JAG災害対策本部公式ブログ <平成30年7月(西日本)豪雨災害>

2018年7月西日本豪雨災害におけるJAG諸教会と周囲の被災情報、支援活動などを掲載します。

●災害時支援金の募集について<災害対策本部より>

2019-07-13 15:45:24 | 支援情報
全国のアッセンブリー教会に支援金を募集します。(2018 年9 月末まで)
用途は、一時見舞金と支援活動費になります

●郵便振替
00150-0-22007 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団
※ゆうちょ口座以外からの場合
ゆうちょ銀行 019(ゼロイチキュー)支店 普通 22007

●三菱UFJ銀行
巣鴨支店 普通 3680590
日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 代表役員 寺田文男
※窓口で、送金する場合は、代表役員まで記入する必要があります
ATMやネットバンキングが手軽です。なお、「ふみお」の「お」は
登録上は「男」が正確です。

広島神愛キリスト教会・中原信恵師より支援リポート(10/22)

2018-10-22 23:01:49 | 支援情報

いつもお祈りありがとうございます。
先日、二軒の御宅へお花の苗を持って行きました。

どちらの御宅も、土砂災害で花壇の花が流されてしまっていたので、「お花を植えに来るからね」との約束を、やっと果たすことが出来ました。

一件目は、一人暮らしのおばあちゃん宅。花壇に植えたお花を見て「こね〜な事をして下さるもんが、他におりますかいな…涙がでそうなょ…」と、大変喜んで下さって。

二軒目も、「こんなにもろーてええの⁈」って驚きながら、「お花はええね〜お花はええ」と、こちらも大変喜んで下さいました。

また、別のおばあちゃんにお花を届けに行くと、「まぁ〜いつもすみませんね」と笑顔。何かお礼を…と、私たちに"おしゃぶり昆布"を持たせて下さいました。
最高に美味しい"おしゃぶり昆布"でした☺️👍🏻

やっと畳みが入っても、未だ土砂の埃がまって中々寝られない方もおられます。
だんだん寒くなって来ていますので、引き続き、お祈り下されば幸いです。

私たちも、世界各地、災害に遭われた地域の方々と、復興の為にもお祈りしています。



青森ジョイフルチャペルの澁谷友光師より9/4-5の支援リポート

2018-10-19 07:08:57 | 支援情報
広島豪雨災害 東北教区支援報告


主の聖名を心から賛美いたします。

9月4日(火)と5日(水)に、西日本豪雨災害で甚大な被害を受けた広島に、東北教区から10名で支援ボランティアに行かせて頂きました。
青森ジョイフルチャペルの澁谷師が引率し、参加したのは青森ジョイフルチャペルから4名、郡山グレースガーデンチャペルから6名の、10代20代の若い世代でした。
移動手段はそれぞれ教会で夜行バスや高速バスを利用して東京まで行き、成田空港からLCCの格安航空で広島へ行くというものでした。
台風21号が日本に上陸することで大変心配でしたが、主の守りにより無事に着き、予定通り2日間の支援活動を行う事ができました。
青森からの移動は、2日の夜からの移動となり、帰りは7日の朝に夜行バスで戻りました。
中原信恵先生がコーディネートしてくださり、広島神愛キリスト教会が私たちを受け入れてくださいました。

ティーンチャレンジ木崎智之師より支援活動リポート(10/8)

2018-10-09 17:02:59 | 支援情報



8日に滋賀の野口先生、三田の安東先生ほか、関西教区の先生方が総勢9名で支援に来てくださいました。この日のワークは2階まで浸水したKさんの自宅と倉庫に残った家財道具の処分でした。10月に入って岡山キリスト災害支援室のボランティアセンターの規模が縮小されて人数も減っていたところに大勢で応援に来て頂いたので予想以上に作業がはかどり、まだ使える物を倉庫に運ぶところまでできてKさんも喜んでおられました。関西教区の先生方、本当にありがとうございました!


広島神愛キリスト教会・中原信恵師より 10/6のリポート

2018-10-08 21:32:20 | 支援情報


お祈りありがとうございます。
やっと過ごしやすい秋🍇が来て、身体もほっとしているみたいです。

10/6日は3ヶ所を周りました。
一軒目は、台風などで何度も延期になっていた床下浸水のお宅の最終処理も、やっと終わらせる事ができました💪🏻

次は、一人暮らしのおばあちゃんのお宅の土砂かき。未だ終わっていませんが…。
「まぁほんまに気の毒なねぇ〜私が何かお礼をせんといけんのに…」と言って、お芋🍠や栗を🌰沢山持たせてくれました。

帰りにおばあちゃんが言うんです。
「また来てくれるん?いや、今度は遊びに来てくれる?うちは1人じゃけー、若い人が来てくれるのは嬉しいんよ。」って…そう言って、台風の風が吹く中、押し車を支えに立っているおばあちゃんは、高くあげた手を振り続けてくれました。

3ヶ所目。預かっていたお土産を届けに行きました。
「わぁ、あんたらまた来てくれたん?もう来てくれんのんかぁあ思いよったわぁー、また来てくれるんかぁ?」

「あの人らは元気かのぉ?会うことはあるんか?皆ようやってくれてから、ありがとありましたぁあ!」と、各地から来てくれたボランティアの皆さんの事を懐かしそうに話してくれました。
沢山の柿を持たせてくれました。

「次は、大体いつ頃来てくれるん?また来てつかぁーさい。」帰る車に、ニコニコしながら近寄って来てくれた91歳のNさんでした。