佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

両津の湊祭り    投稿者:佐渡観光リピーター

2009年07月24日 06時18分29秒 | 佐渡及び首都圏近辺の面白観光スポット

湊祭りは、毎年5月5日の子供の日に行われる両津の湊地区のお祭りだ。4日は前夜祭で子供鬼太鼓などが行われる。5月5日は午前6時に大人鬼太鼓による門付け(集落の一軒一軒を廻って鬼太鼓を披露すること)で景気よく始まる。午前9時からは、子供鬼太鼓も交じった門付けが始まる。鬼太鼓は、まず左手を回してうなじに当て右手を上方から回しながらすーっと伸ばし、人差し指で家の門を指差した後、足を跳ね上げながら踊り始める。両津では潟上流という鬼太鼓の踊り方が主流らしいが、各集落でそれぞれ微妙に異なるバージョンの踊り方があるらしい。筆者の好きなのは潟上流だ。子供鬼太鼓のきゃはんは、昨年は紺色のような気がしたが、今年はグレーだった。小学生が踊る鬼太鼓は腕を真っ直ぐ伸ばした時に、露になる二の腕があどけなくて実に可愛いのだ。幼稚園児は顔が小さ過ぎて、それに合うお面が無いので素顔のままで鬼太鼓を踊っていた。鬼に向けて「えい!」と言いながら二人の囃し衆が提灯を差し出すと、若い衆が「そい、そい、それえっ~、もっと力を入れて」などと掛け声をかける。

帰省した若い女性達が法被姿で華を添え、稚児さん姿の子供達や天狗のお面をかぶった中学生などが練り歩き、子供御輿や女御輿まで登場し、実に子供の日にふさわしい楽しい祭りであった。鬼太鼓の門付けは、威勢良く夜の8時頃までやっていた。疲れを知らない子供達は別だが、お供をする大人達は体力勝負だなと思った。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パインテラス(佐渡汽船前)... | トップ | 食道楽「海賊」    投稿... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

佐渡及び首都圏近辺の面白観光スポット」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事