佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

i8ロードスターのPR動画を記事の最後尾に貼り付けました

動画に登場するi8ロードスターと全く同じ車体カラー、ホイール、内装、の右ハンドル車が、8月6日に千葉港へ到着し、通関手続きが完了いたしました。そして、新車整備、車両登録も完了し、9月2日に無事納車されました。従いまして、日本上陸第一号となったi8ロードスターの全貌を、9月6日に当ブログ上で公開いたしました。9月18日には、Keiyo BMW千葉北支店のフェイスブック(https://www.facebook.com/keiyo.bmw.chibakita/)でも紹介されました。このフェイスブックには、スマートキーをリモコン代わりに使用して、i8ロードスターの屋根を開閉する動画も掲載されています。更に、7月6日に発売されたホンダS660のcomplete modelである、ModuloXは、9月23日に無事納車となりました。 2018年9月24日現在

アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿開始のお知らせ

本日より、アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿を開始いたします。「グルメ、旅行、飛行機、自動車、ファッション」に関するアイテムを選択し、アマゾンへのリンクを貼ります。買い物がより便利になるでしょう。猶、審査には一発で、しかもたった一日の審査期間で合格しました。2018年8月24日

「なんでも鑑定団」に出品したお宝(ごんざや旅館)  投稿者:佐渡の翼

2010年04月04日 06時00分52秒 | 佐渡のお宿評価

「ごんざや」のご当主様は、「お客さん、私がなんでも鑑定団にお宝を出品した事をどこで知りました?」と問うた。筆者が「スナック京のママさんから聞いた」と答えたら、「ああ~、すると彼女テレビ見てたのかあ~」と言いつつ納得した表情を見せた。ご当主が出品したお宝は「中川一政」という高名な画家がこの旅館に逗留した時に書いた掛け軸であった。掛け軸には何故か名前の「一」という文字が抜けていたが、当主は150万円の値付けをした。鑑定結果は200万円だったそうだ。この他にも、日本画に詳しい人が聞けばびっくりするような画家、小杉放庵の絵や、朱鷺を描く専門画家「木村琢一」の絵画なども飾られていた。お宝部屋の中央付近に置かれている船箪笥には去る有名な陶芸家からの壷の寄贈の秘話が隠されているそうだし、水上勉がこの宿に逗留した時にしたためた色紙も飾られていた。水上は郷土史家の山本修巳氏にも同様の色紙を与えたようである。新潟日報がそのことを紹介し、新聞の切り抜きと共にその色紙も飾られていた。「ごんざや」さんにはこれ以外にも高名な画家や俳人の掛け軸が多数所蔵されており、毎年今頃になるとそれらを取り出して虫干しをするのだそうだ。

「ごんざや」さんは料理旅館として出発したが明治37年に火災にあった。その後は旅館として再スタートを切ったが、昭和18年にも再び火災にあい、現在の建物のような近代旅館に変貌し今に到っているのだという。それゆえ、紅葉とお糸が歓談した部屋は残念ながら残されてはいない。代々伝わる様々なお宝を守るご当主様の誠実な人柄に触れ、「ごんざや」旅館の歴史の古さを初めて知ることができた何とも貴重な宿泊体験だった。佐渡にゆかりのある文人墨客は数多くいる。佐渡観光協会はそれらを島外の人々に紹介するための更なる情報発信に努めねばなるまい。




i8ロードスター動画1

i8ロードスター動画2

i8ロードスター動画その3

ブログの記事内容について

「佐渡の翼」の記事内容は、調査スタッフ個人の、お店や宿泊施設に対する感想や意見を記述したものです。これらは、すべての読者が感じる内容とは必ずしも一致しません。「佐渡の翼」に掲載された記事を参照した後、読者ご自身の判断で行動した結果、生じた損害・損失について、当ブログは一切責任を負いかねますのでご注意下さい。更に、お店の外観写真やメニューはあくまでも取材時点でのものであり、最新情報とは必ずしも合致しておりません、重ねてご注意下さい。佐渡島内の焼肉屋と焼き鳥屋は調査の対象外です。これらのお店に関する情報をお求めの方は「佐渡なび」(http://www.sadonavi.net/)にアクセスしてお調べ下さい。なお、当ブログで紹介後に営業を休止したり廃業した飲食店は、宿根木の日本料理の名店「菜の花」(2013年4月に東京上野桜木で再オープン。電話番号:03-3827-3511)、小木の新保屋食堂」、佐和田の居酒屋「侍」、佐和田の中華料理「潤采」と「洛陽」、佐和田のラーメン大学「かねふく」、佐和田のラーメン店「燕人」、佐和田の喫茶店「トムキャット」、佐和田のイタリアン「バール・フェリチータ」、佐和田の「石川食堂」、佐和田のラーメン屋「げんき家」、佐和田のキャバクラ「パレス」、八幡のスナック「メンソーレ」(カラオケ、ココルに変身)、二見のラーメン屋「二見食堂」、真野の「寿司正」(後継は洋風のお店になる模様)、相川の「りき寿司」、相川ののら犬カフェ、金井の蟹料理専門店「かにっこ」、金井の食堂「ランチ@さとにわ」(佐和田へ移転)、金井のスナック「花音」(スナックyy'78に変身)とスナック「リバーサイド」(居酒屋兼食堂:クッチーナに変身)、畑野の食堂「菜花村」、両津の喫茶&レストラン「アン」、両津のファーストフードの店「マックス」、両津の「彩花停」(海結に変身)です。なお、紹介後に閉館したホテルは小木の「ニュー喜八屋」、佐和田の「シルバービレッジ」(改装され、ホテル浦島東館として再スタート)、相川のホテル「さどや」、えにしの宿「新ふじ」、相川やまきホテル。廃業した旅館は、小木の「ごんざや旅館」と相川の「中山旅館」です。 2018年8月10日現在の情報に基づいています。

佐渡の翼管理人

当ブログは著作権法により保護されています。当ブログ内で提案された「アイデア」の借用、具現化、実行等には何らの制限もありませんのでどうぞご自由にご利用下さい。当ブログの記事内容を著作権者の許諾なしに「引用」することは、その必然性があれば著作権法上は合法です。しかし著作権法第32条では、「引用は、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定められています。「正当な範囲内で」 とは「 引用しすぎてはいけない」という事であり、質的にも量的にも、自身の文章が「主」、引用部分が「従」という関係にある(最高裁判例)事が求められています。なお、アクセス状況は2009年2月1日からの累計です。 Copyright © 2009 Wing of Sado All Rights Reserved