納豆と霊能力者 子供の自殺

あるある大辞典での納豆に関するデータの捏造が問題化となってるけども、あの番組ってバラエティ枠ですよね。
で、細かくジャンルを分類すると情報バラエティっつーことになるのかな。

では、霊が見えるだの、霊との対話だの言ってる人が出てる番組は何だろう? あれも一種の情報バラエティなんですかね? それともコント? それともドキュメンタリー?

霊との対話したりしてコミニュケーションが取れるなら、その霊に生前の話を詳細に聞いて時代考証が出来るって事だと思うんですけど、それは無理なんでしょうか? もちろん警察との捜査協力も出来ますよね。

仮に、いわゆる「霊能力」というものが本当に存在し、その能力がない人間が自らを「霊能者」であると称し、商売を始めたとしたら詐欺師になっちゃうんでしょうか?
もしその偽りの能力で成功し、テレビに出るほどの有名人になって社会に大きな影響を及ぼすほどの存在になっても、本当は霊が見えないのに見えると言い続け、他の人を欺き続けても問題はないのだろうか?

納豆は駄目なんですよね? では霊能力はどうなんですか? 納豆のデータを虚偽だの検証するんなら、霊能力者にだって能力を検証して欲しい。

個人として信じる、信じないは人の自由かもしれないけど、あまりに社会的に大きな存在になると、それだけ社会的に大して責任も発生するはずです。

天国や生まれ変わりの存在を信じ、自殺をする子供がいましたよね。霊だの天国だの扱うのは「自殺の助長」に繋がらないのでしょうか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
« 「あなたを忘... 一刻も早くス... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
幸せを呼ぶ「気付きの心」 木村藤子 女性セブン (木村藤子サイト)
女性セブン 2月15日号で木村藤子さんは、次の方を透視しています。・がん患者の男性・浮気疑惑で心...