災害VC藤枝(VCF)ブログ

VCFとは『災害ボランティア・コーディネーター藤枝』の略称です。被災者とボランティアを繋げられるよう日々研鑽中です。

1月度定例会議事録

2018-01-23 18:00:10 | 日記

平成30年1月度 VCF定例会議 議事録

         

開催日:平成30年1月11日(木)19時~20時55分

場 所:藤枝市文化センター ぴゅあ会議室

出席者:青嶋・石澤・井上・遠藤・大石・岡田・柿沼・曾根・中島・野口(武)・萩原・長谷部・宮地・

村松・望月・吉田・吉野/社協:近藤・鈴木(19人)

司会進行:井上会長  

 

1.前月度までの事業等の活動報告

①12月16日(日) 災害ボランティアセンター運営訓練 文化センター

  

1.運営訓練:ブース説明会方式で、センターの各班の役割を紹介した(4班)。

2.ニーズ受付訓練:グループワーク形式で、VCFはコーディネーター役と被災者役を担当して、ニーズ受付

場面を実演した(8班)。

・出席者:青嶋・石澤・井上・碓井・遠藤・大石・岡田・小花・柿沼・加藤・櫻井・鈴木・曾根・髙木・中島・野口(郁)・野口(武)・萩原・長谷部・平野・松浦(孝)・宮地・村松・望月・山中・吉田・吉野・渡邉(28人)

・意見&提案等:[センターでの班説明]→送り出し・資機材班で、萩原会員作成の資機材のラベルが好評だった。

                    

 

        [ニーズ受付訓練]→今回の新しい取り組みは大変参考になったので、来年度も更に続けて欲しい。

                 個人が勉強しないと、相手のニーズを正しく理解できないことが分かった。…

②12月18日(月) たちばな保育園と藤枝保育園への支援 事前打合せ 井上・櫻井・平野(3人)

③12月19日(火) 青島北地区交流センター事業 HUG支援の事前打合せ 石澤・井上・平野(3人)

④12月25日(月) 防災倉庫の発電機点検 萩原・長谷部(2人)

⑤1月5日(金) 県ボラ協会主催の図上訓練への対応 事前打合せ(社協合同)① 井上(1人)

⑥1月11日(木) 社協&VCF倉庫内の必要活動資機材の調査(社協合同)井上・萩原・長谷部(3人)

⑦1月11日(木) HUG訓練実行委員会 井上・大石・岡田・中島・長谷部・吉野(6人)

2.1月度定例会議の特記事項

社会福祉協議会からの報告:次年度の基本事業計画とその具体的事業内容案の説明。

DVD「生命のことづけ」を視聴:東日本大震災3.11で起きた舞台裏のドキュメント。

身体・知的・精神障害者達の死亡率は一般の人達の約2倍であった。災害や被害の情報が要援護者

に伝わりにくいことが原因。主役は地域であり(名簿作り等で)要援護者を知ること、普段の近所

つきあいやつながりが非常に大事です!

       

   

③「講演会分科会」の開催について:宮地委員長から講演会分科会の取り組みの考え方について、10

月度定例会に続き説明があった。私見として、例えば一般的な防災のための講演会ではなく、災害

ボラセンの運営上の知識を知るための「勉強会開催」を想定してきた。

しかしながら講師選定の他、参加メンバーの集客や開催場所の確保等の課題があり、延び延びとな

っている。いずれにしても今年度の開催を見送りたい旨の提案があり、承認された。

④「HUG訓練分科会」の開催について:吉野委員長から経緯や分科会そのものの役割等の説明があり、

今年度は公開講座としては開催しないが、VCF内の勉強会は実施することで承認を得た。

分科会の日程予定は2月24日(土)(or2月10日(土)or2月17日(土))で、いずれも9時~12時。

尚今年度のHUGの出前講座・支援回数は計13回を想定している。

 

3.1月以降の事業等の活動予定

 ①県ボラ協会主催の図上訓練への対応 事前打合せ(社協合同)②

・日時場所:1月12日(金) 13時30分~14時15分 文化センター

 ・参加者:井上・長谷部・宮地、(社協:近藤・鈴木)

