日々のにゅーすなできごと

ニュース専門ブログです。記事は予告なく変更される場合があります。(「日々のできごと~にゅーすなだいありー~」から変更)

9月15日 週末の野球とサッカーのできごと

2018-09-15 23:59:58 | hibideki weekend

田中12勝目、歴代単独3位=大谷無安打、平野は2セーブ目-米大リーグ(時事通信)
◆米大リーグは14日、各地で行われ、ヤンキースの田中はブルージェイズ戦に先発し、6回4安打無失点、8奪三振で12勝目(5敗)を挙げたヤンキースは11-0で勝利 田中は大リーグ5年目で通算64勝とし、日本人投手として野茂英雄(123勝)、黒田博樹(79勝)に次ぐ単独3位
◆エンゼルスの大谷はマリナーズ戦に4番指名打者で出場し、4打数無安打 チームは0-5で敗れた ダイヤモンドバックスの平野はアストロズ戦で4-2の九回に4番手で登板し、1回を1安打無失点に抑え、2セーブ目を挙げた 1550

パ・リーグが追加日程=プロ野球(時事通信)◆パ・リーグは15日、追加日程を次の通り発表 ▽10月7日 ロッテ―ソフトバンク(18時、ゾゾ) 1406

【プロ野球結果】
★セ・リーグ
広島5-7中日(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)
平田が決勝ソロ=プロ野球・広島-中日(時事通信)◆中日は三回、平田、大島の適時打、アルモンテの2ランなどで5点を先取 同点の七回には平田のソロで勝ち越した 九回は大島の内野安打で加点 笠原が5勝目

DeNA3
-1巨人(横浜スタジアム)
DeNA逃げ切る=プロ野球・DeNA-巨人(時事通信)◆DeNAは一回に敵失で先制 三回は2死一塁から筒香、ロペス、桑原が連続四球を選んで押し出し 八回は柴田の適時打で加点した 平良は七回途中まで1失点で4勝目

阪神4-6ヤクルト(阪神甲子園球場)
ヤクルトが逆転勝ち=プロ野球・阪神-ヤクルト(時事通信)◆ヤクルトが逆転勝ち 1点を追う二回、中村の適時打で同点 三回に山田哲、川端の適時打で2点勝ち越した 七回は4安打で3点追加 山中は緩急を生かし、七回途中まで3失点で2勝目

★パ・リーグ
日本ハム0-10オリックス(札幌ドーム)
オリックスが大勝=プロ野球・日本ハム-オリックス(時事通信)◆オリックスが16安打10得点で大勝した 一回に吉田正、中島の連続適時打で2点先制 三回は中島の2点中前打、七、八回も3点ずつ追加 山岡は大量点に守られ、今季初完封

西武11-5ソフトバンク(メットライフドーム)
西武が快勝=プロ野球・西武-ソフトバンク(時事通信)◆西武は一回、暴投と栗山の2点二塁打で3点先制 五回は浅村の3ラン、山川のソロで加点 八回にも山川が40号2ランを放った 郭俊麟が六回途中まで3失点で3年ぶりの白星

ロッテ3-10楽天(ZOZOマリンスタジアム)
楽天、連敗止める=プロ野球・ロッテ-楽天(時事通信)◆楽天が先発全員の19安打10得点で連敗を4で止めた 一回に田中、島内のソロで2点先制 二回はオコエの適時打などで3点 島内が2本塁打を含む3安打で4打点 則本が6回3失点


浅野、後半途中に退く=ドイツ・サッカー(時事通信)
◆サッカーのドイツ1部リーグで15日、浅野拓磨と原口元気が所属するハノーバーは敵地でライプチヒに2-3で敗れた 先発した浅野は後半20分に退き、入れ替わりで原口が途中出場した 宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフはホームでホッフェンハイムに2-1で勝った 宇佐美はベンチ入りしたが出番はなかった 2245

香川、長谷部は出場せず=ドイツ・サッカー(時事通信)◆サッカーのドイツ1部リーグで14日、香川真司が所属するドルトムントはホームで長谷部誠のフランクフルトを3-1で下した。香川はベンチから外れ、長谷部はベンチ入りしたが出番はなかった 0901

長友はフル出場=トルコ・サッカー(時事通信)◆トルコ1部リーグで14日、ガラタサライの長友佑都はホームでカスムパシャ戦にフル出場 チームは4―1で快勝した 1828

