トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

チャムルジャTVタワーが一般公開された

2021年06月05日 | 国内
6月6日 2016年に建設が始まったチャムルジャTVタワーが完成し、6月1日から一般公開されました。

 Hurriyet

ヨーロッパ最高のこのタワーは、イスタンブルの新しいランドマークになるでしょう。365メートルのこのタワーを最初に訪れた人の中に、黒海地方のボル県から来た夫婦がいました。「タワーからの眺めは素晴らしいけど、入場料がちょっと高いですね」と2人は言いました。

49階建てのこのタワーは週日と土曜の午前10時から午後9時までオープンしています。33階と34階には展望テラスがあります。39階にはカフェがあり、40階にはレストランがあります。入場料は60リラ(6.9ドル)ですが、訪れる人たちは、もう少し安かったらと言っています。

「私たちは4人家族ですから、入場料は240リラ(28ドル)になります。交通費や食事代を入れたら、400リラになりますね」とイスタンブル在住のイルファン・スヴァオールさん(51)は6月2日、ミリエット紙に語りました。ユスキュダルから来た46歳の女性ビルギュル・ウラシさんも、「この高さからイスタンブルを眺められるなんて素晴らしい。でも、入場料がもっと安かったらね」。

大学生たちは入場料が今の半分の30リラでも、自分たちには高いと言っています。22歳の学生エミン・ディルベルさんも、「タワーからの眺めはファンタスティックだけど、入場料が厳しいわ」と言いました。


トルコは黒海で新たな埋蔵天然ガスを発見

トルコは黒海で1350億立方メートルの天然ガスを発見したと、6 月4日、エルドアン大統領が言いました。

 Hurriyet

「わが国の掘削船ファティフ号が、“サカリヤ天然・ガス・フィールド”のアマスラー1井で、新たに1350億立方メートルの天然ガスを発見しました」と、エルドアン大統領は、黒海地方ゾングルダク県の「フィリオス港と天然ガス運営施設」の起工式で言いました。「黒海で発見された天然ガスの総量は、5400立方メートルになります。アマスラー1井地域の掘削活動は現在進行中で、新しい良いニュースが期待されます」

大統領はまた、天然ガスは3段階のプロセスで、海から陸に運ぶ計画だと言いました。「第1段階は、海底に天然ガス生産システムを設営することです。第2段階では天然ガスを陸で精製し、使えるようにします。第3段階は海中のシステムと陸の施設を結ぶパイプラインです。

トルコは近年、自国の海岸の沖合で、石油とガスの探査を始めました。昨年の世界最大の発見で、トルコは、トルコ海岸の北100マイルのサカリヤ・フィールドで、4050立方メートルの天然ガスを発見しました。

国際エネルギー局のファティフ・ビロル局長は、トルコが発見したガスの予想される価値は約800億ドルだと言いました。発見後、ファティフ号は、アマスラー1井とともに、トゥルカリー1とトゥルカリー2のテスト井を掘削しました。

掘削船カヌーニ号は現在、トゥルカリー2井のテストを終えようとしています。ファティフ号はトゥルカリー3井の掘削とテストを行っています。

   「ときどきダイアリー」ヘ









コメント   この記事についてブログを書く
« 黒海のトルコのガス埋蔵量の... | トップ | トルコの女性教授率はEUを上... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事