920の娘

東京生まれの東京育ち。趣味のゴルフのこととか旅行のこととか。あとは適当に何でも書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

杉浦日向子さん死去

2005-07-25 21:46:26 | 風水旅行・その他
大好きな本です。
四季を通した江戸の生活が著者による漫画とともに分かり易く紹介されています。
読もうと思えばあっという間に読める一冊ですが、季節感をより一層感じたかったので、昨年夏の終わりから一年かけて読みました。
そうしてついこの前、どじょう鍋の章で読み終わったばかり。
ご冥福をお祈りいたします。
コメント (1)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« ノリエット(Noliette)@下高... | トップ | ラ・コロンバ@西麻布(イタ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残念無念です (もとよし)
2005-07-31 19:30:53
TBありがとうございます。

杉浦さんのご逝去、なんとも残念無念なことです。

ご紹介の「大江戸美味草紙」は読んだことがありませんけれど、タイトルから美味しそうな匂いが漂ってきますね。

その内に、読んでみたいと思います。

季節感を大事に、一年掛けて読むと言うのも好いですね。

「江戸アルキ帖」も、また、そういった読み方の相応しい本なのだと、たった今気が付きました。(笑)

コメントを投稿

風水旅行・その他」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

一度、お会いしたかったのですが、、、 (Gの『お眼鏡』)
時系列的に逆であり、また時間も経ち過ぎではありますが、、、 杉浦日向子さんが亡く
「江戸アルキ帖」 (問はず語り)
「江戸アルキ帖」(新潮文庫) 先日、惜しくも亡くなられた杉浦日向子さんの著作の中
この次生まれて来るなら、若旦那 (爛漫日記)
先日、46才の若さで亡くなった杉浦日向子さんの『大江戸観光』(筑摩書房・1989)という本を見つけました。 その本の中の「私の憧れ」に、こんなことを書いていました。 この次生まれて来るなら、若旦那、そう、決めているのです。 自身の予定としましては、三十六歳まで、
「江戸アルキ帖」 (月灯りの舞)
「江戸アルキ帖」   杉浦日向子:著   新潮文庫/1989年04月/880円 日曜日の昼下がり、タイムマシンに乗って、 のんびり江戸の町を散歩してみませんか。 日本橋を振り出しに、神田、浅草、芝、本所、小石川…。 足の向くまま気の向くまま、猪牙に乗って
ambien (ambien)
ambien
credit card consolidation (credit card consolidation)
credit card consolidation | low interest credit cards | credit card processing | credit card scam | bad credit credit cards CREDITCARD9881