災害VC藤枝(VCF)ブログ

VCFとは『災害ボランティア・コーディネーター藤枝』の略称です。被災者とボランティアを繋げられるよう日々研鑽中です。

災害ボランティアセンター運営訓練の報告

2017-12-25 20:37:32 | 日記

平成29年度;災害ボランティアセンター運営訓練の報告

     


日時;平成29年12月16日(土) 午前9時30分~午後2時

会場;藤枝市文化センター 1階 ホール

※参加者総数48名

一般参加者;19名  藤枝市;(危機管理課 鴻巣智穂氏・介護福祉課 小林博之氏)

藤枝市社会福祉協議会;8名+(オブザーバー参加)大石氏 計9名

VCF参加者:28名

青嶋・石澤・井上・碓井・遠藤・大石・岡田・小花・柿沼・加藤・櫻井・鈴木・曾根・高木・中島

野口(郁)・野口(武)・萩原・長谷部・平野・松浦(孝)・宮地・村松・望月・山中・吉田・吉野・渡邊

 

本年度の災害ボランティアセンター運営訓練は、7月27(木)~7月28日(金)に実施された社協主催の「熊本地震における被災地(西原村、嘉島町)視察」への参加者が感じた、ボランティアセンターにおけるニーズ把握の難しさを体験するために。今回は特にニーズ受付がメインの訓練となりました。

 会場設営準備の光景です。

ボランティアセンターの全体の流れは、≪ボランティア受付班≫・≪組合せマッチング班≫・≪送出し、資機材、報告班≫・≪総務班≫の各ブース毎の説明方式での訓練です。
説明役は各ブース担当のVCF会員が、交代しながら一般参加者に各ブース4回の説明をすることで、訓練参加者の方々が、すべてのブースの役割を把握でき、VCF会員は一人一人が説明するという事で、知識の深化も図れるという方式で実施されました。

 会員が交代しながらの説明の様子です。

10分の休憩を挟んで、二部の訓練として8班に分かれてのロールプレイング方式による、ニーズ受付訓練です。予め与えられた設定に従ってのロールプレイングを、VCF会員同士で、被災者役とニーズ受付役に分かれて実演をさせて頂きました。

 ロールプレイングの様子です。

1班から4班は被災された方のボランティアセンター来所での受付訓練、5班から8班は市内訪問受付での設定という事で、被災者役と受付役で演技をし、やりとりを一般参加者にみてもらい、疑問点、感想、改善点、意見を出しててもらいました。
ボランティアセンターにあがってこない、見えない、ニーズの掘り起こしとか、ニーズを把握するのに如何に時間が掛かるかなど、ロールプレイングのやり取りを見て頂く間にも感じられたのではと思います。

 各班の感想報告会の様子です。

 

今回参加のVCFメンバー

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月度定例会議事録

2017-12-22 19:24:04 | 日記

平成29年12月度 VCF定例会議 議事録

   定例会の様子  定例会後の運営訓練事前練

開催日:平成29年12月14日(木)19時~20時55分

場 所:藤枝市文化センター ぴゅあ会議室

出席者:青嶋・石澤・井上・遠藤・岡田・小花・柿沼・加藤・曾根・中島・野口(郁)・長谷部・平野・宮地・村松・山中・吉田・吉野・渡邊・(高柳)/社協:近藤・鈴木(22人)

司会進行:吉野副会長

 

1.前月度までの事業等の活動報告

①11月11日(土) 青島第七自治会志太第四自主防災会DIG事前打合せ 井上・高木(2人)

②11月23日(木) 青島第七自治会志太第四自主防災会DIG支援 志太公民館

志太地域の地形と明治の瀬戸川水害、DIG訓練、家庭内DIG対策事例などについて

石澤・井上・高木・平野・宮地・吉田(6人)

③11月26日(日) 大洲第一自治会大東町北自主防災会HUG支援 大東町自治会館

HUG訓練及び南三陸町志津川小学校の避難記録の報告などの紹介

・石澤・井上・大石・柿沼・吉野(5人)

④11月30日(木) 12/16実施予定の≪災害ボランティアセンター運営訓練≫に備え「ニーズ受付訓練」をロールプレイ形式での事前練習会開催。

青嶋・新井・石澤・伊藤・井上・遠藤・大石・岡田・小花・柿沼・鈴木・中島・野口(郁)

萩原・長谷部・平野・福島・松浦(紀)・宮地・村松・望月・吉田・吉野・渡邊(24人)

⑤11月30日(木) 防災倉庫の発電機点検 萩原・長谷部(2人)

⑥12月3日(日) 大洲第一自治会大東町東町内会DIG支援 大東町老人憩いの家 村松(1人)

⑦12月3日(日) 高洲第二東自治会高柳大渕町内会HUG支援 高洲地区交流センター

石澤・大石・柿沼・中島・村松・吉野(6人)

