あるきメデス

あちこちを歩いて、見たこと、聞いたこと、知ったこと、感じたことなどを…

15年ぶりに地球に大接近した火星を見る

2018-07-31 21:29:10 | Weblog
 2018年7月31日(火)

 今夜は、火星が地球に大接近するとのことで、夕食後東の空を見上げたらいつもより大
きい赤い星が見えています。

 そこで、20年以上使わずにしまってあった古い三脚を出してデジカメを取り付け、2
階から撮ってみました。最大ズームでは少しぶれてはいますが何とかとれたので、2枚だ
け紹介します。1枚目は画面中央部ですがおわかりでしょうか…

 下には、東側のマンションなどの明かりなどが少しだけ入っています。
 

 デジカメのズームを25倍最大でもこの程度、三脚を完全に固定しにくかったのでぶれ
てしまいました。

 肉眼で見た感じでは、もっと赤い色に見えました。皆さんもご覧になられましたか?
20時30分過ぎの東側での撮影です。

 この後、23時12分頃には南東方向に移動し、月も高くなったのでそれぞれをデジタ
ルズームを加えた30倍で撮ったもの。月と火星との大きさの比較です。

 手持ちで窓枠に手を固定した程度だったので、火星↓は少しぶれています。

 まだ月と火星とは離れているので一緒には撮れませんでした。

 今夜は地球から5,759万㎞に近づいていて、約3億㎞離れていた1月と比べると、見
た目の大きさはおよそ5倍で、明るさは1等星より数10倍輝いているとか。

 地球と火星の距離が6,000万㎞を切るような大接近は、2003年以来の15年ぶり
のよう。

 次の大接近は17年後の2035年9月11日とのこと、私の年齢では見ることは不可能
でしょう。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへにほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
コメント (2)