佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

i8ロードスターのPR動画を記事の最後尾に貼り付けました

動画に登場するi8ロードスターと全く同じ車体カラー、ホイール、内装、の右ハンドル車が、8月6日に千葉港へ到着し、通関手続きが完了いたしました。そして、新車整備、車両登録も完了し、9月2日に無事納車されました。従いまして、日本上陸第一号となったi8ロードスターの全貌を、9月6日に当ブログ上で公開いたしました。9月18日には、Keiyo BMW千葉北支店のフェイスブック(https://www.facebook.com/keiyo.bmw.chibakita/)でも紹介されました。このフェイスブックには、スマートキーをリモコン代わりに使用して、i8ロードスターの屋根を開閉する動画も掲載されています。更に、7月6日に発売されたホンダS660のcomplete modelである、ModuloXは、9月23日に無事納車となりました。 2018年9月24日現在

アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿開始のお知らせ

本日より、アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿を開始いたします。「グルメ、旅行、飛行機、自動車、ファッション」に関するアイテムを選択し、アマゾンへのリンクを貼ります。買い物がより便利になるでしょう。猶、審査には一発で、しかもたった一日の審査期間で合格しました。2018年8月24日

i8ロードスターPR動画

https://twitter.com/i/status/988688999794409472

レストランボアールのピザのお味      投稿者:佐渡の翼

2012年07月03日 04時30分38秒 | 佐渡グルメ美味しい食べ歩記

厨房内には二人の中年女性がいて、お運び担当も女性であった。時折、厨房内からブーブーと言うブザー音が聞こえてきた。多分、ピザの焼き上がりやパスタの茹で上がりを知らせるタイマー音であろう。15分経過したところで、ようやくピザが出来上がった。ピザは6ピースに分けられており、小サイズながらけっこう量が多そうだった。筆者は一口食べてみて少々がっかりした。ピザ生地が硬い上、具材としての海老、烏賊、貝柱、アサリ、牡蠣などの下ごしらえが不十分に思えたからだ。サルバトーレクオモのように、自家製の窯でピザを焼く本格派ナポリ風ならば、土手部分に所々しっかりとした焦げ目が付いているものだが、このお店のピザのそこにはそのような焦げ目はあまり認められなかった。多分、あらかじめ仕込んでおいたピザ生地をオーブンで焼き上げて仕上げたのであろう。窯焼きピザとは二味くらい違う。所詮、都心の高級イタリアンを食べ歩いた経験のない佐渡の素人ブロガー集団が佐渡島内のイタリアンレストランを評価してもその情報はほとんど役にはたつまい。両津のフレンチイタリアンの「清助」のシーフードピザと食べ比べれば一目瞭然である。ボアールのピザは清助のそれに遥かに及ばなかった。大変失礼ながら、個人的な見解としては「美味しいけれども、チェーン展開のファミレスで提供されるピザとどっこいどっこいの味」と言わざるを得ないからだ。もっとも、最近のファミレスのレベルはかなり高いのだが。。ファミレスのそれを食べ慣れた島内ブロガーや一般島民の舌ならば十分満足させられようが、筆者の舌をも満足させるレベルでは無かった。味彩の時のように、別の料理を食べれば評価は違った結果になるかもしれないが、ボアールは味彩のような何でも屋ではなく、れっきとしたイタリアン専門のレストランである。「パスタもピザも等しい力量で調理され提供されているはず」と言われれば反論できまい。何度も言うが。「福島なら厳しい評価でもいいが、佐渡では困る」の論理は通用しない。「地域によって、評価に手心を加えよ」などと強制するのは偏見を持つ事を助長しているようなものだからだ。

福島だろうが佐渡だろうが、イタリアンレストランには様々な人々が来店する。だが、それら全ての客を満足させられるお料理を提供するのは至難の技だ。甘い評価もあれば厳しい評価だってある。しかし、それらは全て大事なお客様からの大切なご意見であり、それらを真摯に受け止め、味向上に役立ててこそ、お店の発展、そして引いては故郷福島県でのお店再興の夢に繋がるのだ。厳しい意見は、裏を返せば、そのお店に対する強い期待と応援でもある、ボアールさんのより一層のご奮闘を願って止まないし、一人でも多くの島民にこのお店の美味しいお料理の数々を味わって頂きたいと思う。 

 

 


i8ロードスター動画1

i8ロードスター動画2

i8ロードスター動画その3

ブログの記事内容について

「佐渡の翼」の記事内容は、調査スタッフ個人の、お店や宿泊施設に対する感想や意見を記述したものです。これらは、すべての読者が感じる内容とは必ずしも一致しません。「佐渡の翼」に掲載された記事を参照した後、読者ご自身の判断で行動した結果、生じた損害・損失について、当ブログは一切責任を負いかねますのでご注意下さい。更に、お店の外観写真やメニューはあくまでも取材時点でのものであり、最新情報とは必ずしも合致しておりません、重ねてご注意下さい。佐渡島内の焼肉屋と焼き鳥屋は調査の対象外です。これらのお店に関する情報をお求めの方は「佐渡なび」(http://www.sadonavi.net/)にアクセスしてお調べ下さい。なお、当ブログで紹介後に営業を休止したり廃業した飲食店は、宿根木の日本料理の名店「菜の花」(2013年4月に東京上野桜木で再オープン。電話番号:03-3827-3511)、小木の新保屋食堂」、佐和田の居酒屋「侍」、佐和田の中華料理「潤采」と「洛陽」、佐和田のラーメン大学「かねふく」、佐和田のラーメン店「燕人」、佐和田の喫茶店「トムキャット」、佐和田のイタリアン「バール・フェリチータ」、佐和田の「石川食堂」、佐和田のラーメン屋「げんき家」、佐和田のキャバクラ「パレス」、八幡のスナック「メンソーレ」(カラオケ、ココルに変身)、二見のラーメン屋「二見食堂」、真野の「寿司正」(後継は洋風のお店になる模様)、相川の「りき寿司」、相川ののら犬カフェ、金井の蟹料理専門店「かにっこ」、金井の食堂「ランチ@さとにわ」(佐和田へ移転)、金井のスナック「花音」(スナックyy'78に変身)とスナック「リバーサイド」(居酒屋兼食堂:クッチーナに変身)、畑野の食堂「菜花村」、両津の喫茶&レストラン「アン」、両津のファーストフードの店「マックス」、両津の「彩花停」(海結に変身)です。なお、紹介後に閉館したホテルは小木の「ニュー喜八屋」、佐和田の「シルバービレッジ」(改装され、ホテル浦島東館として再スタート)、相川のホテル「さどや」、えにしの宿「新ふじ」、相川やまきホテル。廃業した旅館は、小木の「ごんざや旅館」と相川の「中山旅館」です。 2018年8月10日現在の情報に基づいています。

佐渡の翼管理人

当ブログは著作権法により保護されています。当ブログ内で提案された「アイデア」の借用、具現化、実行等には何らの制限もありませんのでどうぞご自由にご利用下さい。当ブログの記事内容を著作権者の許諾なしに「引用」することは、その必然性があれば著作権法上は合法です。しかし著作権法第32条では、「引用は、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定められています。「正当な範囲内で」 とは「 引用しすぎてはいけない」という事であり、質的にも量的にも、自身の文章が「主」、引用部分が「従」という関係にある(最高裁判例)事が求められています。なお、アクセス状況は2009年2月1日からの累計です。 Copyright © 2009 Wing of Sado All Rights Reserved