毎日めいっぱい じゃなくて 気楽に行こう

人生折り返し地点、なにげない毎日を写真とイラストで綴ってます。

羊と鋼の森

2018-12-18 | 映画・舞台


本屋大賞をとった本の映画化。
先に本を読んでいた。その時すでに映画版のキャストも発表されていたので
登場人物を俳優さんを思い浮かべつつ読んだものです。

実際映画として観ると、長くて静かで人によっては眠っちゃうよな~。って感じでしたが
山崎君演じる主人公やピアニストを目指す高校生姉妹のピュアさに
自分の心も静かに見守るごとく最後まで観れました。

森の風景やぴあのを調律する場面に惹かれました。
調律師さんってすごい・・・・陰で演奏を支える大切な仕事だと初めて知りました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« カメラを止めるな! | トップ | アリー/ スター誕生 »
最近の画像もっと見る