日々のにゅーすなできごと

ニュース専門ブログです。記事は予告なく変更される場合があります。(「日々のできごと~にゅーすなだいありー~」から変更)

5月20日 週末の野球とサッカーのできごと

2018-05-20 23:59:30 | 18年hibideki weekend

平野、1回無失点=大谷は出場せず-米大リーグ(時事通信)◆米大リーグは19日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野はメッツ戦で4-2の七回から4番手で登板し、1回を1安打無失点 メッツが5-4でサヨナラ勝ち エンゼルスの大谷はレイズ戦に出場せず、チームは3-5で敗れて5連敗

シューメーカー60日DLへ=米大リーグ・エンゼルス(時事通信)◆エンゼルスは19日、右前腕の張りのため10日間の故障者リスト(DL)に入っていたマット・シューメーカー投手を60日間のDLに移した 開幕2戦目に先発し、六回途中3失点で勝利投手となったが、4月3日にDL入りした

西が国内FA権取得=プロ野球・オリックス(時事通信)◆オリックスの西勇輝投手(27)は20日、出場選手登録日数が8年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした 西は「今はシーズンに集中したい」と話すにとどめた

フランスアを支配下登録=プロ野球・広島(時事通信)◆広島は20日、ドミニカ共和国出身の育成選手、へロニモ・フランスア投手(24)=186センチ、110キロ、左投げ左打ち=と、支配下選手契約を結んだと 6年契約で契約金は10万ドル(約1100万円)、今季年俸は8万ドルプラス出来高払い 背番号は143から97となる

慶大、優勝決められず=V決定は第7週以降-東京六大学野球(時事通信)
◆春季リーグ戦第6週第2日は20日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、勝てば秋春連覇だった慶大は明大に0-2で敗れた 明大は1点リードの七回に高瀬(4年、長崎西)の適時打でリードを広げ、伊勢(3年、九州学院)がリーグ戦初完投を完封で飾った
◆法大も早大に4-2で雪辱 三回に相馬(3年、健大高崎)の三塁打で2点を先取し、中盤にも加点 九回に追い上げられたが、逃げ切った

【プロ野球結果】
★セ・リーグ
巨人 2-10 DeNA(東京ドーム)
DeNA6発大勝=プロ野球・巨人-DeNA(時事通信)◆DeNAが6本塁打で大勝 筒香が一回に3試合連続となる先制2ラン、四、九回にソロを放って3発 梶谷、ロペス、宮崎にも一発が出た ウィーランドは六回途中まで1失点に抑え今季初勝利

中日6-1阪神(ナゴヤドーム)
中日の松坂が2勝目=プロ野球・中日-阪神(時事通信)◆中日は一回、押し出し四球と福田の右前打で3点先取 二回に大島の適時内野安打で1点加え、五、七回にも1点ずつ奪った 松坂は球に切れがあり、6回3安打1失点で2勝目

広島1-0ヤクルト(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)
広島の九里が今季初勝利=プロ野球・広島-ヤクルト(時事通信)◆広島が投手戦を制した 二回に田中の左前打で挙げた1点を守り切った 栗は8回を5安打に抑えて今季初勝利 九回は中崎が締めた

★パ・リーグ
日本ハム7-1楽天(札幌ドーム)
日本ハムが快勝=プロ野球・日本ハム-楽天(時事通信)◆日本ハムが快勝した 一回にレアードの適時打と岡の3点二塁打で4点先取 三回はレアードのソロ、六回も大田の連続適時三塁打などで突き放した 加藤は6回4安打1失点で3勝目

ロッテ8-4ソフトバンク(ZOZOマリンスタジアム)
ロッテ快勝=プロ野球・ロッテ-ソフトバンク(時事通信)◆ロッテは一回、中村の犠飛で先制 三回は中村の2点左前打などで3点、五回は角中の2点二塁打などで3点追加 土肥を五回途中で諦め、益田、大谷らの継投でしのいだ

オリックス3-0西武(ほっともっとフィールド神戸)
オリックスの田嶋が5勝目=プロ野球・オリックス-西武(時事通信)◆オリックスが零封勝ち 新人田嶋が速球を軸に7回無失点に抑えて5勝目 山本、増井が締めた 打線はロメロが一回に先制適時打、六回にソロ本塁打 八回は小谷野の適時打で加点


GK中村は脳振とう=頸椎捻挫も-サッカー日本代表(時事通信)◆J1柏は20日、同日行われた名古屋戦(豊田ス)の終了間際に負傷したワールドカップ(W杯)日本代表候補のGK中村航輔が検査の結果、脳振とうと頸椎捻挫と診断されたと 20日は大事を取って入院し、経過を観察するとしている

酒井宏、川島がフル出場=フランス・サッカー(時事通信)◆フランス1部リーグは19日、各地で最終節が行われ、酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでアミアンに2-1で勝った GK川島永嗣のメスはホームでボルドーに0-4で敗れた 酒井宏、川島ともフル出場

フランクフルト、30季ぶりV=ドイツ杯サッカー(時事通信)◆ドイツ・カップは19日、ベルリンで決勝が行われ、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトがリーグ王者のバイエルン・ミュンヘンを3-1で破り、1987~88年シーズン以来、30季ぶり5度目の優勝 長谷部はフル出場し、鎌田はベンチ入りしなかった

