佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

i8ロードスターのPR動画を記事の最後尾に貼り付けました

動画に登場するi8ロードスターと全く同じ車体カラー、ホイール、内装、の右ハンドル車が、8月6日に千葉港へ到着し、通関手続きが完了いたしました。そして、新車整備、車両登録も完了し、9月2日に無事納車されました。従いまして、日本上陸第一号となったi8ロードスターの全貌を、9月6日に当ブログ上で公開いたしました。9月18日には、Keiyo BMW千葉北支店のフェイスブック(https://www.facebook.com/keiyo.bmw.chibakita/)でも紹介されました。このフェイスブックには、スマートキーをリモコン代わりに使用して、i8ロードスターの屋根を開閉する動画も掲載されています。更に、7月6日に発売されたホンダS660のcomplete modelである、ModuloXは、9月23日に無事納車となりました。 2018年9月24日現在

アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿開始のお知らせ

本日より、アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿を開始いたします。「グルメ、旅行、飛行機、自動車、ファッション」に関するアイテムを選択し、アマゾンへのリンクを貼ります。買い物がより便利になるでしょう。猶、審査には一発で、しかもたった一日の審査期間で合格しました。2018年8月24日

i8ロードスターPR動画

https://twitter.com/i/status/988688999794409472

ごんざや旅館(佐渡市小木)    投稿者:佐渡の翼

2010年04月01日 06時00分06秒 | 佐渡のお宿評価
筆者は1月上旬に、3月の佐渡旅行の宿泊予約を行った。まず、両津の福浦にある「宝屋」旅館さんに電話をかけたら、女将さんらしき人が電話にお出になり、「当旅館はビジネス客で3月末まで埋まっておりますので観光客の宿泊は断っています」との意外なお返事だった。確かに「宝屋」旅館さんは室数が24室とこじんまりとはしているが、このご時世、冬季も毎日満室とはご同慶の至りである。ならばと、小木のごんざや旅館さんに予約の電話をかけてみた。するとご主人らしき人が電話口に出た。筆者が宿泊予約をしたいと告げると、「いつですか~あ~?」と、まるで「この大時化で悪天候の佐渡へ、伊達や酔狂で旅行にくるとは、一体どこのどいつだ!何考えてんだ!あ~ん」とでも言いたげな口調で尋ねてきた。筆者が「ちゃあ、ちゃあ、ちゃあ~、3月の下旬の話だよ」とタメ口で答えたら、ご主人らしき人が「ちょっとお待ち下さいね」と言った。ややあってから「お客さん、航路はどちらから?」と尋ねてきたので「両津からですよ」と答えたら、「何人様ですか?お車ですか?」と矢継ぎ早のご質問。「一人旅でレンタカー使用で夕食は不要です。バストイレ付きのお部屋をお願いします」と言うと、ご主人が「お客さん、それでおいくらくらいのご予算をお考えでしょうか」と尋ねてきたので「金に糸目はつけないよ」と答えたら、ようやく「ではお名前とお電話番号を教えて下さい」と彼が尋ねた後に予約作業が完了した。実は昨年、この旅館に11月上旬の宿泊予約をした時に、シーズンオフのため従業員が所要で東京へでかけて留守にすることもあるので予約は受けられないと言われた事があった。この旅館の御主人、ちょっと、変わったお人だなあ~と一瞬思った。

3月下旬のとある日の午後7時頃に到着したら、御主人が玄関まで飛び出してきて、開口一番「遅いのでどうしたかと思って心配していました」と言った。そして車を駐車場へと案内し、誘導し終えたら、すたこらと宿へと戻っていった。普通は、客の旅行カバンなどを持ちながら宿へと招き入れるものなのだが。。。やはりこのおじさんちょっと変わってるなあ~と思った。宿に入ると、今度は実に愛想のいい女将さんが出迎えてくれた。お部屋は3階の「椿の間」。7.5畳程の広さの部屋にはエアコン暖房がほどよく効いており、トイレはウオシュレット付きと完璧であった。当日の宿泊客は筆者のみ。筆者がスナック「京」さんから戻ると、御主人は筆者一人のためにお風呂を沸かして待ってくれていた。「宝家」さん同様の手厚いもてなしを受け感激したのは言うまでもなかった。快適度は勿論

i8ロードスター動画1

i8ロードスター動画2

i8ロードスター動画その3

ブログの記事内容について

「佐渡の翼」の記事内容は、調査スタッフ個人の、お店や宿泊施設に対する感想や意見を記述したものです。これらは、すべての読者が感じる内容とは必ずしも一致しません。「佐渡の翼」に掲載された記事を参照した後、読者ご自身の判断で行動した結果、生じた損害・損失について、当ブログは一切責任を負いかねますのでご注意下さい。更に、お店の外観写真やメニューはあくまでも取材時点でのものであり、最新情報とは必ずしも合致しておりません、重ねてご注意下さい。佐渡島内の焼肉屋と焼き鳥屋は調査の対象外です。これらのお店に関する情報をお求めの方は「佐渡なび」(http://www.sadonavi.net/)にアクセスしてお調べ下さい。なお、当ブログで紹介後に営業を休止したり廃業した飲食店は、宿根木の日本料理の名店「菜の花」(2013年4月に東京上野桜木で再オープン。電話番号:03-3827-3511)、小木の新保屋食堂」、佐和田の居酒屋「侍」、佐和田の中華料理「潤采」と「洛陽」、佐和田のラーメン大学「かねふく」、佐和田のラーメン店「燕人」、佐和田の喫茶店「トムキャット」、佐和田のイタリアン「バール・フェリチータ」、佐和田の「石川食堂」、佐和田のラーメン屋「げんき家」、佐和田のキャバクラ「パレス」、八幡のスナック「メンソーレ」(カラオケ、ココルに変身)、二見のラーメン屋「二見食堂」、真野の「寿司正」(後継は洋風のお店になる模様)、相川の「りき寿司」、相川ののら犬カフェ、金井の蟹料理専門店「かにっこ」、金井の食堂「ランチ@さとにわ」(佐和田へ移転)、金井のスナック「花音」(スナックyy'78に変身)とスナック「リバーサイド」(居酒屋兼食堂:クッチーナに変身)、畑野の食堂「菜花村」、両津の喫茶&レストラン「アン」、両津のファーストフードの店「マックス」、両津の「彩花停」(海結に変身)です。なお、紹介後に閉館したホテルは小木の「ニュー喜八屋」、佐和田の「シルバービレッジ」(改装され、ホテル浦島東館として再スタート)、相川のホテル「さどや」、えにしの宿「新ふじ」、相川やまきホテル。廃業した旅館は、小木の「ごんざや旅館」と相川の「中山旅館」です。 2018年8月10日現在の情報に基づいています。

佐渡の翼管理人

当ブログは著作権法により保護されています。当ブログ内で提案された「アイデア」の借用、具現化、実行等には何らの制限もありませんのでどうぞご自由にご利用下さい。当ブログの記事内容を著作権者の許諾なしに「引用」することは、その必然性があれば著作権法上は合法です。しかし著作権法第32条では、「引用は、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定められています。「正当な範囲内で」 とは「 引用しすぎてはいけない」という事であり、質的にも量的にも、自身の文章が「主」、引用部分が「従」という関係にある(最高裁判例)事が求められています。なお、アクセス状況は2009年2月1日からの累計です。 Copyright © 2009 Wing of Sado All Rights Reserved