元農協職員Dの儲かる百姓への道

元農協職員が東京都立川市の農家で修行後、伊勢の国三重県にUターンして儲かる百姓になるまでを書くブログです。

苗床作り

2020-01-19 20:21:22 | 日記
最近は日中に春の日差しがあって、放っておいたアブラナ科の野菜が花を咲かせたり始めました。

遅れているハクサイや人参、キャベツ、白ネギ等の冬野菜の収穫を急ピッチで進めるとともに、畑の片付けも始めています。

そして、いよいよ春夏野菜の苗作りもスタート。

祖父が率先して動いてくれたので助かっています。

↓藁を細かくする道具









大きさは5m×1m、深さ30-40㎝ほど掘って板で囲っておく。

→藁を刻んで深さ10-15㎝程撒き散らす
→「籾糠」を撒いてから均等に踏み込み
→水を軽くまく
→隠れるように土を被せる
→電線を引っ張る。

最後に、余った化成肥料やら苗の土、藁、籾殻、野菜クズ等を一年間積み増して出来た土を上からかけて完成です。

発酵熱で温めて苗を作る、いわゆる床暖房なのはよく分かりますが、

祖父の長年の勘で出来た産物なので、
来年に向けてはもっと勉強が必要そうです。

苗がものすごく値上がりしている昨今、自分で苗作りができる事はコストダウンにつながるので。

今日も1日お疲れさまでした。
だいこーより。
コメント   この記事についてブログを書く
« ホウレンソウの調整作業 | トップ | スーパーマーケットのプロか... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事