広島敗れ、川崎が大勝=J1(時事通信)
◆明治安田J1リーグは15日、各地で第26節の6試合が行われ、首位広島は鳥栖に0-1で敗れた 勝ち点は広島が55のまま、鳥栖は29 2位川崎は札幌に7-0で大勝し、広島より1試合少ない状況で勝ち点差を6に縮めた 仙台は3位のF東京に1-0で競り勝ち、4位に浮上 G大阪は神戸に2-1で逆転勝ち 2113

北海道地震で募金活動=J1川崎-札幌戦で(時事通信)
◆15日に川崎市の等々力陸上競技場で行われたJ1の川崎-札幌戦で、北海道地震の被災地支援のための募金活動が行われた 両チームのベンチ入りしなかった選手が参加 札幌の元日本代表MF稲本潤一も駆け付け、多くのサポーターから義援金を募った 札幌はこの試合が地震発生後初めての公式戦だった 1917

松本が首位再浮上=J2(時事通信)
◆明治安田J2リーグは15日、各地で第33節の8試合が行われ、松本は山口と0-0で引き分け、勝ち点を61として首位に再浮上 前節首位の町田は大宮に0-1で敗れ、10試合ぶりの黒星で勝ち点60 大宮は同54 大分は讃岐に5-0で快勝し、勝ち点57で暫定3位 2204

【Jリーグ明治安田生命J1第26節結果】
ベガルタ仙台 1-0 FC東京(ユアテックスタジアム仙台)
仙台が逃げ切る=Jリーグ・仙台-F東京(時事通信)◆仙台が逃げ切った 前半は相手の堅守を攻めあぐねたが、後半5分に阿部のクロスが相手のオウンゴールを誘い先制 その後はGKシュミットを中心にリードを守った

サガン鳥栖1-0サンフレッチェ広島(ベストアメニティスタジアム)
高橋祐が決勝点=Jリーグ・鳥栖-広島(時事通信)◆鳥栖が競り勝った。後半31分、右サイド深くでFKを獲得。安在のクロスを高橋祐が頭で合わせ、決勝点を奪った

名古屋グランパス 3-4 V・ファーレン長崎(パロマ瑞穂スタジアム)
鈴木が3得点=Jリーグ・名古屋-長崎(時事通信)◆長崎が鈴木の3得点の活躍で、8戦ぶり白星 鈴木は前半8分、飯尾からのパスを受けて先制点 逆転された後の後半の8分と11分に連続でゴールを決め、勝利に貢献した

柏レイソル2-3清水エスパルス(三協フロンテア柏スタジアム)
清水が逃げ切る=Jリーグ・柏-清水(時事通信)◆清水が逃げ切った 前半10分に竹内のミドルシュートで先制 中盤の連係が良く、後半7分に白崎、同36分に河井が追加点を挙げた

川崎フロンターレ7-0北海道コンサドーレ札幌(等々力陸上競技場)
川崎、7発大勝=Jリーグ・川崎-札幌(時事通信)◆川崎が7ゴールの大勝 序盤は主導権を握られピンチもあったが、家長の先制点を口火に前半だけで3得点 敵陣でのボール奪取を効果的にゴールに結び付け、後半さらに4点加えた

ヴィッセル神戸1-2ガンバ大阪(ノエビアスタジアム神戸)
G大阪、後半に2点=Jリーグ・神戸-G大阪(時事通信)◆G大阪が後半の2得点で逆転勝ちした 後半7分に倉田のゴールで追い付くと、同23分には倉田のクロスを黄義助が押し込んで逆転した

【Jリーグ明治安田生命J2第33節結果】
松本山雅FC 0-0 レノファ山口FC(松本平広域公園総合球技場)/大宮アルディージャ 1-0 FC町田ゼルビア(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

モンテディオ山形1-1ヴァンフォーレ甲府(NDソフトスタジアム山形)/栃木SC 1-3 愛媛FC(栃木県グリーンスタジアム)

アルビレックス新潟2-1ツエーゲン金沢(デンカビッグスワンスタジアム)/ファジアーノ岡山2-2京都サンガF.C.(シティライトスタジアム)

徳島ヴォルティス 2-1 FC岐阜(鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)/大分トリニータ5-0カマタマーレ讃岐(大分銀行ドーム)

【Jリーグ明治安田生命J3第23節結果】
ブラウブリッツ秋田2-2ガイナーレ鳥取(あきぎんスタジアム)/ガンバ大阪U-23 2-0 FC琉球(パナソニックスタジアム吹田)

鹿児島ユナイテッドFC 1-0 ギラヴァンツ北九州(白波スタジアム)

ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
« 9月15日 週末のその他の... | トップ | 9月16日 週末の国内社会... »