時雨スタジオより

9年の休止期間を経て、
なんとなく再開してみました。

「別府がBEPPUであった頃」の良著が出版されています。

2020-05-09 13:27:13 | 新お知らせ
 あまりにも暇なので、これからぼちぼちと記事を綴っていきます。およそ9年ぶりの記事は、本の紹介です。  東京新聞5月7日夕刊文化欄の「大波小波」というちょっと気の利いた書評コラムで下川正晴『占領と引揚げの肖像 BEPPU1954-1956』(弦書房、2020.4)が紹介されていました。  下川氏は現在70歳、鹿児島県霧島市生まれで阪大法学部卒業後、毎日新聞社入社。同社ソウルおよびバンコク支局長や . . . 本文を読む
コメント