毎日めいっぱい じゃなくて 気楽に行こう

人生折り返し地点、なにげない毎日を写真とイラストで綴ってます。

ひさびさに

2018-06-24 | Weblog
久しぶりにジム。怠け癖や体調不良で休んでばかりです。
45分ほどバイクをこいで、優しいヨガクラスに参加。
それだけでどっと疲れが。
更年期症状はひどくなるばかり。
先週命の母Aを2日程飲んでみた、いつもよりホットフラッシュは
減ったがお腹が緩くなり中断。
とにかく毎日ホットフラッシュと頭痛が酷くカロナール(鎮痛剤)
を飲んで仕事しています。
常用も出来ないし今週は婦人科に予約を取りました。
はやく楽になりたい。

更年期障害はじまる。。。。

2018-06-13 | Weblog
恐らくこれがホットフラッシュというものか
急に熱くなって汗がワッと出るようなことが毎日のように起こる。
体温調節が出来ない状態。。。

更年期障害がとうとう始まったんだな。
ほかにいろんな症状が起こらないことを祈りつつ、予防策を考える。
とにかく、わくわく探しからやらなくては、そこでいろんな計画を立てる。
とりあえず今週末はルミネザよしもとのチケットを取りました!

先週はひと月ぶりに孫の子守に出かけました。
今回も5時間ほどじーじと私、孫の三人でお留守番です。
丁度3カ月になり、首もすわってよくニコニコするようになりました。
めちゃくちゃかわいい。。。
起きていると、とにかくかまいたくなる。目が覚めているのに寝かしておくなんてもったいない。

なんども体をねじる、、、もうすぐ寝がえりしてしまいそうです。
携帯でたくさん動画を撮ってきました。時々見てはほっこりさせられる私の栄養剤。
次はいつ会えるかな・・・・。

最近観たDVD & 試写会

2018-06-12 | 映画・舞台








◆彼女がその名を知らない鳥たち

最低な女、くずな男、ゲスな男、下品な男、 そんな最低の男と女ばかりの映画で
観ていて嫌な気持ちになっていた私。。。
終わりの10分くらいでこれまでの気持ちが掻き消されるほどの衝撃で、
痛いほどの愛の話だった。胸の奥から湧き上がるなんとも言えない感情と涙。
阿部サダヲの演技にしばらく心が奪われました。あんな愛が存在するのか。。。

それにしても松坂君演じるゲスな男、きっと演技うまいんだろうな、、、
さわやかな松坂君の他の役が思い出せなくなった。



◆ぼくは明日、昨日の君とデートする。

ファンタジーですが、とにかく切ないです。
いろいろ考えると頭が混乱してくるのだけど、ベンジャミンバトンとは一味違う。
小松菜奈ちゃんがかわいくて、、、あーあやっぱり切なすぎる~。



◆クボ 2本の弦の秘密

DVDでるのをすごく楽しみにしていた作品です。
昔の日本が舞台なのかな、ストップモーションアニメ(クレーアニメ)
だと思うと、その制作過程はどれほど大変で多くの時間を費やしたか、、、、すばらしかった。
映像がとにかく美しい。ぐいぐいと物語に引き込まれました。
第89回アカデミー賞で長編アニメーション部門にノミネートされたすばらしい作品です。
たくさんの人に見て欲しいな。


◆焼肉ドラゴン

試写会があたり映画好きの職場の友達と一緒に観てきました。
大阪万博時代の在日韓国人家族とひとびとの熱い人生を描いています。
大ヒット舞台の映画版。たしかにこれは舞台だったら熱いだろうな・・・・うかんできます。
家族の絆、夫婦の絆の強さを感じました。
それでも、、、私は逃げ場のない息子を救えなかったお父さんは別の決断ができなかったのか、、、
あれは愛なのか、今の昔も国の違いに関わらずいじめは存在している。
それはずっと続いていってしまうのでしょう。。。逃げ出しすかない、逃げ出さない勇気より
逃げ出す勇気が必要だと思う。







あたらしい試み

2018-06-04 | Weblog
週末通っているジムのメニューにバレトンなるものがある。
よくわからないけどいつもヨガ中心なのでチャレンジしてみました♪

バレエを元にした体幹トレーニングのようなもので、なかなか優雅な動きなのです。
ただ、初チャレンジの私はその優雅な動きにまったくついていけず
一人笑えるくらいのズレと間違いまくりの動き・・・・
超恥ずかしい一時間でした。

でもすごく気に入ったんです!あれはムキムキにならずに引き締まれるであろうこと
間違いなしです。

帰宅後早速アマゾンサイトでバレトンのDVD探しまくりお手頃価格のものを早速注文
今日明日には届くでしょう。。。。
見てろよ~~~。最近ぼってりのおなかを引っ込めてやるからな!

万引き家族

2018-06-02 | 映画・舞台


あらすじ
東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、
家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。
彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、
社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。
そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、
信代が娘として育てることに。そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、
それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。

是枝監督パルムドールおめでとうございます♪

先行上映観てきました。

血の繋がりよりも強い繋がりをもった寄せ集め家族、それぞれの立場を考えるとたしかに
このままではいけないのだけど、、、、いろいろ考えさせられる話でした。
ゆりちゃんの事を考えてとった祥太君の行動がよかったのかどうかはわからないけど
それぞれが生きなおすきっかけになったと思う。
ただ、ゆりちゃんだけは救いが欲しいです。
ラストシーン、ゆりちゃんの視線の先になにか救いが見えたならいいのにと心から思った。