2015-06-15 00:00:18 | 日記

今日どうして人口が爆発的に増大しているかと言えば、それは人々の誤った行為のせいである。
人々のその小さい胃袋を満たすために、神は沢山のものを人々に与えている。神は大量の米、大量のフルーツ、大量の小麦などを創造した。
これほど沢山の食料があるのに、人々は肉や魚を摂る。
そしてそれらのものを殺して食べて人の身体の中に取り込まれると、それらの魂は、人となって生まれ変わってくるのである。SSIB1977p,182


ポニョ:昨日は台湾の菜食レストランの紹介をしたけれど、世界中の国で菜食レストランが増えれば屠殺される動物の数も減って、人に食された動物たちの霊も浮かばれるのにな。

ヨシオ:霊も浮かばれるって、あんた、屠殺された動物たちの霊は、人の身体の中に入っていくって言ったやろ。浮遊霊になってそこら中にうろうろしているわけではないんや。

ポニョ:でも、人が自殺したり殺されたり事故にあったりすれば、その霊は元々の寿命が来るまでの間、しばらく地縛霊のようになるって言ってたぜよ。だから、屠殺された動物たちも次の身体を取るまでの間、浮遊霊になってウロつくんと違うのか?

すべての人間は、決められた寿命を持っています。
それは借家契約している家に住んでいるようなものです。
その家を出る前にあなたは新しい家を探さなくてはなりません。
同様に、人がその身体から離れる前に、その人のカルマに応じて神は別の身体と寿命を用意します。
もし、死が独断的に刑罰によってもたらされた場合、あなたは、カルマを支払って高いレベルの境地へ恒久的に行ける機会を逃すことになります。
自殺の場合は、あなたは中途で立ち往生した状態となります。
それは、あなたにとって恐ろしい状態となります。
この自然界には空白というものは存在しません。
神は、霊魂やその他の目に見えぬ霊体達でこの世界を満たしています。
自殺を図ると、それらの者たちがあなたのところにやって来るので、あなたは恐怖におちいるでしょう。
それゆえ、自分で神様から戴いた命を絶ってはならないのです。
正義に基づいて人生を送りなさい。
人生の中で困難にぶつかってもいつも神を思い、落ち着いて乗り切ればいつの日か必ず神の祝福を得ることが出来るでしょう。
この真理を疑ってはなりません。
神への信仰を持ちつつ,それらの困難に立ち向かいなさい。P290ANDI

ヨシオ:人の場合は、今ポニョが言ったように、何らかの理由で生を全う出来ずに死んでしまうケースの場合でも、自分の魂が肉体から抜け出して死んでしまって動かなくなった自分の肉体を見るやろ。それで、あれ?自分の身体は動かなくなって死んじゃったけれど、自分はまだ生きているじゃないか。と思って霊のまま、生前やり残した欲望をやり遂げようとしたり、執着している物や人の側にいつもいるんや。でも、肉体がもう無いので誰か自分とよく似た欲望や執着を持っている人に取り憑いて、自分の欲望を果たそうとするんや。そういう霊を地縛霊と呼んでいるんや。

ポニョ:その話は以前記事にしたよな。確か自殺をすると地縛霊達が自殺をした人に、「お前は馬鹿者だ。自殺をしても死んだのは肉体だけで、霊体に染み付いた苦しみはずっと残ったままなのだ。」と言っていじめられるんやろ。それって恐ろしいぜよ。

ヨシオ:先ほどの話に戻ると、動物たちの場合は、動物が殺されて人に食されるとその動物の霊体はそれを食べた人の中に入ってしまって、その人の霊体の一部となってしまうんや。だから、肉食をしている人の霊体の波動は、動物の霊体の波動と同じぐらい粗くなり、男だったらその人の精子、女だったら卵子の生命体としての波動が動物の霊が宿れるぐらいのレベルに落ちてしまうんや。だから、肉食をしている夫婦が受精すると、そこに宿った霊は、波動のレベルが低い、屠殺された動物たちの霊でも宿ることが出来るんや。

生命は常に精子の中に種として存在していて、性的欲望が湧いてくると、その欲望をもたらした心と精子が一つになり子宮に向かって突き進んで行きます。
そして精子と卵子が一つになり受精が起こるのだ。ガルーダプラナP33

ポニョ:そうなんや。そういう霊的なメカニズムになっていたんやな。具体的に説明してくれたらよく分かるぜよ。そういう霊的なメカニズムを知ったら、如何に菜食って大事かって分かるよな。それに、そういう肉を食べている夫婦の子供は、動物に近いっていうか、人に殺された動物たちの霊が宿りやすいって考えただけでも恐ろしいよな。そういう事を防ぐためにも、肉食を避けなければいけないのか。動物たちの霊でも取り込める波動の低い子宮に宿ろうと、殺された動物たちの霊が人に生まれ変わる機会を伺っているんやな。罪もない動物たちを殺し続けている人類への復讐が、こんな形で現れて来ているんやな。それを題材にしてホラー小説が書けそうやな。

