裁判員法の廃止を求める会

我が国の刑事司法を崩壊させる裁判員法の廃止を求めます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁護士の隣に被告席

2008-06-21 23:52:03 | Weblog

*****引用開始******************************************
弁護士の隣に被告席=裁判員制度で実現へ-偏見排除へ見直し容認・法務省
621151分配信 時事通信

 来年5月から始まる裁判員制度で、法務省は21日までに、法廷で裁判長の正面などに座らされている拘置中の被告について、弁護士の隣に座ることを認める方針を決めた。制服姿の刑務官に挟まれたこれまでの座り位置では、被告が犯人だとの印象を裁判員に与えかねないとの判断。江戸時代の奉行所から続く「お白州」型の法廷が見直されることになる。

 現在の刑事裁判では、被告は裁判長の正面や弁護士席の前に置かれたベンチに座る。保釈中の被告については、弁護士の隣に座ることを裁判所が許可した例があるが、拘置中の被告は警備上の理由から拘置所側が認めてこなかった。

 法務省は裁判員の偏見を排除する目的に加え、法廷での証拠調べが中心となる裁判員裁判では、被告と弁護士の意思疎通が重要になることも考慮。着席位置の検討を進めていた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「精神鑑定」=裁判員制度
〔用語解説〕「裁判員制度」
法廷発言を自動文字変換=関西弁識別機能も-裁判員向け映像検索システム  -最高裁
「死刑増加」日本を批判=アムネスティ報告書
弁護士、検察に法廷貸し出し=裁判員準備をバックアップ・和歌山地裁

最終更新:621155
*****引用終了******************************************
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000050-jij-soci

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 裁判員の記者会見、導入の是... | トップ | 裁判員法を廃止しよう (2/2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事