佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

最後の締めはチャーハン(白金亭)    投稿者:佐ガット覆面調査員

2008年08月03日 05時33分27秒 | 国内高級ホテルレストラン・料亭食べ歩記
最後のお食事は、翡翠風海鮮あんかけチャーハンが出てくる予定でしたが、調査員は、これをたらば蟹とレタスのチャーハンに交換してもらいました。

お米はインデイカ米です。チャーハン独特のパラパラ感も絶妙で美味しい!インデイカ米と言えば、マンダリンオリエンタルホテルのシーフードカレーにもこの外米が使用されていました。外米とは言え、特選のインデイカ米は高級なお米です。こういうチャーハンもたまにはいいかなと。でもチャーハンのお味は、帝国ホテルの北京の方が上だと思いました。これも完食。

デザートは、杏仁豆腐と中華風パイとライチ紅茶。杏仁豆腐は普通の味で、中華風パイは私の口には合いませんでした。このお店、巷では、白金・銀座中華と呼んでいます。

お代は、9,240円。味は中華、見た目はフレンチで、両方を楽しんだような白金台の昼下がりでした。
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 牛肉料理も美味(白金亭) ... | トップ | 小木の魚晴さんの鮑料理  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内高級ホテルレストラン・料亭食べ歩記」カテゴリの最新記事