②VCF役員会開催

・日時場所:1月19日(金) 19時~20時30分 文化センター

  ・議 題:今期事業の活動報告及び予定事業の開催見込み、今期予算の執行状況及び決算の見込み、

来年度事業の活動方針、その他課題等についての討議。

 ③青島北地区交流センター事業(青島第五、第七、第八、第十二自治会)支援

 ・日 時:1月20日(土) 18時30分~20時15分

・場 所:青島北地区交流センター

・内 容:HUG(四つの自治会合同の事業でエリアが広く、指定避難所が1箇所ではないため、校

舎と校庭のモデル地図で訓練します。支援内容は南海トラフと地震・HUGの実践と振り返り。

・対 象:町内会長、防災委員、女性保健委員他 約26人(渡邊様645-2300)。

・参加者:石澤・柿沼・中島・野口(郁)・萩原・平野・村松・望月・吉野(9人)

④静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練(県ボラ協会主催)への参加

・日 時:1月20日(土) 12時30分~19時、1月21日(日)  8時45分~15時30分

・場 所:ツインメッセ静岡西館

・内 容:テーマ「被災者・被災地の多様な困りごとと支援者がつながる」

被災者・被災地支援のために、市域・県域・県外との「つながり」を意識した支援体制を創造す

ることを目的とした「ワークショプ」を開催する。

・事前の宿題:・静岡県第4次被害者想定数の調査。

・災害時に連携や協力できそうな社会資源とのつながりの有無(企業や学校を含む)

  ・参加者:井上・長谷部・宮地・(吉田)(4人)

       

 ⑤藤枝市市民活動団体支援課・日本赤十字社・スターバックスコーヒー協働事業 支援

・日 時:1月21日(日) 9時30分~12時30分

・場 所:蓮華寺池公園イベント広場(スターバックス店舗横)

・内 容:日本赤十字社が推進する「包装食袋」を活用した炊き出しの研修と啓発。その食袋を使っ

て炊き出し調理し、その食べ物を市民に試食してもらう企画のお手伝いをするボランティアです。

・参加者:石澤・遠藤・萩原・吉野(4人)

⑥たちばな保育園(ふれあいルーム)と藤枝保育園(めだかっこ)合同 子育て支援

   ・日 時:1月30日(火) 9時35分集合(講座9時50分~11時15分頃)

・場 所:広幡地区交流センター(鬼島387番地、054-643-1766)

  ・内 容:(株)牧野製袋様による比較的廉価な防災グッズの展示説明、・防災安全や家庭内DIG等

に関する座学、・簡単防災グッズ作りの実践(9月に実施した子育てフェスタの内容を想定)

・対 象:子育て中のお母さんと職員 約40人(天野様 644-2522)

・参加者:石澤・井上・遠藤・櫻井・曾根・野口(郁)・長谷部・平野村松・吉野(10人)

⑦藤枝第二自治会 木町各町内会 支援

・日時・場所:2月○日(△)(日程は未定)

  ・内 容:HUG 成澤 防災部長様 641-8522、梶間 町内会長様 643-0002

   メニューについては、日時も含め今後打合せします(VCF曾根顧問)。

4.その他 連絡事項

①「トリアージ」に関する第2回勉強会(講師・大石さん)は次月以降に開催します。

  ②資金管理担当からのお願い 出前講座等の資料作成に要した費用やコピー代等の事務用品費について、

速やかに領収書(摘要内容を明記する)を添付して精算するようにして下さい。

③メールやFAXの「着信を確認する習慣」を心がけるようにして下さい。

④事業等の集合時間は、断らない限り遅くとも「開始の15分前まで」とするようにして下さい。

次回定例会議 2月8日(木)19時~ 文化センター2階 ITルーム(会議室ではありません)

     司会進行・宮地副会長 10分前までに集合、欠席する場合は事前連絡にご協力下さい。

                                             以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災害ボランティアセンター運... | トップ | 2月度定例会議事録 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事