新・地理の部屋と佐渡島

2004年10月10日に地理の部屋と佐渡島を開設。2020年10月25日に本サイトを別途開設しました。

『日本百名山』 深田久弥 新潮文庫

2023-01-26 05:00:47 | エトセトラ

カテゴリー〔etc〕

 

Photo-01

 

この本を初めて読んでいる。

 日本百名山のことはかなり写真や地図で見たりしているのに、その源になる本を読んでいなかった。雪が降ると週末自宅で過ごす時間も多くなるからと本屋で探した。現在進行形で読み進めているが、先へ進むのがもったいないくらいはまっていく。

 文学的描写が多いので登山レポートというか、紀行文とは思わず、山そのものを楽しむ作者の苦労やエピソードと、山への思いに触れる書と思いたい。時折するのだが、国土地理院のGSImapsを眺めながら読むのが面白い。1冊900円の同書を思いっきり楽しんでいる。

 

【かんりにんより】

 昨日の低温・強風・降雪はいかがだったろう。西日本の皆さんは想定を超える積雪に驚いたのではないだろうか。気をつけていただきたい。朝玄関のドアを開けて外へ出る一歩目から注意してほしい。

 

---------------------------------------
写真撮影:2023年01月24日
---------------------------------------
新・地理の部屋と佐渡島
https://blog.goo.ne.jp/sadonesia
---------------------------------------
地理の部屋と佐渡島(旧版の方です)
http://blog.goo.ne.jp/dachasnowman/
---------------------------------------

 

 

 

コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ラジオ TOSHIBA TY-ANX2 | トップ | 『写真が語る・佐渡の100年』... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本百名山、深田久弥 (mcnj)
2023-01-26 07:02:35
お早うございます。

良い本を買われましたね。
昔から、岩波新書で、買ったことがあります。
まだ、本箱にあると思います思いますが、目が弱くなった今では、新書本は無理でしょうね。

良く降りました。
昨日から一歩も出ていません。
雪かきもしていません。
日が出て、暖かくなってから、スコップで、やろうかと思います。
こちらでは、道具を持っている家は少ないです。
日本百名山 (hirugao)
2023-01-26 07:59:53
昔買ったように思います
確か尾瀬の帰りの本屋さんでした
憧れましたね~
どれだけ登れるかなんて・・・
もう先日百低山でも怪しいものです

雪の日はルーちゃんのお散歩も任せて暖かくして
本でも読むのが良いですね
Unknown (山小屋)
2023-01-26 09:12:16
深田久弥の百名山・・・
本は読んが事はありませんが、登ったことは
あります。
もう90座を超えていると思います。
山は無理しないで楽しんだほうがよいです。
別に百名山でなくてもよい山はたくさんあります。

今朝は昨日よりもっと冷え込みました。
今朝の外気温はマイナス8℃でした。
玄関の戸を開けて外にでたとたん、全身が
凍り付くような感じでした。
■mcnjさんへ。 (かんりにん.)
2023-01-26 19:05:33
こんばんは。
はい。気になっていたので買って
みたら面白いです。山そのものに
登ると言うより山野草目当ての当
方ですが、山には行くのでどこか
登山家さんが山を愛する気持ちが
わかります。

さて、除雪はどうでした?
こちらはまだ降っています。
■hirugaoさんへ。 (かんりにん.)
2023-01-26 19:06:25
こんばんは。
そうでしたか。当方はこれを読ん
だら花の百名山も読んでみようか
と思っています。

さて、雪はその後どうなりました
か。ルーシーは喜んだのじゃない
ですかね。
■山小屋さんへ。 (かんりにん.)
2023-01-26 19:07:07
こんばんは。
登山家さんはたぶんかなり登った
であろう名のある山が多いです。
百名山は登るのもありですけど、
その姿を楽しみに出かけてみるの
も面白そうです。
さて、そちらは気温は下がります
よね。健康管理に気を付けなくて
はなりませんね。
日本百名山 (ディック)
2023-01-26 20:34:01
>山そのものを楽しむ作者の苦労やエピソードと、山への思いに触れる書と思いたい。
…とおっしゃるなら、本屋さんで捜してみようかな。
17歳、18歳のときに、ぞれぞれ左右の肺の手術をして、空気の薄いところへ登るのは諦めるよう言われているのです。たとえ、自動車で登れてもダメなので、悔しいけれどどうしようもありません。
■ディックさんへ。 (かんりにん..)
2023-01-26 20:57:12
こんばんは。

自分は山野草を楽しみに山に入り、
少しは山を歩くのも楽しく。
気が付くと日本百名山のいくつか
はと思ったり。

で、その本を読むと面白い。
物語、随筆。そんな感じで読みた
いですね。

さて、ご自身の体のことは致し方
ないです。当方も今になって高峰
を目指す気はありません。ただ、
近くからその山を見る楽しみもあ
るよなと、常日頃そんな撮影をし
ていますから、ディックさんもど
うですか。登らず風景として山を
楽しみましょう。

守門とか、越後駒ヶ岳とか、地理
佐渡は結構風景として紹介なんで
すよ(笑)。
Unknown (YAKUMA)
2023-01-26 22:34:52
山に登ると気持ちが良いです。
でも高い山には行きません。
お手軽な山ばかりです。
来月、友人に丹沢の山に誘われました。
寒そうなので、あまり気が進みませんが、せっかくの機会なので行ってくるつもりです。
■YAKUMAさんへ。 (かんりにん..)
2023-01-27 06:17:28
おはようございます。

丹沢ですか。良いですねぇ。百名山にも
出てきますよ。せがれ家族のところに行
きますと、大山を仰ぎ、行ってみたいなぁ
と思います。
楽しい山旅になりますよう。

コメントを投稿

エトセトラ」カテゴリの最新記事