佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

麻布十番「おざき」(その7)   投稿者:東京ハナコライフ

2007年11月21日 06時34分31秒 | 国内高級ホテルレストラン・料亭食べ歩記
コースの締めは、赤酢に塩を利かせたシャリと天然モノのネタの握りが7貫です。画像のように1貫づつ出てくるので、上品に食べなければいけません。7貫まとめて一度に出てくるわけではありません。こういう食べ方って、佐渡の人には受け入れられませんか?この辺まで来ると、小食のハナコにはそろそろ限界です。

お寿司は、鯛の昆布締め、コハダ、甘エビ(尻尾なし)、鯖、卵、穴子の焼きと煮。給仕のおねーさんが、あがりを頻繁に取り替えてくれます。がりもなくなると素早く補充してくれました。

お味噌汁は、ふぐと蟹で採ったダシに、ネギと山椒が振りかけられていました。贅沢なお味噌汁です。これはりき寿司よりも上。

「最後にかんぴょう巻きが出ますが、お食べになりますか?」と聞かれたので、満腹のハナコは、お断りしました。

『グルメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 佐渡国味海道     投稿... | トップ | 麻布十番「おざき」(その8... »
最近の画像もっと見る

国内高級ホテルレストラン・料亭食べ歩記」カテゴリの最新記事