⑧12月3日(日) 南新屋町内会「私たちにできる災害支援について」講話 曾根(1人)

2.12月以降の事業等の活動予定

①12月16日(日) 災害ボランティアセンター運営訓練

・時間、場所:文化センター 8時45分(集合)~14時

・対象:一般参加者 19人

・内容:VCFの重要な事業としての位置づけ、リーダーは村松副会長。

1.運営訓練:ブース説明会方式で、センターの各班の役割を紹介する(4班)。

2.ニーズ受付訓練:グループワーク形式で、VCFはコーディネーター役と被災者役を担当して、

ニーズ受付場面を実演する(8班)。

 ・参加者:青嶋・石澤・井上・碓井・遠藤・大石・岡田・小花・柿沼・加藤・櫻井・鈴木・曾根・

高木・中島・野口(郁)・野口(武)・萩原・長谷部・平野・松浦(孝)・宮地・村松・望月・山中・

吉田・吉野・渡邊(28人)、VC静岡より岡野様・白井様・野村様がオブザーバーとして参加され

る予定。

 ②12月18日(月) たちばな保育園と藤枝保育園への支援 事前打合せ 井上・櫻井・平野(3人)

 ③12月19日(火) 青島北地区交流センター事業 HUG支援の事前打合せ 石澤・井上・平野(3人)

 ④1月11日(木) 1月度定例会議 19時~ 文化センター2階

  通常課題の他に、分科会(宮地委員長)「講演会」を開催することの是非の打合せ、分科会(吉野委員長)

「HUG訓練」の打合せを予定しています。

⑤1月19日()予定 VCF役員会 19時~ 文化センター2階 別途連絡します。

 ⑥1月20日(土)青島北地区交流センター事業(青島第五、第七、第八、第十二自治会)HUG支援

・時間、場所:青島北地区交流センター 18時30分~20時

・対象:町内会長、防災委員、女性保険委員、他 約50人 渡邊様645-2300。

・内容:四つの自治会合同の事業でエリアが広く、指定避難所が1箇所ではないため、校舎と校庭のモデル地図で訓練します。11月と12月の20日号の交流センターだよりに掲載。

・参加者:石澤・柿沼・中島・野口(郁)・平野・村松・吉野(7人) ★更に協力者を要請します。

⑦1月20日(土) 1月21日(日) 県ボラ協会主催による、『静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練』への参加

・時間、場所:1日目 12時30分~19時、2日目 8時45分~15時30分、ツインメッセ静岡西館

・内容:テーマ:「被災者・被災地の多様な困りごとと支援者がつながる」、被災者・被災地支援のために、市域・県域・県外との「つながり」を意識した支援体制を創造することを目的とした「ワークショプ」を開催する。・参加者:井上・長谷部・宮地・(吉田)(4人)

⑧1月30日(火) たちばな保育園ふれあいルーム&藤枝保育園めだかっこ合同 への子育て支援

・時間、場所:10時~11時 広幡地区交流センター 

・対象:子育て中のお母さんと職員約40人、天野様 644-2522

・内容:9月の「子育てフェスタ」で実施した簡単防災グッズ作りの実践、(株)牧野製袋様による比

較的廉価な防災グッズの展示と説明、防災・減災に関する家庭内DIGの事例説明 他。

12月20日号の藤枝市広報に掲載。

・参加者:石澤・井上・遠藤・曾根・野口(郁)・長谷部・平野・村松・吉野(9人)★更に特に女性

の参加者を要請します。

⑨2月○日(△)・・・日時未定  藤枝第二自治会木町各町内会 HUG支援

成澤 防災部長様 641-8522、梶間 町内会長様 643-0002、VCF曾根顧問。

★日程を含め、内容については今後打合せします。協力者を要請します。

3.その他 連絡事項

①「トリアージ」に関する第2回勉強会(講師・大石さん)は次月以降に開催します。

 ②日本障害フォーラム&日本財団制作

「生命(イノチ)のことづけ ~死亡率2倍 障害のある人達の3.11~」

平野さんからの紹介で、機会を見つけてDVDを視聴します(約35分間)。

③名刺の増刷について 今までは平野さんのご好意で印刷をお願いしていました。

今後の印刷依頼は、会長に連絡⇒次に平野さんにお願いする手順とします。費用対価については別途打合せします。

④資金管理担当からのお願い; 出前講座等の資料作成に要した費用やコピー代等の事務用品費について、速やかに領収書(摘要内容を明記する)を添付して精算するようにして下さい。

⑤メールやFAXの「着信を確認する習慣」を心がけるようにして下さい。

⑥事業等の集合時間は、断らない限り遅くとも「開始の15分前まで」とするようにして下さい。

⑦次回定例会議 1月11日(木) 19時~ 文化センター2階 ぴゅあ会議室

     司会進行・加藤副会長 10分前までに集合、欠席する場合は事前連絡にご協力下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加