藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

コンサート*発表会*生徒募集のお知らせ 

♪ヴァイオリンレッスン、ピアノスタジオ内教室にてレッスンしています。見学・体験レッスン受け付けております。 ♪ピアノスタジオ発表会、2019年2月10日(日)川越西文化会館にて開催予定です。 【ピアノレッスン】ピアノの楽しさをとことんお伝えします!年齢問わず、スムーズで音楽的な演奏を目指しましょう。子供のレッスン:心の成長を大切に見守りながら、ぐんぐん上達を目指します。ピアノコンクール全国大会等でも入賞多数。大人のレッスン:初心者・経験者ともじっくり取り組みたい方が多数通われています。 【ヴァイオリンレッスン】東京芸大大学院卒の講師による丁寧な指導を月3回行っております。 お問合せTel.090-2301-4587まで。詳細は下ブックマークより藤井祥子オフィシャル・ページをご覧ください。

面白いと思えるキャパシティー

2015年02月01日 | ピアノ教室
教室に通ってくる生徒たちの宿題の量はそれぞれで、実は驚くほど違います。
その量の目安は、楽しいと思って頑張れる範囲。
指を動かすのが得意な子、耳で音を聞いて覚えるのが得意な子、
ワークで書きながら学習するのが好きな子…。
イメージを膨らませながらおしゃべりをするのが好きな子もいれば、
黙々と考えることが好きな子もいます。
椅子にじっと座っていることにだって、得手不得手があります。

人は誰でも面白いと思える事には夢中になれます。
そして前進しいていると実感できると、自信が生まれます。

上達するというのは、面白いと思えるキャパシティーが増えていくこと。
ですから宿題の中味も量も、どのくらいなら前向きに取り組めるかということは、
一人一人の成長を感じる大事なバロメーターだと思っています。
もっと上手になりたいのに宿題が適切でないと成長不良に、
けれど期待するあまりに!?過剰だと「音が苦」になってしまいかねませんから。
コメント