AirLog

埼玉女子短期大学 エアライン・ホスピタリティコースの活動を紹介していきます。

airlog

POMCE

POMCE 2年生が現在専門ゼミで行っている宇和島活性化プロジェクトのホームページはこちら!

やる気

2014-07-21 22:48:55 | 学校生活
 皆様こんばんは。エアラインホスピタリティコース一年のヒカルです。

 夏ですね!七夕の願い事は「願い事が見つかりますように」でした。笹も短冊も用意しませんでしたが、とりあえず曇り空に向かって拝んでおきました。しかしなんだか最近願い事が見つかってきた気がします!良いことありますように。なむなむ。

 さて、先週の金曜日(7月18日)、「現代社会と企業」という授業に、ANA成田エアポートサービス株式会社様より森川さんがお越しくださいました。森川さんは元グランドスタッフで、現在は人事課で働いていらっしゃいます。(敬語が正しくない気がする・・・難しい・・・)
 成田空港全体のお話や、グランドスタッフの生活など、様々なお話をしていただきました。お話しが終わった後、数名で全体で出た質問以外のことを伺ったので、記録も兼ねてここでシェアしたいと思います。

 1)業務中、お客様の前で笑顔が出なくなるときはありましたか?その時はどうしていますか?
 答えは「あった」、でした。森川さんがまだ新人だった頃、作業に集中してしまい、笑顔を忘れることがあったのだそうです。意識して口角を上げるようにして、そして笑顔を忘れないくらいしっかり仕事に慣れると、自然に笑顔になるのだとか。
 これは私が個人的に一番質問したかったものでした・・・。グランドスタッフや客室乗務員の実習をしている時、まだまだ笑顔が足りないとご指導いただきます。自分では不自然だと思うくらい笑え、と。保安上の理由でお客様に何か説明をしなければならない時等は、笑顔でない方が良いのですが・・・切り替えが難しいです。努力します。

 2)逆に笑顔だと良くない場面でも笑い過ぎてしまいます。どうすれば・・・
 答えは「笑い過ぎるのは逆に武器!」、でした。ただ、やはり保安上の説明でニコニコしてしまうのは真剣味が伝わらないので注意した方が良い、とのこと。それ以外は本当に笑顔がすぐ出てくるのは武器だとおっしゃっていました。例えば、カウンターで海外からのお客様と話が盛り上がり、英語で早口でペラペラと話された時。得意の「ニコッ」でかわせばよいのだそうです(笑)。

 3)羽田空港ではなく成田空港を選んで良かった、と思ったことはありますか?
 答えは「ある。特に、海外からのお客様が羽田空港よりも明らかに多いこと!」、でした。羽田空港の国際線が増えてきましたが、基本的に海外に行く日本人のお客様が羽田空港を、海外に行く海外出身の方が成田空港を利用されることが多いのだそうです。森川さんは、元々とにかく海外の方と関わる仕事がしたかったので成田空港を選んだ、とおっしゃっていました。カウンターにいらっしゃる海外からのお客様の面白ストーリーを伺ったのですが、割愛。

 4)働き始める前の英語力はどの程度でしたか?
 「日常会話程度は話せていた」とおっしゃっていました。カウンターで使われる英語はほとんど決まっているので、仕事をし始めてから徐々に英語に慣れてくるそうです。

 5)職場の雰囲気を教えてください!
 「女性だらけの職場だから最初女性特有のゴタゴタとかいじめがあったらどうしよう・・・と思っていたけど、全然そんな事はなかった」とおっしゃっていました。私が埼女に入学する前に考えていたことと同じだ!と思いました。先輩は後輩をあだ名で呼んだりちゃん付けで呼んだりと、仲良く楽しく過ごされているようです。

 授業の後数名で伺った質問は、こんな感じだったと思います(恐らく)。記憶力があまり良くないので違うことを書いていたり抜けていたりしていたら申し訳ございません・・・。あとはグランドスタッフの仕事をする際に、1日何時間立っているか(最低でも4時間、多いと7時間くらい、とおっしゃっていました)、等でした。

 あ、それと個人的に気になった質問。「CAさんとの関わりはありますか?」。答えは「そんなに多くない」、でした。ブリーフィングの際に顔を合わせる程度、とおっしゃっていました。ちなみにCAさんは国内線で飛ぶときは羽田空港出勤、国際線で飛ぶときは成田空港出勤だそうです!へーーーー!今日は羽田、明日は成田、となるCAさんもいらっしゃるということですね。かっこいい!

 長くなりましたが、埼女に入学してからCAやグランドスタッフについてはもちろん、それ以外の仕事についてのお話を聞く機会が多いです。企業の方、先生方、先輩方から得られる情報が沢山あり、こんな仕事もあったのか!と思うことも多々あります。私は最近特にこの学校に入学して良かったな、と思うようになりました。何事もやる気次第です。

 ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!ではまた。



 画像は森川さんから頂いた名刺。「たいした物じゃないけど・・・」とおっしゃっていましたが、名刺1枚でここまで勇気とやる気を得られるのか、と思いました。この気持ちを忘れずに頑張ろう!(ブログを書いていないで、テスト勉強しなければ・・・)
コメント