災害VC藤枝(VCF)ブログ

VCFとは『災害ボランティア・コーディネーター藤枝』の略称です。被災者とボランティアを繋げられるよう日々研鑽中です。

藤枝市地域防災指導員養成講座(中級)参加報告

2016-07-23 09:17:22 | 日記

   藤枝市地域防災指導員養成講座(中級)参加報告

       

日時;平成28年7月21日(木)  19:00~20:30

場所:藤枝市役所 西館5階 大会議室

内容;災害リスクマネジメントゲーム『クロスロード』

クロスロードゲームの特徴・狙い・・・

①   カードゲームを通じ参加者は、災害対応を自らの問題としてアクティブに考える事が出き、且つ、自分とは異なる意見、価値観の存在への気づきを得ることができる。『気づきを見つけていく』

②   防災に関する困難な意思決定状況を素材にすることによって、決定に必要な情報や前提条件についての理解を深めることができる。『合意へと至る対話』

 

          

受講者数: 100名(11グループ)・・・・内2名はVCF会員(小花・渡邉)

VCF応援参加者; 13名(敬称略アイウエオ順)

青嶋・新井・井上・木村・鈴木・曾根・中島・長谷部・平野(茂)・宮地・村松・吉田・吉野

    VCFの活動紹介をする曾根会長

 

定刻通り19:00に開始され、各班にVCF会員が入り込み、進行のお手伝いをさせて頂きました。プロジェクターで投影された画面とともに読上げられる設問に、各地域の方々と一緒にyesnoのカードを使ってのクロスロードゲームは、色々な考え方を知るとともに、話し合う事で合意に至るプロセスなど、講習参加者のみならず、VCF会員としても、防災意識向上の良い機会をいただきました。もっとも地域防災指導員養成講座の一環として、クロスロードとは何かを知るという、今回の講座の性質上限られた時間内ですので、設問の数も6問でしたが、それでも各地区に於いてクロスロードゲームを行う機会があった時の参考にはなったのではと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« VCF7月度定例会議事録 | トップ | VCF8月度定例会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事