全国にTRY!!! 相模原T.C. BARBARIANS

相模原タグラグビークラブ 「BARBARIANS」の軌跡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トライ王、アシスト王は誰だ!?

2014-01-12 20:46:44 | 日記

1月11日(土)

トライ

だいき3 らいた1 きょうすけ1 かずまさ1 しゅうすけ4 さえママ3 まさと1 ゆうた1

アシスト

きょうすけ1 まさと3 あくあ1 ゆうた1 くうが2 先生3 ゆうと2 まさゆき1 さえ1 らいた1

1月12日(日)AM

トライ

さえ7 きょうすけ3 あくあ1 まさゆき1 まさと5 ゆうと1

アシスト

さえママ5 ゆうと3 あくあ1 まさと1 まさゆき1 しゅうすけ1

PM

トライ

さえ4 きょうすけ8 かずまさ3 まさと1 まさとパパ1 ゆうと1

アシスト

かずまさ3 先生4 まさとパパ1 きょうすけ2 まさと5 しゅうすけ1 さえ2

 

合計(1月12日の時点)

トライ

1位 きょうすけ 15  2位 さえ 13  3位 まさと 8

アシスト

1位 まさと 10  2位 先生 9   3位 ゆうと 7

コメント

頭がよくなる方法!

2014-01-11 22:26:35 | 日記

今日は教育の話から。

今日の朝日新聞に「バカの壁」などの著書で知られる養老孟司さんの記事が載っていました。

頭のよさとは、社会適応能力であり、自分を理解してもらい、相手のことを理解すること。

また、社会に適合するとは自分が変わっていくことだとも言っている。好きなことばかりやっていては、自分が変わる機会を逃してしまうそうだ。

知能の発達には体を動かすことが大切である。そして、やる気と集中力。

 

また、学校の掃除に意味があるはずだという記事もあった。

掃除を行うことは世界の中では少ないほうだが、掃除を取り入れた国では成績が良くなったという報告があるらしい。

掃除の意味は、きれいにすることだけでなく、集中して物事に取り組むことや我慢することを毎日続けることでもある。

10分、15分集中して真面目に取り組み続ければ・・・頭がよくなることは当然である。

 

タグラグビーだけではよくないということ。

例えば、タグラグビーに関係することであれば、試合観戦や読書、他のスポーツへの取り組みなど、芸術鑑賞、旅行や遊びのなかからも、タグラグビーに関係させて考えることができるかもれません。

色々な経験を通して、社会の役に立つ力を身につけていくことがタグラグビーの技能やチーム力の向上につながる。

頭のよくなるチーム、目指したいですね!

コメント

1月の活動予定

2014-01-06 19:41:34 | 日記

1月の活動予定

11日(土)

練習 18:15~20:00 @光が丘小学校   【トップ・シニア】

12日(日)

練習① 8:00~10:00 @麻溝公園芝生広場 【エンジョイ・トップ・シニア】

練習② 18:15~20:00 @光が丘小学校    【トップ・シニア】

試合観戦:女子セブンズ大会(中高生)11:00~15:00 @三ツ沢球技場 【希望者】

       ※練習①終了後に車で三ツ沢球技場に行く予定です。

18日(土)

練習 18:15~20:00 @光が丘小学校   【トップ・シニア】

       ※研修があるため、遅れて参加

19日(日)

練習 8:00~10:00 @麻溝公園芝生広場 【エンジョイ・トップ・シニア】

試合観戦:ダイナボアーズ戦 14:00~16:00 @駒沢オリンピック運動公園 【希望者】

       ※移動については電車を予定しています。

25日(土)練習 18:15~20:00 @光が丘小学校   【トップ・シニア】

       ※研修があるため、遅れて参加

26日(日)神奈川県大会 @横浜スタジアム 【トップ】

コメント

2014 初タグ!

2014-01-06 18:54:14 | 日記

相模原T.C. 2014年スタート!

ゲームの際に、トライとアシストの記録をつけてみました。

今後も継続していきたいと思います。すべては難しいですが、わかる範囲で・・・

1月5日AM

◆トライ

まさと1  さえ2  きょうすけ3  しゅうすけ1  

まさとパパ3  まさとママ3  けい1

◆アシスト

まさと2  さえ1  きょうすけ2  ゆうと2

けい2

 

自分も体を動かしてみて、イメージ通りに体が動かないことを実感。

けがや体調を崩さないように少しずつ体力をつけて、タグの技術を身につけることにチャレンジ!

 

 

コメント

才能が咲き続ける、その理由・・・

2014-01-04 17:57:01 | 日記

今日は『世界に通用するセレッソ大阪の「育て勝つ」流儀』(梶野 智 ワニブックス)

 

香川真司、柿谷曜一朗、乾貴士、清武弘嗣、山口螢、扇原貴宏・・・

次々と才能ある若手を輩出するセレッソ大阪。どのような育成をしているのか。

そこには「クラブ哲学」の重要性が描かれている。

選手に対しては、「向上心=欲」と「先を見据える力」がメンタルの強化に大事なキーワードとして挙げられている。

「向上心」を高く持ち、「欲」が強ければ強いほど、それを成し遂げるために、ありとあらゆる準備をするはずだ・・・と。

つまりは、自分で考えてどこまでやるか。

 

相模原タグラグビークラブのクラブ哲学を言葉にすることはまだ難しい。しかし、立ち上げ時の原点と半年の活動を振り返ることで柱はできているように感じる。あとは言葉にすることがクラブとして必要なことになってくる。

まずは自分が向上心と欲を持ち、それを成し遂げられるための準備をもっともっとしていかなければならない。

現状で満足することがないよう日々勉強していきたい。

コメント