「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

二律背反は改革の対象です!

2018-08-15 07:02:26 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【はじめに】

今、働き方改革が叫ばれているが、心ある企業ではとっくの昔から働き方改革に取り組んできた。例えば、残業をなくして仕事の遂行件数を増やさなければならない。だが多くの社員は「労働強化だ」と騒ぎ立てる。これでは改革は進まない。

         ~業務改善(その15)~

==================================================

【本文】

■二律背反は改革の対象です!■

給料を上げると固定費が増える。

だから給料は極力上げない方針の経営者は多い。

給料を上げないだけではなく、できればサービス残業をさせて残業代を抑えたいと考える浅はかなブラック企業の経営者も事実いる。

会社ファースト、いや、自分ファーストの経営者だ。

給料を上げれば固定費が増えて利益が減る。

つまり、二律背反と考えているわけだ。

ところが、給料を上げたり、きちんと残業代を支払い、さらには働き易い職場に改革すると定着率がよくなり、モチベーションが上がるから、売り上げ・利益が増えるのだ。

残業をなくして、仕事の遂行件数を増やすことも二律背反のように見えるが、やり方しだいで実現できる。

このような二律背反の現象は改革の対象にふさわしく、改革のやりがいも大きい。

         = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 変化に適応する会社だけがサ... | トップ | 今をときめく企業の傘下で再... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事