柴崎は後半途中で交代=スペイン・サッカー(時事通信)◆スペイン1部リーグで19日、ヘタフェの柴崎岳は敵地でマラガとの今季最終戦に先発出場し、後半37分に退いた チームは1-0で勝った

長友のガラタサライが制覇=トルコ・サッカー(時事通信)◆トルコ1部リーグは19日、各地で最終節が行われ、長友佑都が所属するガラタサライは敵地でギョズテペを1-0で破り、3季ぶり21度目の優勝 長友はフル出場

チェルシー、6季ぶりV=FA杯サッカー(時事通信)◆イングランド協会(FA)カップは19日、ロンドンで決勝が行われ、チェルシーがマンチェスター・ユナイテッドを1-0で下し、6季ぶり8度目の優勝 前半22分にベルギー代表のイー・アザールがPKを決めた

C大阪が広島破る=J1(時事通信)
◆明治安田J1リーグは20日、各地で第15節の残り6試合が行われ、1試合消化の少ない前節5位のC大阪が首位広島を2-0で破り、勝ち点26で4位に浮上 広島は連勝が4で止まり勝ち点37 2位のF東京は鳥栖と0-0で引き分け勝ち点28 前節4位の川崎は清水に3-0で快勝し、勝ち点27で3位

李庭協が全治3カ月=J1湘南(時事通信)◆J1の湘南は20日、FW李庭協が右足足関節内果疲労骨折で手術を受け、全治3カ月の予定だと 12日の清水戦で負傷

大分が首位守る=J2(時事通信)◆明治安田J2リーグは20日、各地で第15節の残り9試合が行われ、大分が山口と2-2で引き分け、勝ち点31で首位を守った 山口は同28で2位 町田は栃木と0-0で引き分け、勝ち点26 得失点差で福岡を上回り、3位に浮上

【Jリーグ明治安田生命J1第15節結果】
鹿島アントラーズ1-2ベガルタ仙台(県立鹿島サッカースタジアム)
仙台が快勝=Jリーグ・鹿島-仙台(時事通信)◆仙台が快勝、前半2分、左クロスに石原が頭で合わせて先制 ボールを支配されても速攻を仕掛けて押し返し、後半20分にCKから板倉が決めた

名古屋グランパス2-3柏レイソル(豊田スタジアム)
柏が逃げ切る=Jリーグ・名古屋-柏(時事通信)◆柏が逃げ切った 1-1で迎えた後半開始早々、CKから中山が頭で決めて勝ち越し 11分には江坂がこの日2点目を挙げ、その後は攻め込まれたが相手の反撃を1点に抑えた

川崎フロンターレ3-0清水エスパルス(等々力陸上競技場)
川崎の中村が2ゴール=Jリーグ・川崎-清水(時事通信)◆川崎が中村の2得点などで快勝した 裏を狙う攻めで相手守備を下げ、前半19分に高い位置で獲得したFKを中村が直接決めて先制 阿部が加点し、後半12分に中村が相手ミスを逃さず、駄目押し点

サガン鳥栖 0-0 FC東京(ベストアメニティスタジアム)
0-0で引き分け=Jリーグ・鳥栖-F東京(時事通信)◆互いに無得点で引き分け F東京はディエゴオリベイラを起点に多彩な攻めでゴールに迫ったが、相手の堅い守りを崩し切れなかった

サンフレッチェ広島0-2セレッソ大阪(エディオンスタジアム広島)
C大阪、高木が2得点=Jリーグ・広島-C大阪(時事通信)◆C大阪が高木の2得点で2連勝 ピンチをしのいだ直後の後半36分に、速攻から左足で先制ゴール 3分後には右足で強烈なミドルシュートを決めた

ヴィッセル神戸4-0北海道コンサドーレ札幌(ノエビアスタジアム神戸)
神戸が4ゴール快勝=Jリーグ・神戸-札幌(時事通信)◆神戸が4ゴールを奪って快勝 前半9分、ウェリントンがCKに頭で合わせて先制すると、23分にもウェリントンが追加点 後半は渡辺が2点を加えた

【Jリーグ明治安田生命J2第15節結果】
ロアッソ熊本2-1水戸ホーリーホック(熊本市水前寺競技場)/栃木SC 0-0 FC町田ゼルビア(栃木県グリーンスタジアム)

横浜FC 3-3 ジェフユナイテッド千葉(ニッパツ三ツ沢球技場)/松本山雅FC 1-0 アビスパ福岡(松本平広域公園総合球技場)

アルビレックス新潟0-0モンテディオ山形(デンカビッグスワンスタジアム)/ツエーゲン金沢0-0徳島ヴォルティス(石川県西部緑地公園陸上競技場)

カマタマーレ讃岐0-3ヴァンフォーレ甲府(Pikaraスタジアム)/大分トリニータ2-2レノファ山口(大分銀行ドーム)

愛媛FC1-2京都サンガF.C.(ニンジニアスタジアム)

【Jリーグ明治安田生命J3第11節結果】
グルージャ盛岡0-4藤枝MYFC(いわぎんスタジアム)/ブラウブリッツ秋田 1-2 AC長野パルセイロ(あきぎんスタジアム)

アスルクラロ沼津0-0福島ユナイテッドFC(愛鷹広域公園多目的競技場)/ギラヴァンツ北九州0-4ガンバ大阪U-23(ミクニワールドスタジアム北九州)

ザスパクサツ群馬4-1FC東京U-23(正田醤油スタジアム群馬)