ヨシオ:だから、若夫婦は良い子供を産んで良い家庭を築こうと思ったら、少なくともその一年前から肉食を絶ち、自分たちの霊体を浄化して波動を上げ、人として相応しい魂を家族にお迎えする準備をしておかなければならないんや。それが霊的な法則を知っている人が良い家庭を築く為にしなければいけない一番基本的な義務なんや。ただ性欲を満たすために結婚するんやったら犬や猫と一緒やろ。

結婚はダルマにもとづく生活を追求する為にあるのであって、世俗的な楽しみの為ではありません。
もし世俗的な楽しみが結婚の目的ならその辺りの野良犬と同じです。
それを幸せというのですか?SS5/1996p21


ポニョ:でも、普通の人はそういう事を全く気にせずに、結婚相手を選び、子供を産み家庭を築いているもんな。自分たちの家庭に産まれて来た赤ちゃんが、実は、以前自分たちが食べた子牛の霊かもしれないと分かったら、どんな気持ちになるんやろうか?考えただけでも恐ろしいぜよ。

ヨシオ:だから、そういう霊的なメカニズムをよく知っているインドのブラミン(僧侶)カーストの人たちは、菜食の訓戒を守っているんや。特に、その動物の低い波動は精子に対してより強く影響するので、正統派のブラミンカーストの男性は決して肉を口にしないんや。

ポニョ:そんな話を昔記事にしたよな。霊は子宮に入る前の二ヶ月間は、精子の中に留まるって聖仙ヴィヤーサさんは六千年前にガルーダプラナという聖典に書いていたな。

ヨシオ:受精をする前の二ヶ月間は精子の中に魂が宿っているので、ブラミンの女性が肉食をしてる波動のレベルが低い男性と結婚すると、自分の霊的波動より低いレベルの波動の子供が産まれて来る確率が大きいんや。でも、逆に波動のレベルが細かいブラミンの男性が、自分より霊的波動のレベルが低い他のカーストの女性と結婚しても、産まれて来る子供の波動は男性の波動のレベルに近い子供が産まれて来るんや。

ポニョ:それでブラミンカーストの男性は他のカーストの女性と結婚が許されるけれど、ブラミンの女性は、自分のカーストより低い男性と結ばれることが許されていないんか。インドの新聞に、結婚相手を望む欄があるけれど、結婚相手を探している女性はほとんどブラミンカーストの人やぜよ。以前からどうしてかな?と思っていたんやけれど、そういう理由があったんや。

ヨシオ:インドのそういう風習を霊的な見地から見ると、一見不都合なように見えていても、実は、深い霊的な意味がその風習の中に隠されていることが多いな。

魂は前世の肉体を脱ぎ捨ててから、新しい身体を取るまでの七ヶ月間は意識の無い状態となります。
霊界から肉体に入るまでの期間は七ヶ月です。
ババは魂が肉体に入った最初の二ヶ月間は父親の身体の中にとどまり、受精した後十ヶ月間は母親の胎内にいて、合計十二ヶ月かかって地上に顔を出すと述べられました。
この十二ヶ月という期間は、魂が身体を離れて物質世界から霊界に戻る際に要する期間と同じです。ガルーダプラナP31

ポニョ:人々は霊的法則なんて気にも留めずに社会生活を送っているけれど、でもその結果、大きなマイナスの影響を自分たちの世界に与えているんやぜよ。知らず知らずのうちに悪いカルマを作っているんやな。

ヨシオ:結婚生活だって同じ事なんや。自分が嫁に行って姑さんにきつく当たれば、将来、自分の息子の嫁に同じような仕打ちを受けるんや。人は、カルマの法則から逃れることは出来ないんや。

あなた方(若い女性)ほとんどは、結婚して家庭を持ち、守るという重要な責任を負うでしょう。
それはとても価値のある仕事なのです。あなたが他人に対する好きや嫌いという感情をコントロールし、犠牲と奉仕の精神をそこから学びなさい。
あなたが義理のお母さんに対して怒りを向ければ、それはあなたが将来、自分の義理の娘から同じようになって返ってくるということを忘れてはなりません。
義理のお母さんの考え方を理解するように努めなさい。
義理のお母さんの方が先を読んでいるかもしれないのです。
あなたより多くの経験があって責任感があり、他の人々のいろいろなことについて、あなたより知識があることも考えられるでしょう。SSSvol3p69

ポニョ:人間として生まれて来たら、いろんな事に責任があるから気を使わないといけないし大変やぜよ。犬や猫の結婚生活の方が楽しそうやな。食べて寝て、気が向いたらムチョムチョする生活って楽やろな。

ヨシオ:そういう生活をポニョはもうやっているやないか。

ガルーダプラーナは、性交渉はよい子を授かるための行為であって、性的な楽しみのためでは無いと忠告しています。
性交渉は、良い魂を家族に迎え入れるための聖なる行為として捉えなければならないということなのです。ガルーダプラナP29