時雨スタジオより

9年の休止期間を経て、
なんとなく再開してみました。

なぜ?

2020-06-04 22:18:47 | 国際関係論
荒廃したガザ地区と整然とした農地が並ぶイスラエルの違い(Googleマップより) 国際関係論を学びながら、僕の心の中に大きな疑問がまとわりついている。 それは、関係論を超えた、人間の本性の問題かもしれない。 ナチスによりホロコーストを受けたユダヤの人々がイスラエルという国家を作った。 そのユダヤの人々が今度はパレスチナ人の普通に生きる権利を奪い続けている。 「大虐殺」とは言わないまでも、「略奪」 . . . 本文を読む
コメント

今に通じるモーゲンソー理論。

2010-12-23 10:56:12 | 国際関係論
 人は自らの心に巣くう「悪」を知っているから、信仰をするのかもしれない。  2010年12月、77歳の名誉教授(O先生)が教壇を去った。70歳で大学を退官、以来社会人向けの講座で「国際関係論」を7年間教えていたが、著作活動に没頭したいと「先生」を廃業することになった。僕はといえば30年以上前に、できのわるいゼミ学生としてお世話になり、ここ7年は社会人向け講座に通い続けてきた(仕事を続けながらな . . . 本文を読む
コメント